新・オススメ座CINEMA 記事一覧

*リンク切れ・画像迷子を発見された方はコメント欄にご一報ください。

【あ行】

『あさっての方向。』ふたりの女性の成長を描いたある夏の日の美しき詩。
『あなただけ今晩は』人生は少し哀しいからこそ可笑しい。
『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか
『雨に唄えば』これを知らずにミュージカルを語るなかれ。
『アメリカン・ギャングスター』ほんとうに悪いのは誰だ。
『ARIA』読む・観る・浸れるリラクゼーション、ハケーン。
『アリス・イン・ワンダーランド』毒気がないのはT.B流な男の純情なのかも
『アンドリューNDR114』邦題はまずいが中身は秀逸
『いつも二人で』オードリーの素敵な愛のロードムービー。
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』やった。やってくれました!
『インビジブル2』パート1より断然面白い!傑作空想科学スリラー。
『WALL・E/ウォーリー』21世紀のチャップリンは鋼鉄の箱形ロボット。
『ウォレスとグルミット野菜畑で大ピンチ!』震えが止まらない!こんな恐ろしい話だったとは。
『宇宙水爆戦』レトロな未来。古典SFから何を見出せるか?
緒形 拳。執念の男を数々演じきった名優、逝く。
『宇宙戦艦ヤマト2199』その旧作補正と挑戦〜私のように続編を拒み続けた人に〜
『X-MEN3ファイナルディシジョン』よくできたシリーズ。必ず三作通して観るべし!
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』歴史劇にあらず、女王という立場の女性の物語。
『お熱いのがお好き』観ないと損する、元祖・女装コメディ♪
緒形 拳。執念の男を数々演じきった名優、逝く。
『おしゃれ泥棒』必見!何度観ても楽しめる小粋な傑作コメディ。

------------------------------------------------------------

【か行】

『カーテンコール』平々凡々に淡々と生きてゆく。でもそこに劇的な感動がある。
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞前ver./夢の映像化はリアリズムから
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深
『ガタカ』SFとはこういう映画をいいます。
『かみちゅ!』ステキな物語に柏手うちましょ、パン、パン!
『かみちゅ!』なんかすんごいアニメ始まる。
『ガンダムUC(ユニコーン)』SF映画ファンを自称するならご覧なさい。
『CUBE三部作』&『SAW・SAW2』痛いもの見たさの5作品!
『銀河鉄道999 GalaxyExpress999』時にはふり返る事も必要。
『キングコング』見応えたっぷり、ついに登場した決定版!
『キングダム・オブ・ヘブン』壮大で強烈な戦争への皮肉。
『暗くなるまで待って』萌える密室サスペンス!!
『クラッシュ』運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ傑作群像劇。
『グラン・トリノ』ガン・スター、イーストウッドの目線の先にあるもの。
『クリスマスキャロル』これほどの傑作、名作。今こそ再放映を!
『ゲド戦記』若き指揮者と熟練のオーケストラが紡ぎ出す新たなハーモニー。
『コンスタンティン』人間にとって聖とは?魔とは?

------------------------------------------------------------

【さ行】

『最高の人生の見つけ方』残された人生について、少し語ろう。
『ザ・インタープリター』静かな静かな、そして深いサスペンス。
『THE PROMISE-無極-』韓中日スター集結のスペクタクル寓話。
『サロゲート』SFとしてはユルいがエンタメとしては良い出来。
『Gガール‐破壊的な彼女‐』あの命題に迫る!?画期的スーパーマンムービー!!
『死刑台のエレベーター』思惑のズレが人生の歯車を狂わてゆく
『七人の侍』この前に時代劇なく、このあとに時代劇なし。
『十二人の怒れる男』異様なほどの共有感にあなたは13人目の陪審員となる。
『情婦』ディートリッヒの大女優伝説を改めて確認
『親切なクムジャさん』これぞ女優イ・ヨンエの実力開花!
『シンデレラマン』生きてゆくことは戦い。タイトルからは想像できない傑作
『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。
『世界で一番パパが好き!』本当に上手い子役は演技してない。
『スーパーマン・リターンズ』疲れ果てて戻ったヒーローに見いだすもの。
『酔画仙(すいがせん)』求道に生き、殉じた画家の生涯。
『スウィーニー・トッド』血の罪は、血でないとあがなえないのか。
『スター・トレック』監督に完全にダマされた!
『ステルス』B級アクション映画ならではの楽しみ方を!
『素晴らしきヒコーキ野郎』さあ腕をワキワキ動かして空を飛ぼう!
『スラムドッグ$ミリオネア』そら、これはアカデミー賞獲りますわね
『CUBE三部作』&『SAW・SAW2』痛いもの見たさの5作品!
『007カジノ・ロワイヤル』シビれた!これぞボンドの原点復帰!!
『007/慰めの報酬』哀愁のボンド、Dクレイグが魅せる!
『ソードアート・オンライン』まさに渡り鳥!傑作人気SFは昭和のドラマ仕立て。しかし…!

------------------------------------------------------------

【た行】

『ダークナイト』バットマン背水の陣の凄味。
『大統領の理髪師』韓国の年代記にして心に沁みる人情劇。
『第9地区(District 9)』あえてパクった!?新時代のリアル系SF
『007(ダブルオーセブン)カジノ・ロワイヤル』シビれた!これぞボンドの原点復帰!!
『007(ダブルオーセブン)/慰めの報酬』哀愁のボンド、Dクレイグが魅せる!
『団塊ボーイズ(ワイルド・ホッグス)』愛すべきオッサンたちのロードムービー。
『父と暮らせば』戦争の傷痕から学ぶべき事。
『チャーリーとチョコレート工場』観ないと絶対ソンする!家族愛の参考書。
『チャールトン・ヘストン』人類4300年の歴史を生きた俳優
『椿三十郎』黒澤・三船版これこそが痛快娯楽映画!必見の大傑作!!
『デイ・ウォッチ/Day Watch(Дневной дозор)』こんな物凄いこの世の終末は観たことがない。
『ディパーテッド』超ヒット作の聖林リメイクという不利な条件だが良い出来
『テラビシアにかける橋』信じる者の前にのみ、その扉は開く。
『電脳コイル』少年ドラマシリーズの再臨!こんなSFを待っていた!
『ドラゴン・キングダム』観たら絶対強くなれる!?カンフー・ファンタジー登場!
『トランスポーター2』男は黙って約束を守り通す。うう、カッコエエ!!

------------------------------------------------------------

【な行】

『日曜洋画劇場40周年記念 淀川長治の名画解説』映画ファンのバイブル!
『ネクスト─NEXT─』2分だけの未来に世界の命運が。ニコラス・ケイジのSF仕立て痛快サスペンス!

------------------------------------------------------------

【は行】

『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。
『バットマン・ビギンズ』シリーズ中、最高に面白いバットマン!
『パコと魔法の絵本』喜怒哀楽ぜんぶ詰まった傑作ファンタジー。
『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの
『ビルマの竪琴』失われる命と弔う心。
本当のスリラーの醍醐味『ヒッチコック』BS-hiで大特集。
『誇り高き戦場』知って欲しいのはラルフ・ネルソン監督。
『フィクサー』男の演技が光る!ラストシーンのクルーニーに注目!!
『フェイク シティ』やっと役者・キアヌが戻ってきた!
『武士の一分』サラリーマンでもプライドはある。
『FLYBOYS(フライボーイズ)』期待作公開決定!画面狭しと飛び回る本物のWW1ドッグファイト。
『フライボーイズ(Flyboys)』何かを求めて異国の空に戦いを挑んだ若者たちの未来は…?
『フロント・ページ』仕事中毒の人ほど必見の傑作コメディ。

------------------------------------------------------------

【ま行】

『M★A★S★H マッシュ』一見ブラックコメディ、しかし根底に流れるものは痛烈な戦争批判。
『マン・オブ・スティール』こんな逆風に抗うスーパーマンを待っていた!
『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。
『ミスタア・ロバーツ』笑って、ホロリとして。小粋な戦争コメディ!
『蟲師(むしし)』観なかったことを必ず後悔する作品!
『もしも昨日が選べたら』超オススメ!リモコンひとつで泣いて笑えるファンタジー!!
『モンスターvsエイリアン』瞬間芸のバルカン砲!!

------------------------------------------------------------

【や行】

『U・ボート』戦争映画で伝えられること、伝えねばならないこと。
『妖怪大戦争』痛快、映画で楽しむお化け屋敷!

------------------------------------------------------------

【ら行】

『レッド・サン』渋い!痛快!個性派三人の激突。
『レジェンド・オブ・ゾロ』あのゾロが帰ってきた!!

『ロボッツ』これぞハリウッドならではのアニメ!
『ローン・レンジャー』笑わぬデップが笑わせる!痛快活劇ここに復活!!

------------------------------------------------------------

【わ行】
『団塊ボーイズ(ワイルド・ホッグス)』愛すべきオッサンたちのロードムービー。