【コメディ】

2014年4月 1日 (火)

『グレートレース』CGでは絶対作れないドタコメの逸品。

Greatrace00

 はい、みなさんこんばんわ。
 さあ、この楽しい楽しい作品がBSでご覧になれます。もう古すぎて、めったにテレビで放映される事もないので中年の映画ファンでもご存じない方が多くおられるとか。

 制作は1965年ですから実はそれほど古くもないんですが、舞台設定が1908年で、しかも実にいい感じに、見事に活動写真らしい時代感を醸し出しているために、なんだか本当にもっと昔の大正〜昭和初期の“古き良き”時代に居るかのような気になってきますよ。
 本当は片っ端からお話したいんですが、実際にご覧戴くのが一番よろしいので、いつものようにネタバレしないよう気をつけながらこの映画の魅力をお話しましょうね。
  

続きを読む "『グレートレース』CGでは絶対作れないドタコメの逸品。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

『ローン・レンジャー』笑わぬデップが笑わせる!痛快活劇ここに復活!!

Lone_ranger00

 はい、みなさんこんにちわ。
 正直言いまして、あまり期待しておりませんでした。ジョニー・デップはシリアスもオトボケもネジの飛んだ役もこなせる大好きな役者ですが、『スウィニー・トッド』以外の昨今の出演作を見る限り、どうしても最近の似たり寄ったりのイカレタ役柄ばかりを連想していたからです。

 でも違いましたね、おなじオトボケでも、やはりジョニー・デップはすばらしい役者でした。
 この映画ほど、DVDで観てよかったと感謝した作品はありません。なんでかって?大騒ぎしてみられるからですよ。
 ヽ(´∀`*)ノ ハッハッハ!Σ( ̄ロ ̄lll) あっ!危ない!(;@д@;)あーっ!ひどい!わっ、びっくりした!わあわあ、やんややんや、それはもう、遠慮なく大騒ぎでご覧いただくためにも、ご自宅でご覧になるのが超オススメです。
 
 さあ、ではいつものようにネタバレなしの解説を進めていきましょうね。
 

続きを読む "『ローン・レンジャー』笑わぬデップが笑わせる!痛快活劇ここに復活!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

『フロント・ページ』仕事中毒の人ほど必見の傑作コメディ。

Thefrontpage_00
 さあ、今回は私の大好きな大好きな名優、ジャック・レモンと、尊敬する大監督ビリー・ワイルダーの黄金コンビによる1974年の傑作コメディをご紹介しますね。
 ただしまたまた長いですよ。知っていると面白さが倍増するネタがいっぱいあるんで。
 でももちろん、ネタバレだけはしていませんからご安心を。

 さあ、お覚悟くださいね。…なんです?あまり長いと寝オチしてしまう?
 じゃあ、そこでお休みください。私はいつでもいつまでもここでお目覚めを待ってますよ。
 

続きを読む "『フロント・ページ』仕事中毒の人ほど必見の傑作コメディ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

『お熱いのがお好き』観ないと損する、元祖・女装コメディ♪

Somelikeithot00
 はい、みなさんこんばんわ。
 あら。そこの方。古いシロクロ映画なんか興味ないって顔してられますね。でも、映画はお好きなんでしょ?だったら、あなたものすごく損してますよ。この映画の舞台は1929年。古いもなにも、時代設定自体が昭和4年ですがな。
 色ですか?んなもん、日本人なら脳内変換で色なんかついてしまいますって。

 マンガとかご覧にならない?あれ、白黒でしょ。あら。マンガも興味ない?それ、人生の1/3を棄ててますよ。まあ、そうおっしゃらずに、この作品からご覧なさい。笑って笑ってしてるうちに、白黒映画なのに、すごくハデハデな色が見えてきますから。
 ご覧になった後、よくぞ教えてくれた♪って私にお礼言いたくなりますって。
 

続きを読む "『お熱いのがお好き』観ないと損する、元祖・女装コメディ♪"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2010年2月 1日 (月)

『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか?

The_apartment1
 はい、みなさんこんばんわ。
 まえにご紹介した傑作コメディ『あなただけ今晩は』のキャスト・スタッフが、その3年前に撮ったのがこの作品。
 私がはじめてコレを観た時は小学生。正直、まったくこの作品の良さが解りませんでした。

『あなただけ今晩は』が、子供が観ても笑える生粋のコメディだとすれば、こちらはぐっと大人のテイストで作られた深みのあるお芝居で魅せる、少々難度の高いコメディ。
 だけどジュニアだって、一度でも恋をした事があるならぜひご覧なさい。まるでお酒の味のように、今は解らない所も回数を重ねるたびに意味が解ってきます。この映画の洒落っ気や意地の悪さが分かるようになります。

 年配の方には有名な作品ですが、クラシックとなっててご存じない方も多いかと思いますから極力ネタバレをさけて解説させて戴きますね。
 

続きを読む "『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか?"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

『モンスターvsエイリアン』瞬間芸のバルカン砲!!

monsteralien01.jpg

 はい、みなさんこんばんわ。ひさびさに新作のご紹介です。
 とにかく映画、とくに特撮が大好きな人にはたまらなく楽しい作品なんですよ。そう、特撮。SFというよりも東宝系怪獣映画のノリなんです。
 とはいえご本家のモンスタームービーや古典SFから持ってきたネタもズラズラと出てきて、私が知る限りこれだけたくさん詰め込んだ作品ってほかに思い当たりません。
 観て絶対損のない作品だと思います。さて、その見どころは───

◆既出記事:一覧リストはこちら
 

続きを読む "『モンスターvsエイリアン』瞬間芸のバルカン砲!!"

| | コメント (14) | トラックバック (15)

2009年6月14日 (日)

『あなただけ今晩は』人生は少し哀しいからこそ可笑しい。

Irmaladouce01

 はい、みなさんコンバンワ。あなた、一番好きな映画はどれで、何回ご覧になりました?
 私はなんといってもこれ、『あなただけ今晩は』。たぶん40回以上は観てると思いますが、古い映画なんで映画館では観た事ありません。一番多く観たのはやっぱり淀川先生の日曜洋画劇場とそれを録画したビデオ。レーザーディスクも持っているんですが、私ね、この頃の作品はどうしても吹き替えの方が好きなんですよ。
 いい役者さんばかりで、吹き替えの演出もお芝居も、もちろん翻訳も最高にオシャレでうまかったから。

 さあ、お話しさせてください。有名な映画ですけど、肝心な事は黙ってますから最後までお付き合いくださいね。

続きを読む "『あなただけ今晩は』人生は少し哀しいからこそ可笑しい。"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年3月10日 (火)

『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。

burnafterreading_090310_1.jpg はい、皆さんこんばんわ。まあ~!なんとも懐かしささえ感じてしまうタッチのこの映画。
 オールド映画ファンならご覧になれば「ああ、あの人の映画じゃないか!」とピーンと来てしまう。逆に予告編の作り方にすっかり欺されてしまいました。
 おっと、だからといって予告編から中身を推理しても無意味。むしろ予告編はちゃんと観ない方が洗脳されない分、きっと「?」と「!」がたくさん出てきて楽しめますよ。

 だってね、実は予告編とは全然別の映画になってますもの。
「え?じゃあ、ほんとはどんな映画?」───よしよし、思うつぼですね。
 さあ今回もネタをばらすことなく、がんばって見どころだけをお話ししましょうね。

続きを読む "『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。"

| | コメント (14) | トラックバック (26)

2008年1月22日 (火)

『団塊ボーイズ(ワイルド・ホッグス)』愛すべきオッサンたちのロードムービー。

wildhogs01.jpg

 はい、みなさんこんばんわ。
 今回は楽しい楽しい作品をご紹介。最近、トラボルタがえらいがんばってますね。そんな1954年生まれの彼も来月2月18日で55歳。だから厳密に言うと団塊の世代じゃないんですよ。
 というか、『団塊の世代』の意味解ってませんね、広告担当の人。
 しかもメインコピーが

〈団塊ボーイズ〉───それは、恋も、夢も、冒険も、
何ひとつ捨てきれない〈少年のような大人〉のこと。

 なんですか、これ。これでは映画作った人たちが浮かばれません。なんて、おバカな紹介の仕方でしょう。可哀想に、ちゃんと作品を観てなかったんですね。
 恋と夢と冒険を捨てることは大人になる事じゃない。人間をやめることです。
 そんなわけで、この映画の本当の楽しさをお伝えしましょうね。
 

続きを読む "『団塊ボーイズ(ワイルド・ホッグス)』愛すべきオッサンたちのロードムービー。"

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2007年2月12日 (月)

『Gガール‐破壊的な彼女‐』あの命題に迫る!?画期的スーパーマンムービー!!

ggirlex01a.jpg

 はい、みなさんこんばんわ。
 スーパーマンとS◯Xしたらどうなんの?まあ、のっけからいやらしいですねえ。
 でも昔から気になるこのテーマに真っ向から挑んだ意欲作?がこの映画です、なんて書くと誤解を受けますが、とにかく楽しい楽しい、オトナのコメディの登場です。
 しかも無敵のスーパーガールはなんとあのユマ・サーマンなんですね。
 ユマ・サーマンでスーパーガールで◯E◯のお話。もお、むちゃくちゃです。

 さあ、どんなお話?ちょっとオコサマにはお話しできませんね。
 

続きを読む "『Gガール‐破壊的な彼女‐』あの命題に迫る!?画期的スーパーマンムービー!!"

| | コメント (16) | トラックバック (27)