« 『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深 | トップページ | 『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか? »

2010年1月20日 (水)

『サロゲート』SFとしてはユルいがエンタメとしては良い出来。

Surrogates

 はい、みなさんこんばんわ。
 今さらですが、とうとう2010年になってしまいました。だいたいね、四半世紀前の昔は『21世紀』という言葉自体がSFの代名詞だったんですよ。まして2010年なんてそれだけで夢物語でしたよ。
 もっともね、お若い方にしてみればどうということ、ないのかもしれませんね。物心ついた時には一家に一台以上パソコンがあって、宇宙ステーションへ飛び立つ飛行士たちの話も他のニュースのついでにしか流れないし、カバンの中には携帯電話が普通に入ってるんですから。

 この映画、サロゲートは次の時代、ロボットが人間の代わりをしてるのが当たり前の時代。
 え。そういう映画、今までにもたくさんあった?そうですね、でもちょっと変わってるんですよ、この作品。いわばロボットの原点回帰とでもいいましょうか。

 
 チェコのカレル・チャペックという劇作家の1921年の作品がもとになって、ロボットという言葉とイコール人造人間という考え方が広まり、さらにSF作家アイザック・アシモフがロボットの概念を今のイメージとして決定的にしましたね。
 それから90年、ロボットって何?と尋ねるといろんなタイプの答が返ってくるようになりました。

 それだけロボットという定義の底辺が拡がったわけです。ただね、日本ではアトム以降のアニメの影響が大きくて、かなり好意的に捉えてるのに対して、欧米では人間の存在を揺るがす驚異として描かれる事が多いんですね。
 というのもチャペックの最初の作品も、アシモフの作品も基本的に人類に対して叛乱するのが必然といった流れがあって、そこから派生したロボットがらみの作品も映画も当然のこととしてパニックものなんですね。

 彼らの考え方を覆す作品が出ていても、いろんな意味で越える事がなかったんでしょうね。

 その後にロボットが登場する作品をズラッと観ても、『メトロポリス』『禁断の惑星』『地球が静止する日』『ウエスト・ワールド』新しめでも『ブレードランナー』『ターミネーター』『レッド・プラネット』『AI』『アイ、ロボット』などなど、禁断の惑星に登場するロビーくらいでしょうかね、最後まで人間に忠実だったのは。
 そうそう、『エイリアン』のアンドロイドたちもそうですね。

 一様に“優秀極まりないけど、薄気味悪いもの”として描かれている。『Wall-E』やそれの元?と思われる『ショート・サーキット』ですら、故障してるから人間寄り、という皮肉な設定。


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------


 さてしかし、これらのロボットはすべて今回のサロゲートに登場するロボットとは大きく違います。彼らには叛乱するだけの“自我がある”んですね。
 ところがサロゲートに登場する無数のロボットたちは、ユーザーとそっくりな姿形でこそあれ、のーみそはありません。むしろマニピュレーターというか、遠隔操作のためのヒトガタをした装置に過ぎないところがこの作品のミソ。
 日本では操縦者に完全依存した人型兵器としてのロボットはスタンダードですが、アメリカでこのスタイルはもしかしたら初めてではないんでしょうか。
『エイリアン2』や『スターシップトルーパー』に登場するものも、あくまでウェポンとかアーマーとしての認識であって、あれをロボットとは誰も呼ばなかったでしょう。

 つまり、サロゲートに出てくるの(劇中ではそのロボットをサロゲートと呼んでましたが)は、今の感覚で言えば“乗り物的”…つまりマジンガーZなど、スーパーロボットが等身大で出てきてると捉えるとピンと来るんじゃないでしょうか。

 だからこれこそ『アバター』なんですね。
 実際、“サロゲート”とは代理とか身代わりといった意味らしいです。

 で、やっと作品のお話をさせていただきますと、この時代の世界は誰も彼もがこのアバターロボットを介して実生活を送っていて、本体である人間は自宅の奥深く、リンク用装置のベッドに横たわったままでえんえんと引きこもり生活している。
 そんな生活してたら、ほんとなら骨も筋肉も衰えきって、自力で立つことさえできなくなるはずですが、そこはそれ、サプリメントとかで無理矢理維持しているような設定らしい。

 面白いのはこの作品では、引きこもり行為自体の善し悪しには全く言及してないこと。
 これが昔のSFなら、全人類が引きこもってしまったら世界はいずれ破滅する…みたいな危機感と終末論に繋がるべき所なんですよ。『マトリックス』がそうでしょう?

 人間の真の自由はどこにあるのか?みたいな。

 いちおうサロゲートでもそういうことを言うんですが、他のSF映画ほど、そこのところに重きが置かれてない。
 ここらへんは、ある意味で新鮮です。誰もが引きこもり経験ありきでしょ、というのが前提ででもあるかのよう。むしろ人と人の本来の繋がりって何?という投げかけ方。

 ちなみに『銀河鉄道999』各駅停車エピソードのひとつに『なまけものの鏡』というのがありましてね。何もかもオートメーションで快適な生活を送ってる星のひとたちが家からはみでるくらい肥満して…なんて話があったのをこの映画の設定を聞いた時、真っ先に思い出しましたけどね。
 でももともと人間がロボットに望んだことは、ぶっちゃけて言えば“奴隷”なんです。
 自分たちがやりたくない労働の肩代わりだったり、楽したいが為だったり、欲求を満たすための対象だったり、人間が危険に身を曝すことなくいろんな事に従事するための存在、それがロボットだったはず。

 だから『パーマン』で主人公ミツオとコピーロボットとの、やれ宿題やれだの、イヤだ、自分でやりなよ…とかのやりとりなどは、まさに“所持”→“服従”→“叛乱”→“崩壊”…と、古典的ロボットSFの縮図だと言えるのです。

 そして全てのそうした作品の行き着くところは、みな同じ。

 だから、私みたいに先を全く読まない、ボーッとした観客でさえも、この『サロゲート』は諸処ミエミエなんですが、めずらしくブルース・ウィリスが結構厚みのあるまともな演技をしていまして、さらに90分にも満たない尺の中に無理に詰め込みすぎず、科学的設定などはかなりあっさりした映画でありながら、ブレードランナーを彷彿とさせる派手で重厚なアクションシーンもほどよく加味されているためか、話がすっと入ってくる上に結構楽しめるんですよ。

 CMではいかにもパニック系のSFみたいな見せ方していますが、科学的な部分はいまでは実世界でもお馴染みなテクノロジーだったりするため難度も低く、WALL-Eみたいにうーんと考え込むような裏っぽいところもない。

 そもそも勧善懲悪ものなど結末が分かりきっていても観客が観に来るわけは、そこに至るまでのプロセスを楽しんでいるわけです。
 同じスタンスでこの『サロゲート』は、冒頭のやたら小ぎれいなブルース・ウィリス演じるトム・グリーア捜査官がいかに本当の自分を取り戻し、さらにはあらためて自分の過去と向き合ってゆくのかを作品を通じて一緒に追っ掛けていく作品なんです。

 モチーフは近未来SFですが、じつは倦怠期夫婦の再生もの映画なんですね。

 そのせいか、けっこう緻密に未来を描いているのにもかかわらず、登場するアイテムはあまりにも今私たちの身近にあるものと大差なくて、ビジュアル的にはちっとも未来らしくないし、事件の展開上、どうしても必要で登場してくるアイテム群もむしろよほど新『007』シリーズのほうが気が利いているほど。

 しかし注目すべきはブルース・ウィリスのいつになく抑え気味な演技。

 彼がこうした性格を前に押し出した演技をしたのを私が観たのは『シックス・センス』以来。もちろん『アンブレイカブル』とかそれっぽい作品なども出てはいるんですが、どうもそうしたお堅い系路線でなければ真逆な『ダイ・ハード』系のアクションものばかりの気がしてなりません。
『16ブロック』もアウトロー警官が巻き込まれて、足手まといひきつれて死にそうな目に遭って…と基本的に同じでしたからね。

 昔はメリル・ストリープやゴールディ・ホーンと共演した『永遠に美しく』なんて気の利いたブラックコメディにもチャレンジしていたし、まさかの『フィフス・エレメンツ』なんてバーバレラ並みにぶっとんだSFもこなしてましたから、いくら老けたとはいえ、もっと可能性にチャレンジしてもらいたいもんだと思ってたんですよ。

 そういう意味では今回、小ぎれいで若々しいクールなブルース、はたまたターミネーターばりの超人的アクション、そしてその真逆の人間くさくてズタボロオヤジのブルースと、たった90分に様々な表情を見せてくれます。

 大感動するとか謎にうめくとか心に残るといった作品ではありませんが、なぜか昔のSFTVシリーズを観ているような安心感のある楽しさがあったのは事実です。
『アバター』や『カールじいさん』などの3Dや、アカデミー狙いの大作がひしめいているだけに、たぶんアッという間に劇場から消えるような気がします。

 でもご安心を。この作品なら自宅のアナログテレビでも充分楽しめますからね。
 
 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

 最後まで読んでくださってありがとうございます。ちなみに私───
▼▼日本ブログ村のランキングに参加中です。まあ、そこそこできた記事やんか、と思われたらクリックして温かい一票をお授けくださいませ。


にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

|

« 『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深 | トップページ | 『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか? »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私は、もう少しサロゲートの良しあしを考えたいところだったけれど、おっしゃるとおり、小難しいテーマを無理やり押し込めることなく、長くない尺でさっくりまとめ、それでいてトムの人間らしいワガママをラストに盛り込んだり、アクションの見せ場もしっかり取り入れてあるところが気に入ってたりします。

エンタメとして手軽に楽しめる映画でしたね。

投稿: たいむ | 2010年1月23日 (土) 09:04

たいむさん、トラ&コメありがとうございました!
いや、たいむさんも“嫌いじゃない”っておっしゃるとは嬉しい限り。やはりこの作品の“あっさり感”がかえって良かったんでしょうね。
そういう意味ではあのCMは大げさすぎるんですが、興行屋としてはあれしか仕方なかったかなあ…と思います。
超話題作だらけで、出す時期が悪かったもの。幸い私はCMを観ないで鑑賞したので、あとからアレ観て「わちゃー。こらチャウでしょ、こらイカンわ」でしたけど。
逆にネタ的に可能性を多く秘めたこの作品にインスパイアされて、将来傑作が生まれそうな気もします。

投稿: よろ川長TOM | 2010年1月23日 (土) 18:42

『サロゲート』、地元の映画館スケジュールを確認したら、来週くらいまでは何とか・・
けど、確かに公開時期めちゃくちゃマズったですよねぇ。作品の質はともかく、微妙に地味ですもん。
かくいう私だってスルーする気満々でしたし。

とりあえず今週末は『ラブリー・ボーン』を予定しているので、もしハシゴできたら・・
多分、WOWOW待ちになると思いますが。(^^;

ブログリンク、新・オスCINEさんの方で貼り替えしておきますね。
今後ともどうぞよろしゅうに~♪

投稿: 小夏 | 2010年2月 8日 (月) 15:15

小夏さん、毎度です!
いや、こういっちゃ失礼ですが、レンタルやテレビで充分ですよ。
それなりに面白いには違いないと思いますが、ハシゴしたら忘れられてしまいそうな映画ですし。
リンク変更、ありがとうございます!こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: よろ川長TOM | 2010年2月 8日 (月) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585252

この記事へのトラックバック一覧です: 『サロゲート』SFとしてはユルいがエンタメとしては良い出来。:

» 「サロゲート」みた。 [たいむのひとりごと]
予告編見せすぎ!サスペンス仕立てなのにハラハラドキドキが感が乏しいのは、結果がバレバレで、その理由さえも想像出来てしまう予告編のせいが半分ではないかと思う。でも残りの半分は”フサフサ”ブルースの存在が... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 09:05

» 劇場鑑賞「サロゲート」 [日々“是”精進!]
 「サロゲート」を鑑賞してきましたブルース・ウィリス主演で放つSFサスペンス。人間が各々の身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せるようになった近未来社会を舞台に、FBI捜査官がある殺人事件を機に浮き彫りとなっていく巨大な陰謀へ迫るさまをス...... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 18:31

» サロゲート/ SURROGATES [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全人類ひきこもり{/eq_1/} タランティーノ新作のほかに、NYの劇場で観て来たもう1本はこれ。 ちょうど公開が早まって滞在中に公開になり、待ち合わせまでの時間にちょうど良かったので一人で夜に観て来た{/m_0151/} ちょうどMac{/pc2/}に入ってる映画の予告編、行く前にチェックしてて面白そうって思ってた... [続きを読む]

受信: 2010年1月23日 (土) 20:38

» サロゲート [だらだら無気力ブログ]
身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せる未来社会を 舞台に、ある殺人事件を捜査することになったFBI捜査官がその裏にひそむ 巨大な陰謀に迫る様を描くSFサスペンス。 主演のFBI捜査官にはブルース・ウィリスが努め、共演に「サイレントヒル」 のラダ・..... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 00:12

» [映画『サロゲート』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆これ、素晴らしいですね。  色んな意味でいい。  先ずは、ジョナサン・モストウ監督的にである。  私は、ジョナサン・モストウ監督『ターミネーター3』の完成度は低いとは思っていない。  女性ターミネーターや、物語の終幕の余韻など、『1』『2』に劣らないと思っている。  『4』の評価と同じで、映画似非保守は、今後も『ターミネーター』の続編が出来ると、永遠に酷評し続けるのであろう。  かくして、ジョナサン・モストウ監督はしばらく映画作品を監督していなかったようだ。  しかし、『ターミネータ... [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 01:48

» 「サロゲート」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 理想の姿、理想の人生を約束する身代わりロボット「サロゲート」。世界中の誰もが、自宅のベットからサロゲートを遠隔操作し、快適な生活を謳歌する近未来、10数年ぶりの殺人事件が発生する。 FBI捜査官グリアーは事件を追ううち、ユートピアとなったはずの世界を...... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 22:05

» サロゲート [そーれりぽーと]
トゥルっとしたお肌の若すぎるブルース・ウィリスの映像、男前というよりもウケを狙ってるとしか思えん姿の予告編が印象的な『サロゲート』を観てきました。 ★★★★ くしくも『アバター』と時を同じくして、この映画のテーマもアバター(化身)もの。 『アバター』がMMOゲーム的で非日常への逃避を思わせるのに対し、こちらは理想のアバターによるネット上の新たなコミュニケーションが盛んになってきている状況を反映している。 舞台はネット上の仮想空間ではなく現実社会。 しかし、サロゲートという名のアンドロイドに直接脳... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 20:17

» サロゲート [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年に入ってやっと2本目の劇場鑑賞で〜す【story】身代わりロボット“サロゲート”が活躍する近未来。人間は自宅でサロゲートをリモートコントロールするだけで、リアルな世界に身を置くことはなくなった。ある日、あるサロゲートが襲われ、使用者本人も死亡する事件が起こる。FBI捜査官のグリアー(ブルース・ウィリス)は、サロゲートを開発したVSI社と事件との関わりを捜査するが―     監督 : ジョナサン・モストウ 『ターミネーター3』【comment】時代や背景、目的や状況などは違えども、、、『アバター』... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 20:22

» サロゲート [だらだら無気力ブログ]
身代わりロボット“サロゲート”に日常生活の一切を任せる未来社会を 舞台に、ある殺人事件を捜査することになったFBI捜査官がその裏にひそむ 巨大な陰謀に迫る様を描くSFサスペンス。 主演のFBI捜査官にはブルース・ウィリスが努め、共演に「サイレントヒル」 のラダ・..... [続きを読む]

受信: 2010年1月27日 (水) 23:21

» サロゲートは熟年夫婦の再起の物語である [JAP on the blog]
今年はアバターな世界観に個人的にどっぷりである。 キャメロンが文字通りの作品を世に出して 話題になってるとおもいきや こちらでもアバター的なロボット社会のお話である。 ぼくはと言えば、年明け早々、 FF13目当てに買ってしまったPS3でホームに どっぷりはまっ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月28日 (木) 11:55

» サロゲート [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
ロボットがすべてを代行する社会。それは、ユートピアのはずだった。 【関連記事】 サロゲート 壁紙 [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 15:36

» 映画;サロゲート 「アバター」の先の未来のはずなのに既視感がぷんぷん漂うのは何故か(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
NY行きの機内映画で観たコレをご紹介! 「サロゲート」は、人類の多くが、自分のアバターとなるアンドロイドに自分の生活・仕事をまかせ、本人はその感覚だけ自宅にいて受け取るという未来。 それって、キャメロンの「アバター」の先にある未来?! あるいは「マトリックス」的世界?! でもそのわりに(笑).......既視感がぷんぷん漂うのは何故か?! まず、作りがあまりに古典的。 それは演出のタッチ、語り口調からして。 「マトリックス」の第一作が「名作」に成り得たのも。あの「語り口」の新鮮さがあったからこ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 22:22

» サロゲート(SURROGATES) [わかりやすさとストーリー ]
SFっぽくないSF作品。「サロゲート」のニクイところ。観終わってからジワジワとおもしろくなる。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 15:29

» ★「サロゲート」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの2本目はTOHOシネマズ川崎にて。 久しぶりのブルース・ウィリスものかなーー・・・ この人、刑事役が多い気がするけど、今回もFBI捜査官でした。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 04:29

» 『サロゲート』に流されてしまう私たち [映画のブログ]
 『サロゲート』の作り手は、『アバター』というタイトルをジェームズ・キャメロンに押さえられてさぞかし悔しかったに違いない。  もちろ... [続きを読む]

受信: 2010年2月10日 (水) 00:43

» サロゲート [映画、言いたい放題!]
予告を観て、面白そうだったので。 ブルース・ウィリスのカツラ七変化が楽しめる? 近未来、人類の98%は人々は、 意思も感覚もリンク可能な分身ロボット“サロゲート”で 社会生活を代行させていた。 自宅のマシンに座り、操作すれば、 安心して危険な冒険やスポーツも楽... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 13:54

» 映画:サロゲート [よしなしごと]
 予告編を見たらおもしろそうだったのですが、あまり宣伝もしてませんし、イマイチパッとしない感じですよね。と言うわけで今回はサロゲートを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 02:18

» 『サロゲート』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
1月公開の映画では、意外と自分の観たい度が高かった『サロゲート』。 この前、新宿ピカデリーで観賞してきましたー。 平日昼間に観に行ったんだけれど、公開直後ってこともあったのか思っていた以上にお客さんが入っていて驚いた。 こんなに混むもんなんだーって。ちょっと... [続きを読む]

受信: 2010年2月18日 (木) 08:43

« 『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深 | トップページ | 『アパートの鍵貸します』男の優しさってなんやろか? »