« 『大統領の理髪師』韓国の年代記にして心に沁みる人情劇。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。 »

2009年11月 8日 (日)

『バットマン・ビギンズ』シリーズ中、最高に面白いバットマン!

Batman_b01
 はい、みなさんこんばんわ。

 さあ、第一作のティム・バートン作品から数えてもう第六作目になります、バットマンです。
 今回はビギンズ、バットマン誕生のエピソードを取り上げたものですね。
 そしてこれまでのうちで最も面白い脚本、最も細部までリアリティにこだわったバットマンの、まさに最高傑作です。
 これは脚本ツウからアクション映画ファンまで唸らせるオススメ作品ですよ!

 これまでのしがらみやら歴史上、どうしてもお子ちゃまレベルを脱しきれないアメコミが原作ではありますが、思い切ったアレンジと大胆な切り口であらたに構築し直した事で素晴らしいSFに仕上がっています。さあ、お話しさせてくださいね。

 犯罪渦巻くゴッサム・シティの大富豪ブルース・ウエインこそバットマンのもうひとつの顔。幼い頃、心ない強盗に両親を奪われ、その時の心の傷を抱いたまま成長した彼は“影の組織”にいざなわれるままにその特殊な訓練の毎日に身をおく。
 やがて影の組織の新の目的を知ったブルースは、自分の信念のもとに生きてゆこうと決心するが…といういわずと知れた設定のお話はちゃんと踏襲しているところは見事。

 そんなこんなでとにかく全編これ見どころたっぷりですが、特に映画ファンに嬉しいのは並み居るバイプレーヤーたちの熱演。
 ネームバリューもさることながら、個性的であると同時に演技派ばかりを揃えているところにこそ、この映画を作った真のねらいがあると言えます。

Batman_bbyplayer

 幼い頃に両親を失ったバットマン:ブルース・ウエインにとって親がわりであり、人生の師であり、最高の友である執事アルフレッドの存在は、全バットマンシリーズを通じて心のオアシスですね。
 今回、アルフレッドを演じるのは名優マイケル・ケイン。『王になろうとした男』『鷲は舞い降りた』近年では『サイダーハウス・ルール』でアカデミー賞を得ましたね。
 今回も彼が実にあたたかく人間味あふれる役を演じています。
 普段は紳士の鑑のよう、常におのれを失わず冷静沈着、少しばかりのユーモアと全能のごとき器用さ。なのにいざというときはとんでもなく勇気があり、主人が間違ったことをしそうな時には厳格にそれを否と言うガンコさ。
 正直な話、こういうタイプの執事はさまざまな映画やドラマでけっこう登場するのですが、いずれの場合もその存在はまさに主人公にとって父親のよう。

 これぞまさに執事の鑑。と同時に、おもわず惚れしてしまう男の中の男の姿でもあります。
 それにしても今回もアルフレッドの台詞や行動は“粋”のひとこと。こんなカッチョイイおじいちゃんになりたいものです。

 次にリーアム・ニーソン。
 『キングダム・オブ・ヘブン』でも『スターウォーズ:エピソード1』でも、そして今回もやっぱりこの人は“おっしょさん”でしたね。
 本当にこの人は剣が似合う俳優さんです。
 なんと映画デビューも『エクスカリバー('81年)』で、アーサー王の甥役で登場。つくづく運命的ですね。
 今回も主人公に剣だけでなく、その生き方・考え方、そしてなにより悪と戦うための覚悟をたたき込んでゆきます。

 日本人にとって出色とも言えるのが、リーアム・ニーソンの師匠役として登場の渡辺謙。
 個人的にファンなのでもっともっと出番が欲しいところですが、今回はがまん、がまん。

 さらに悪役をやらせたら右に出る人のないゲーリー・オールドマンがなんとなんと今回はゴッサムシティで唯一、品行方正な警官というビックリするような役柄で登場。
 だから私も最初どこに彼が出演しているのか判りませんでしたね。さすがに名優は化けます。圧倒的な個性で観客をあ然とさせるのも彼なら、保護色でまわりに溶け込むカメレオンのように自然体でさらりと演じるのも彼なんですね。

 そしてその人なつっこい顔がスクリーンに登場するだけで妙になごんでしまう、モーガン・フリーマン。彼も意外な配役で登場です。

 あと、これは特記するに足る俳優さんはなんといってもブルース不在のウエイン財団を仕切っていた社長代理役のルトガー・ハウアー。え?ご存じない?『ブレードランナー』で最後の最後までハリソン・フォードを苦しめた白髪のかっこいいレプリカントを憶えておられるでしょ。彼です。
 さすがに中年と言うよりは初老の貫禄ですが、彫りの深い顔にして思慮深い眼はなんともいえない味わいの俳優さんになられましたね。悪役的な設定の役柄ですが、現実にはむしろやり手の実業家でいそうなタイプなので憎めない。


 さて、毎回バットマンで取り沙汰されるのがライバル:悪玉のボスは誰が演じているのか、ということ。
 第一作ではジャック・ニコルソン、二作ではダニー・デビート、そしてトミー・リー・ジョーンズ、ミシェル・ファイファー、アーノルド・シュワルツェネッガーなど、とにかく個性と魅力あふれる俳優が競うように出演しましたね。

Batman_bsyuyaku 今回私もこれだけ綺羅星のように個性的なバイプレーヤーたちが揃っているワケなので、一体誰がバットマンに立ちはだかるのかと楽しみでした。
 楽しみでしたので、よそはともかく私のブログではそれは明かしません。楽しみが減ってはもったいないですからね。

 おっと、いけません。
 肝心の主演と監督について何もふれてませんでしたね。
 主演はサイコスリラー『マシニスト』で、一年も眠っていない男という役のためになんと29kgもの減量をやってのけたクリスチャン・ベール。反対にバットマンのためにこれを元に戻した上に、鍛えた筋肉をまとってプラス9kgも増量。
 このことだけでも彼の役者ダマシイが並々ならないものであることが判ります。

 監督兼脚本のクリストファー・ノーランは、記憶が10分しか保たないために観客をも巻き込んで懐疑の世界へ引きずり込む『メメント』そしてたったひとつの過ちが善良な警官の半生を狂わせて行く『インソムニア』…これも不眠症の主人公と、はじめて凶悪な役柄を演じたロビン・ウイリアムズが印象的でしたね。
 これらを撮った気鋭の監督です。面白くないワケがない。

 この映画にも名台詞はたくさん登場しますが、一番気に入ったのは最大の敵との対決の時に空を飛んできたバットマンに彼が言った台詞。

 「ちょっと演出過剰じゃないのか?」

 これは今回の監督兼脚本のクリストファー・ノーランの、これまでのバットマンシリーズに対するブラックジョークですね。そう、実は今回のバットマンの敵たちにコスプレはないのです。それだけでなく、これまでの悪役たちのような、一種戯曲の主人公のような芝居がかったところがない。また、その破壊の目的も彼らなりの信念と思想に裏付けられています。
Batman_bup

 ぶっちゃけた話、私がこれまでのバットマンがどうしても乗り越えられなかったもののひとつが、“原作がコミック”だったという枠だったと思います。
 日本の特撮でもそうですが、いくらがんばっても『仮面ライダー』『ウルトラマン』はSFにはなれません。
 理由はひとつ。こんな言い方は不本意ですが、“漫画っぽさが残っている”からですね。

 平成になってからの仮面ライダーは警察組織との連携を描いたり、彼らのふだんの生活や将来の夢なども描くことでかなりドラマ面に力を入れてきました。
 しかしいまだにSFや大人の観賞用としての作品に脱却できない理由は、“なぜ仮面ライダーなのか”という必然性。
 正直な話を書けば、スポンサーがオモチャメーカーだからなのですが…

 かつてのバットマンもそれに近いものです。
 もっとも、バットマンを最初にスクリーンへ復活させたティム・バートン監督は、いわば大人のおとぎ話を描くことにたいへん長けた人だったので、むしろアメコミ独特の雰囲気が見事にティム・バートンならではの映像世界にマッチして、異様ともいえるバットマン・ワールドを生み出していたんですね。
 しかし逆にそのあとの作品群が彼の強烈な個性に引きずられてしまって、どうしても“実写のアメコミ”どまりだったように思います。
 幼い頃、子供心にふと思ったこと、ありませんか?「なんで怪人はひとりづつ出るんだろう?」みたいなこと。

 その点、今回はとにかくリアリズムに徹しています。
 なぜ、ブルースはバットマンにならねばならなかったのか。なぜ、あの姿なのか。どうやって数々の装備を生み出したのか。なぜ?なぜ?
 ───それら、言ってみれば多数の作家によって60年という永きに渡って描かれてきたバットマンという世界に生まれてしまった矛盾を見事に解釈して見せてくれます。

 そして。

Batman_bmobile

 今回の目玉はなんといってもバットモービルをはじめとするメカ群。
 美しいです。機能美です。
 遊びなら流線型のメカでいいのですが、戦うための車輌はやはり機能重視。今度のバット・モービルはメカ好きならぜひとも乗ってみたくなること必然。画面を見ていると、ちゃあんと操縦するプロセスも出てきます。
 ね?はじめてでしょ、そんなバットマン。
 また、なんといっても模型やCGを使わず、実際に造ったバットモービルでロケ地となったシカゴを時速100km前後の高速で疾走するカーチェイスシーンは圧巻。

 そしてお馴染みの、アンカー付きワイヤーを打ち出す銃や翼の代わりにもなるマントもどうして誕生したのか、などからその構造や実際の使い方までしっかり判る撮し方をしています。
 こういう“宮崎 駿”的こだわりはオトコノコにはたまらんですね~。…え?あなた女の子だけどメカ大好きですか。それは失礼しました…


 さて、そんな風にハデハデにご紹介しましたが、やはりバットマン60年に渡る人気の秘密はなんといってもその“自分の暗い部分にある感情と正義感との葛藤で苦悩する姿”にあると思います。
 苦悩するヒーローということでよくスパイダーマンと比較されるのですが、大きな違いはバットマンの場合、出発点が社会悪への復讐である、というダークサイドであること。
 今回、若いブルースはのちの彼以上に幼い頃父母を強盗に殺された記憶と、その原因が自分にあるのだというトラウマ、さらに犯人に対する復讐心、そして世界の悪に対する怒りと恨みの衝動に翻弄されます。

 ここ数年に限らず、理不尽な理由で肉親を殺される事件は後を絶ちませんね。
 だけど被害者の家族の哀しみや悔しさは果たして本当に法の下で浄化されているのでしょうか?犯罪者は本当に罪を悔いてちゃんと罰を受けているのでしょうか?
 これまでのシリーズと大きく異なる点として、今回のこの作品では“ヒーロー:バットマン”ではなく、人間:ブルース・ウェイン、被害者の肉親としてのブルースの怒りや哀しみが観るものの胸を締め付けると同時に、犯罪者に復讐や報復をすることは、自己満足に過ぎないのか?それとも、必要悪なのか?…と、否応なしに観客に問いかけてきます。

 そのこともあって、今度のバットマンはヒーロー面としては復讐や報復の匂いが強く、マカロニ・ウエスタン時代のクリント・イーストウッドや『フレンチ・コネクション』のポパイ刑事のようなダーティさが魅力であり、人間ドラマの面ではとても現代社会の病んだ部分に深く切り込んでくる重みを持っています。

 そんな不安定な彼を精神面で支えてくれるのが執事のアルフレッドであり、幼なじみのガールフレンド:レイチェルの存在。
 ケイティ・ホームズ演じるレイチェルは、復讐心に囚われてしまって自暴自棄になったブルースに涙ながらにビンタを食らわせるシーンがあるのですが、一度、二度、と叩くんですね。
 彼女が単なるガールフレンドではなく、むしろブルースの姉か母のような存在の女性であることがよく判るシーンです。
 一度目は復讐心のために報復を盲信しているブルースを目覚めさせるビンタ、二度目は「しっかりしなさいよ!わかってる?」のビンタ。

 これまでのバットマンでも結構女性とのカラミがあったことをファンは知っているだけに、この彼女とはこの後どうなったの?と思いますね。でもこの監督は上手いです。ちゃあんとお話を書いていますよ。
 安易なラブ・シーンばかりがハリウッドとちゃうで!と作品で語っているかのよう。

 さあさあ、長くなりましたね。ごめんなさいね。
 でも今回もお話のお楽しみはちゃんと隠していますよ。劇場でご覧になって「あ!あの話はこのことか!」とお楽しみ下さいね。この映画は、ほんっとうに面白いですよ!

 
 では、また、お逢いしましょうね。

 【追記】続編:バットマン ダークナイトの記事は→■こちら

 ------------------------------------------------------------

|

« 『大統領の理髪師』韓国の年代記にして心に沁みる人情劇。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。 »

★★オススメCINEMA」カテゴリの記事

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も、ゲーリー・オールドマンが
最初に出たところでは、
不覚にも気がつきませんでした。
しかもルトガー・ハウアーも
エンドクレジットで
初めて気づいた次第でした。

投稿: えい | 2005年5月28日 (土) 20:12

我らが渡辺謙さん…
なんとも怪しいヒゲですね?(笑
強そうに見えない、(/ー‾;)シクシク

TBありがとうございました^^

投稿: しぃくん | 2005年5月31日 (火) 12:39

もうすぐ公開ですね。
観賞後にじっくり読ませてもらいます。

予告からすると全体的に暗いトーンで
今までのバットマンよりもっと人間的な
部分が描かれているのでしょうか?
うーん楽しみ。

TBありがとうございました。

投稿: かな | 2005年6月 1日 (水) 00:45

はじめまして。
あのような舞いあがったblogにTBありがとうございました。
世路川長智さんのレポート、とても詳しく、感動が蘇ってきました!
また寄らせていただきますね。

投稿: Parrotfish | 2005年6月 3日 (金) 13:27

こんばんは!!
バットマンのレビュー、最高に楽しんで拝見しました!!
もうすごくすごく楽しみにしているので、
また期待感がアップしちゃいました!!
TOMさんのブログを、私のブログのお気に入りにしたいのですが・・・
リンクしてもよろしいでしょうか??
差し支えなければ、おひまなときにお返事お待ちしております^^☆
よろしくお願い致します^^

投稿: ユミ | 2005年6月 9日 (木) 01:20

みなさま、嬉しいコメントありがとうございました。m(__)m

とにかく、この映画はいろんな面でよお出来てます。
たしかに映画はエンターテインメントですが、やはりいわゆる売り文句や客寄せのノリだけではずっと心に残る名作・傑作にはなれません。

私はこれで2005年を代表する映画の一本に出逢えたなあ、と思いました。

やっぱ、映画はドラマチックでなくっちあ。ね。

投稿: よろ川長TOM | 2005年6月11日 (土) 10:42

こんばんは、よろ川長TOMさん♪
ともやが間違っておりました~!m(_ _)m
バットモービルめちゃめちゃ格好良かったです!
ティム・バートン版とは似て非なるモノでしたが、あのダークなテイストはシリーズ最高傑作かも!

あのスタッフでシリーズ化してほしいけど、あの終わり方だと無理そうかなぁ。
無理を承知で作って欲しいなぁ。

投稿: ともや | 2005年6月15日 (水) 23:44

期待していなかった分、余計に楽しめました。
頭の中はSWで気もそぞろ、だったにも関わらず、コスチュームが出てきてから俄然面白くなってきて、2時間20分も全然長く感じませんでした。前半ちょっと退屈した感もありましたが。結構万人受けするかと思いましたが、賛否両論あるようで驚きました。私は好きです!

投稿: bakabros | 2005年6月17日 (金) 20:03

初めましてでっす♪TBさせて頂きました。

自分も今日観て来ましたが、旧4作よりも凄く楽しく観る事が出来ました。
今回のバットモービルメチャカッコイイです!あのゴツゴツした厳つい感じがなんとも♪
ゲイリー・オールドマンの気持ちが良く分かりますね(これ欲しい・・)

投稿: メビウス | 2005年6月19日 (日) 13:22

実際に見てきましたが、あまり楽しめなかった。
どうしてもあのバットマンのマスクのフィッティングとあの声とあの喋り方が生理的に不快を感じてしまって楽しめませんでした。

投稿: noki | 2005年6月21日 (火) 14:07

nokiさん、お気に召さなかったのは残念でした…
(;´д`)悲しいです~~~~。
いや、bakabrosさんがおっしゃるように賛否両論あったので私も驚きました。
映画は食べ物と同じく嗜好品なので、どうしても好き・嫌いに左右されてしまうのですね~。
私の尊敬してやまない淀川長治先生も「私、邦画は観ません。嫌いなんですよ」って公言なさったくらいですから。
でも、よく考えたら私もスターウォーズは好きじゃなかった…一応全部観てますけど。

とはいえ、もしも私がオススメしたためにご覧になって「ソンした!」のならごめんなさいね。
あっ、といっても補償はしませんよ。私に責任はありませんし。
(-▽-;)

投稿: よろ川長TOM | 2005年6月21日 (火) 15:59

はじめまして。TBありがとうございます。
脇役の配置がすばらしい作品だったと思います。悪役だと思ってた人がいい人で、いい師匠(!)だと思ってた人がそうではなくて・・・。見事に予想を裏切ってくれました~(笑)。
謙さん、もうちょっと殺陣やらせてあげたかったですね~。

投稿: まみりん | 2005年6月21日 (火) 23:53

初めまして。カリフォルニア在住のゆっこです。す、すみません。何度もTBしてしまいました。削除してください。失礼しました。

投稿: カリフォルニアのゆっこ | 2005年6月22日 (水) 16:11

よろ川長TOMさん。
突然の書き込みお許しください。

初めまして、こんばんわ。

僕は「ミュージックファクトリー活動日記」を書いておりますmaiと申します。

こちらにバットマンの記事がかかれていましたので、TBさせていただきました。

よろしくおねがいします。

投稿: mai | 2005年6月23日 (木) 01:59

コメントありがとうございました♪

シリーズを観ていない私が言うのもなんですが、
この映画で「バットマン」に出会えてホント良かったな~って。
レイチェルのビンタ、良かったですね。
この2人のしっかりした関係が好きです♪
もちろんアルフレッドとの絆も・・・。
あー好きなトコばっかりで困りますっ。

投稿: ナギ | 2005年6月23日 (木) 21:36

コメントありがとうございました。
これまでの「バットマン」シリーズとは違うものを作ろうというクリストファー・ノーランの意気込みが伝わる改心の出来でした。
鑑賞後、コミックヒーロー映画という印象がないのが凄いところです。
個人的には、映画全編の会話にある「善悪論」の奥深さに感服、この台詞を集めただけで「本」になりそうな理論展開でした。

投稿: まつさん | 2005年6月25日 (土) 17:33

よろ川長TOMさん、こんにちは。
TBありがとうございます。こちらからもトラバ返しさせていただきました~♪
「バットマンビギンズ」、正直、ぜんっぜん期待してなかったんですよ。
アメコミ発信ってのがまずダメで、そう!あのコスプレへの必然性ですよ。
これが感覚的に納得いかないというか・・・まぁ要するに食わず嫌いのようなものです。
でも、こんなに面白かったとは!
続編が今から楽しみでなりません。もう一回くらい観たいですねぇw

投稿: 小夏 | 2005年7月 6日 (水) 13:37

TBいただきました。お見事なレビュー。楽しませていただきました。

投稿: ももママ | 2005年7月19日 (火) 20:50

TBありがとうございました。

ルドガー・ハウアー・・・お久でした。
私、好きなんですよね~
ブレードランナーで惚れましたww
ちょっとお肉が付いちゃって、彼だと気付かない人も・・・

そうそう…
ウチの旦那様が言う事には…
『ヒロインがあんなに不細工なんじゃあ、
俺は助けんね。。。』

ニコール!
別れて正解だったぞっ!

投稿: AISYA | 2005年7月28日 (木) 23:23

みなさま、コメント感謝です!

AISYAさん、ブレードランナーもどっちかというとハリソン君の方が脇役っぽく見えるほど、ほかのキャラが立った映画でしたね~。

そうそう、だんなさんに「顔を見て助けるかどうか考えたらヒーロー失格です」ってゆーたげてください。
そんなことしたら吉本新喜劇になってしまいますがな。

投稿: よろ川長TOM | 2005年7月29日 (金) 09:55

はじめてコメントさせていただきます。
hirxと申します。

「バットマン・ビギンズ」面白いですね。VFXも、アクションシーンもよかったですし、これまでのシリーズのようにおチャラけた所がなかったので最後まで飽きずに観れたような気がします。

私のサイトでも映画の感想を載せているのでよかったら見て下さい。ブログもやっています。

投稿: hirx | 2006年4月22日 (土) 17:51

こんにちは!
ご無沙汰しております。
バットマンがあまり好きではなかったので、ずっと鑑賞せずにいました。
でも、この作品は面白くて、劇場で観たかったなぁ~と今頃悔しがっています(笑)
続編があれば、今度は絶対劇場鑑賞したいです!

投稿: 由香 | 2007年4月 1日 (日) 13:24

由香さん、おひさです!トラバ&コメントありがとうございました。

面白かったでしょ~。というか、よく出来てました。クモ男とか他のアメコミもこれくらい緻密な設定にしてくれたらファンになってしまうんですけど…
どうも納得できないアメコミならではのご都合主義ばかりが鼻につくので、アメコミ原作で好きになれたのはこの作品くらいですねえ。

投稿: よろ川長TOM | 2007年4月 1日 (日) 14:45

こんばんは~
TB,コメントありがとうございました!

ゲイリー・オールドマンは私もかなり好きな俳優さんですが
確かに彼って,悪役の多いキャラですよね。
この作品では善人役。それだけに,いつもの持ち味である「悪味」を消して
しょぼい雰囲気を纏っているのが,私も新鮮に感じましたよ。
渡辺さんが出てるとは思ってなかったので
びっくりしたし,嬉しかったですが
彼って,途中,何語をしゃべっていたのですか?

投稿: なな | 2008年7月 6日 (日) 20:36

アツイ記事拝見しました&とても参考になりました。
仮面ライダーとの対比が、私のようなものには非常にわかりやすかったです(^^)
子供だましじゃない、本格派。素材がアメコミだというだけで、それ以外はすべてリアリティにこだわった秀作。納得です。
そう考えても「ダークナイト」はさらに進化していると思います。こゆーい感想を楽しみにしています!

投稿: たいむ | 2008年8月10日 (日) 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33590919

この記事へのトラックバック一覧です: 『バットマン・ビギンズ』シリーズ中、最高に面白いバットマン!:

» バットマン ビギンズ [DIGI-PLA]
今日は、もう一つ。バットマンの最新作『BATMAN BEGINS』です。謎が多いです。でも、期待できるんじゃないでしょうか。以前の3作もさることながら今回も東京・大阪にポスター戦略。楽しみです。 [続きを読む]

受信: 2005年5月28日 (土) 11:26

» 『バットマン ビギンズ』 [ラムの大通り]
-----久しぶりのバットマン・ムービーだね。 予告編を観る限りでは、これまでとだいぶ違うようだけど。 「これまでの作品は89年にティム・バートンが手掛けた 『バットマン』をベースに続いてきた。 あれは『ビートルジュース』でその映像センスを高く評価された ティム・... [続きを読む]

受信: 2005年5月28日 (土) 20:10

» バットマン・ビギンズ [ヲイラのだいあり?]
★ 我らが、渡辺謙さん出演の『バットマン ビギンズ』 あらすじ… クリストファー・ノーラン監督が贈るこの映画はバットマン伝説の起源と、ゴッサム・シティの善なる力としてのダークヒーローになるまでを描く。両親を殺害された後、世の中に幻滅したブルース... [続きを読む]

受信: 2005年5月31日 (火) 12:29

» バットマン ビギンズ [CLII -映画のような恋をして-]
公開日 2005年 6月 18日 ジャンル アクション 2005年 アメリカ 期待度 ★★★★★ 監督 クリストファー・ノーラン 製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー、マイケル・E・アスラン 脚本 クリストファー・ノーラン 音楽 デビッド・ジュリアン キャスト クリス... [続きを読む]

受信: 2005年5月31日 (火) 12:51

» ■バットマン ビギンズ/Batman Begins [ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY]
新年、明けましておめでとうございます! 本年も、昨日(笑)までと変わらず、ご贔屓くださいますよ?うに 御願い奉りまするぅ?。 今年は酉年だそーで、鳥やら鶏関係を物色しており(笑)、カーネル・サンダースの人形をアップしてもしょうーがないだろうと・・... [続きを読む]

受信: 2005年5月31日 (火) 21:51

» 映画「バットマンビギンズ」 [おやつは300円までよ。]
久しぶりのバットマンシリーズ! 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル 、渡辺謙、モーガン・フリーマン 、etc... 公式サイト 6/18公開 キャットウーマンを除けば、役8年ぶりのバットマン。 あの、「ラスト・サムライ」でハリ... [続きを読む]

受信: 2005年6月 1日 (水) 06:25

» 生傷の絶えない、人間味あるヒーロー◆『バットマン・ビギンズ』 [日々の記録と、コラムみたいなもの]
5月30日(月)完成披露試写会(ピカデリー1)にて 友人の誘いで『バットマン・ビギンズ』の完成披露試写会に潜入した。 今やすっかりハリウッドスターの仲間入りとなった渡辺謙が出演していることが話題になっているアレだ。 スーパーマンとかスパイダーマンとか、空飛 [続きを読む]

受信: 2005年6月 2日 (木) 11:17

» 【映画】BATMAN BEGINS [Parrotfish's Hide-Out]
こんばんわぁぁ   観てきましたよ、蝙蝠男最新作 今回もお仕事ですが、いつものマスコミ試写会ではなく、World Premiere in 六本木ヒルズでございます。 高層マンションを見上げながら、 「きっとあの最上階では、金持ちたちが 『お、働きアリどもが騒いどる』と [続きを読む]

受信: 2005年6月 3日 (金) 13:22

» バットマンビギンズ:渡辺謙出演の話題作! [話題のナレッジベース]
渡辺謙の出演も話題の、「バットマン」誕生を描くシリーズ最新作、2005年06月18日(土)遂に公開。... [続きを読む]

受信: 2005年6月 8日 (水) 00:47

» バットマンビギンズ [0からのブログ Lv1(ゼロからのブログレベルワン)]
こないだバットマンビギンズの試写会に誘われて行ってきました。俺自身はバットマン自体あまり見たことが無く、子供の頃に見た記憶はあるんですがあまりにも古くて、スーパーマンとかと一部ごちゃまぜになってるところがあったんで、あんま期待はせずに見に行ったのですが... [続きを読む]

受信: 2005年6月13日 (月) 10:04

» コスプレ男が帰って来ました! [ともやの映画大好きっ!]
本日届いた試写状は、久し振りに甦ったアメコミ映画「バットマン ビギンズ」。 最近はキャッチコピーを付けない映画も増えてきたんですね。 マイケル・キートン→ヴァル・キルマー→ジョージ・クルーニーに次いで、バットマンを演じるのはクリスチャン・ベール。 バット... [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 13:54

» バットマン ビギンズ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:BATMAN BEGINS) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★) 「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」から8年。 アメコミヒーローであるバットマン誕生を描いた新作アクション映画。 ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、少年時代に両親を... [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 23:47

» 「バットマン ビギンズ」 [試写会帰りに。]
新宿ピカデリーにて「バットマン ビギンズ」試写会。 「バットマン」シリーズは、第一作の「バットマン」は結構好きだけれど、「バットマン・リターンズ」「バットマン・フォーエバー」は確かTV放映で鑑賞、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」は観ていない。 「... [続きを読む]

受信: 2005年6月17日 (金) 19:59

» (試写)『バットマンビギンズ』感想 [(映画)新作DVD発売日情報]
6/18公開『バットマンビギンズ』出演:クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ケイティ・ホームズ、マイケル・ケイン、渡辺謙STORY裕福な企業家の御曹司に生まれながら、すべてを捨てて放浪する青年ブルース・ウェ... [続きを読む]

受信: 2005年6月17日 (金) 20:55

» Batman Begins★★★★☆ [なおのオススメ文芸。]
邦題:バットマン ビギンズ 『両親を殺害されたブルース・ウェインは、世の中に幻滅し、不当な闘いを終わらせ、弱者を餌食にする悪党を倒すことを心に誓う。そして彼は自らの恐怖を克服し、バットマンになる。』 director ...Christopher Nolan(Memento) Bruce Way... [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 01:54

» バットマン ビギンズ [KINOKANAL]
監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール,リーアム・ニーソン,モーガン・フリーマン,ゲイリー・オールドマン,渡辺謙 ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以 [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 15:59

» バットマン ビギンズ [ネタバレ映画館]
 「お菓子をポリポリ食うのはやめろ!ビニールの音は響くんだよ!」と、無神経な客に正義の制裁を加えたくなったが、「報復はただの自己満足よ」というケイティ・ホームズの声が聞こえてきたので思いとどまった・・・  これは、ダークヒーローが原点に戻って、生立ちや... [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 20:04

» 「 バットマン ビギンズ 」 [MoonDreamWorks]
監督 : クリストファー・ノーラン主演 : クリスチャン・ベール /マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン/      / ケイティ・ホームズ / 渡辺 謙 /公式HP:http://www.jp.warnerbros.com/batmanbegins/  バッドマン ビギンズ DetectiveComics(探偵漫画... [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 22:38

» 「バットマン ビギンズ」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
ファボーレ東宝で本日公開の話題作『バットマン ビギンズ』を観てきました。 出演は『リベリオン』の「クリスチャン・ベール」、『ミリオンダラー・ベイビー』の「モーガン・フリーマン」、『ウォルター少年と、夏の休日』の「マイケル・ケイン」「リーアム・ニーソン」... [続きを読む]

受信: 2005年6月18日 (土) 22:51

» バットマンビギンズ [It's a Wonderful Life]
すごいすごいよ!今度のバットマンは! 全く予備知識なしで、実はあまり期待しないで観たんですけど かなり良かったです。びっくりしたくらい。 あまり詳しい解説とか読んでなかったんで渡辺謙が出てる くらいしか知らなかったんです(笑)が、、まさか こんな... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 00:54

» バットマン ビギンズ [Lovely Cinema]
私が過去に見たたシュワちゃんやジョージ・クルーニーが出演していたバットマンは、いかにもアメコミです!といった雰囲気だったけども、「バットマン・ビギンズ」は違った! ガン=カタのクリスチャン・ベールだからか?とっても渋い!硬派!でもってストーリーもシ... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 01:10

» バットマン ビギンズ [Lovely Cinema]
私が過去に見たたシュワちゃんやジョージ・クルーニーが出演していたバットマンは、いかにもアメコミです!といった雰囲気だったけども、「バットマン・ビギンズ」は違った! ガン=カタのクリスチャン・ベールだからか?とっても渋い!硬派!でもってストーリーもシ... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 10:22

» バットマン ビギンズ [Akira's VOICE]
新たな幕を上げたバットマン。 ドラマ性に優れ面白かった! [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 11:24

» ■読者TB-バットマン ビギンズについて… [■デジタル出版サイト-『コスモディアドットコム』(ブログページ)]
・調べてみましたらもう72歳になられるんですね… [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 12:28

» バットマン・ビギーンズぅ!! [MIZUKI CAFE]
バットマン・ビギンズ観てきました。今回、本気ですね!かなりカッコイイです。そして [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 13:12

» バットマン・ビギンズ ★★★★ [目指せ!映画批評家]
今日は試写会で「バットマンビギンズ」を見てきました。試写会はいいですねー!音響はイマイチなことが多いですが…。  バットマンと言えばみなさんご存知、アメコミ原作の大ヒット作品で今までに四作品ほど製作されていますが、今作はバットマン誕生秘話とも言うべき... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 14:03

» バットマン・ビギンズ。 [この世界の憂鬱と気紛れ]
きようはばつとまんびぎんずというえいがおみてきました。あんまりおもしろくなかつたです。おわり。 で、終わっていいですか?笑。 いやぁ、たぶんつまんないだろーなーと思って観に行ったんですけど、まさかまーったく予想通りにつまんないとはさすがにビックリしまし... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 14:11

» 「バットマン ビギンズ」 [Cherry]
ようやく公開されました! 今までのバットマンシリーズと比べるとちょっと異色かも。今までのバットマンはアメコミ要素が強かった気がするけど今回のビギンズはドラマ性が強いかも。バットマン誕生秘話やバットマングッズの秘密などが色々わかったかな。2次元的要素... [続きを読む]

受信: 2005年6月19日 (日) 15:34

» 『バットマン ビギンズ』#87『電車男(2)』#88 [★☆★風景写真blog★☆★Happy infectio...]
『バットマン ビギンズ』 ★原題★ BATMAN BEGINS 全く新たな衝撃が舞い降りる!! ついにシリーズは 自らの[闇]と対峙した?? 「覚悟はいいか?? “魔物”の 正体はお前の中にある」 公開日 2005年6月18日(土)全国松竹・東急系にて 日米同時公... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月) 05:18

» 『バットマン ビギンズ』 [京の昼寝♪]
■監督 クリストファー・ノーラン■キャスト クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ルトガー・ハウワー、渡辺謙、ケイティ・ホームズ 目の前で両親を射殺された後、ゴッサムの路上で起きたあの... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月) 12:15

» バットマン ビギンズ / クリストファー・ノーラン [Not-Boiled]
いろいろ突っ込みどころはあるけど、2時間20分を退屈させないのは面白いって事(だと思う、もうちょっと短くてもいいけど)。 クリスチャン・ベールはお似合い。最初に登場した時はサラマンダーのクイン(+髪の毛)だったんでちょっとイメージ違うなと思ったけどその... [続きを読む]

受信: 2005年6月20日 (月) 16:37

» バットマン ビギンズ [future world]
あの‘バットマン’の誕生物語・・・前作シリーズは観ておらず本作も観る予定は無かったが、ド派手な予告編と渡辺謙出演、そして誕生秘話という言葉に惹かれてしまった。 ストーリーとしては、それほど面白いとは思わなかったなぁ。。 スパイダーマンほど等身大的なもの [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 00:38

» バットマン・ビギンズ鑑賞 [Cafeアリス]
バットマン・ビギンズ鑑賞してきました。 実は、バットマンシリーズの4作をまったく観ていなかったんです。 だけど、今回の作品は、新生シリーズで、コミックでも語られなかった、オリジナルストリーとのこと。 まったくの予備知識がなくても、すごくわかりやすくて... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 02:19

» [バットマン ビギンズ]を観た。 [***英国でMBAを学ぶある生徒の日常***]
日本でも公開しているようなのですが、 人気はどうなのでしょう?   英国では、以前紹介した「シン・シティ」がかなりの広告展開をしていて、 あまり目立っていません。   しかし、小学生の時の缶ペンケースがバットマンだったぐらい好き... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 06:33

» 「バットマン ビギンズ」 [てんびんthe LIFE]
「バットマン ビギンズ」 東京厚生年金会館で鑑賞 始めに、今までのバットマンシリーズとは一線を隔した作品でした。バットマン誕生秘話と言うことなのですがバットマンの誕生はとてもよくわかったけど、ストーリーはわかりにくくなかったかな?私はあまりよく理解で... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 10:42

» バットマン ビギンズ(2005/米) [エンタメ系のススメ]
バットマン ビギンズ(2005/米)(映画)バットマン ビギンズ(2005/米)超ド級のB級活劇人気blogランキング参加中新たなるバットマンのはじまりはじまり決して!!『バートン=バットマン』と比較してはいけません。『バートン=バットマン』とはある意味対極に位置する硬派... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 17:17

» バットマン ビギンズ [あ~るの日記@ココログ]
映画『バットマン ビギンズ』を観た。今作は『メメント』のクリストファー・ノーランが監督と脚本を勤めた。予告編などを観て大変期待していたが、期待以上の出来で満足。ヒーロー物はイメージが先行しているので、ダークヒーローを描くのは難しい。しかも、地味になりが... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 22:16

» バットマン ビギンズ [ゴネの独り言。]
6月18日~公開です。すごい迫力で楽しめましたよ。 出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、渡辺謙、他 監督:クリストファー・ノーラン 原題: BATMAN BEGINS         2005年 アメリカ  バットマンがいかにして生まれた... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 23:53

» バットマン ビギンズ [そーれりぽーと]
近頃マーベルコミックの映画化が華やかな反面、そう言えばあんなに人気の有ったDCコミックの雄「バットマン」映画は消えていました。 97年のシリーズ4作目は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」なんてタイトルで、主役のバットマンよりも敵のMr.フリーズ役アーノル... [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 01:35

» ★「バッドマン ビギンズ」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイト・ショウで観て来ました。 PM11:35からだっていうのに、けっこう入ってましたね。 渡辺謙のおかげかなっ。 2005年製作のアクション・ヒーローもの、140分。 あらすじ 大富豪のお坊ちゃま、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)。 お... [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 02:01

» ☆★★ 『バットマンビギンズ』観ました ★★☆(画像あり) [★SASASAWAのよくばり日記★★☆]
   ヒルズのプレミアスクリーンにて。   はじめてのプレミアスクリーンです。   ガラスのテーブルがライトアップされてるため   上映が開始されても館内はちょっと明るくて   最初は集中できませんでした。   じっくりと観たい人には向かないかな?って... [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 10:49

» バットマン ビギンズ [まったりでいこう]
とてもダークで格好いいけれどどこか哀しさのある感じがして、これまでのバットマンの作品のなかで一番好きかもしれません。わりと大人向けな仕上がりですよね。 ブルースの生い立ちが赤裸々に語られちょっとビックリでした。こんなに深く語られるとは思ってもいませんで... [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 12:18

» バットマン  [vivid memories]
私の仕事は、月曜から木曜まで。木曜日の仕事帰りは、顔がニヤニヤ状態。この幸せな瞬間を味わうために、仕事をしているのかもしれないくらい、すべての事に優しくなれる。そんな「花木」、二人で話題の映画、「バットマン」を見に行く。 今まで、4本が製作されたシリー... [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 16:09

» バットマン ビギンズ [CINEMA正直れびゅ]
予告を見る限り、かなりシリアスな感じを受けた。バットマンはこうでなくちゃ。公開初日、レイトで観てきた。 [続きを読む]

受信: 2005年6月22日 (水) 20:50

» batman [ミュージックファクトリーの活動日記]
こんばんみー。 maiです。 今日、電車の中で、無料配布雑誌「R25」というリクルートから発行されている雑誌を読みました。 で、その中で、毎週、芸能人の方のインタビューが掲載されているのですが、今週は渡辺謙さんの特集が組まれていました。 そのインタビュ... [続きを読む]

受信: 2005年6月23日 (木) 01:57

» バットマン・ビギンズ(試写会) [世界は映画でまわってる。]
ど、どうしよう。 バットマンって、こんなカッコ良かったの? クリスチャン・ベイルってこんなにいい男だったの?<「マシニスト」しか知らんもんで お願いだ、続編を作ってくれええええ~。過去話のリメイク超希望~! バットマンシリーズは観たことないんですが、... [続きを読む]

受信: 2005年6月23日 (木) 06:25

» 決定版!「バットマン・ビギンズ」 [soramove]
「バットマン・ビギンズ」★★★★ クリスチャン・ベール主演 1989年製作の「バットマン」前にも 2作作られているが、それ以降 「バットマン リターンズ」(1992) 「バットマン・フォーエヴァー」(1995) 「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997) 3作... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 10:28

» バットマン ビギンス[Batman Begins] [ヒトコトシネマ☆インプレッション]
★内なる闇を解放する、新しい魅力のバットマン2005/アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 脚本:クリストファー・ノーラン、デビッド・S・ゴイヤーバットマン ビギンズ 売り上げランキング : おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-Tools「悪を粛正するには、正義... [続きを読む]

受信: 2005年6月24日 (金) 11:45

» バットマン ビギンズ [まつさんの映画伝道師]
第130回 ★★★★(劇場) 「人は中身じゃなくて、行動で決まるのよ」  レイチェル(ケイティ・ホームズ)は再会したブルース(クリスチャン・ベール)にそう苦言を呈する。  この言葉どおり、今回のバットマンは「中身」=「画面の情報量」ではなく「行動 [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 13:30

» バットマン・ビギンズ [ITニュース、ほか何でもあり。]
本日、見てまいりました。実は、今週の映画は昨日あったHINOKIOの試写会の予定でしたが、開始時間を間違えて行けずじまい。そこで当初から見たかったバットマン・ビギンズに行った次第です。 バットマン映画第5作であるこの映画は、ブルース・ウェインが、バット... [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 13:58

» バットマン ビギンズ [利用価値のない日々の雑学]
「バットマン」というシリーズは、続き物の様でもあり、又一方でシリーズ物でない両面を持ち合わせている。それには色々な要因があって、例えば、監督も途中で変わったり、主人公のバットマンを演ずる俳優が次々に交代しているという部分も大きい。しかし、今回特に大きな... [続きを読む]

受信: 2005年6月25日 (土) 15:54

» 「バットマン ビギンズ」 [●○ゆるゆる不動産鑑定日記○●]
●○ 「バットマン」より、「ブルース」だよ! ○● 「バットマン ビギンズ」 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★★★☆ 原題:BATMAN  BEGINS 製作:2005年アメリカ 公式サイト 監督:クリストファー・ノーラン 配給:ワーナー・ブラザーズ映画  ... [続きを読む]

受信: 2005年6月26日 (日) 00:11

» DARK"K"NIGHT COME! [キャスポ]
「バットマンビギンズ」見ました。 ん~7年待った甲斐がありました! 主演のクリ [続きを読む]

受信: 2005年6月26日 (日) 17:07

» 『バットマン ビギンズ 』 [Rabiovsky計画]
バットマン ビギンズ [batmanbegins.jp] バットマン ビギンズ [warnerbros.jp] 監督:クリストファー・ノーラン 美術:ネイサン・クローリー 出演:クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン、    モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、渡辺 [続きを読む]

受信: 2005年6月26日 (日) 18:29

» 「バットマン・ビギンズ ワールドプレミア」@TOHO CINEMAS 六本木 [旦那にはひ・み・つ (☆o☆)]
応募して当選した時はかなり喜びました。けど「スクリーン6」これを知った瞬間は喜びが1/3くらい減りました。今回の試写状は封書で送られてきました。これって?1人一枚だから封書なのか?試写状紛失?と郵便やさんやポストこそドロ対策で封書なのか。と1人で考えてしまっ... [続きを読む]

受信: 2005年6月27日 (月) 20:26

» 「バットマン・ビギンズ」Batman Begins クリスチャン・ベール [Cinema,British Actors]
もともとクリスチャン・ベールが好きなので、「バットマン・ビギンズ」は大大大満足で [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 17:34

» 「バットマン・ビギンス」ロンドンプレミア バットモービル ク... [Cinema,British Actors]
「Batman Begins」のロンドンプレミアは、バットモービルの登場から幕を [続きを読む]

受信: 2005年7月 1日 (金) 17:35

» バットマン ビギンズ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
昨日、会社終わってからレイトショーで観てきました。 「蝙蝠男 始」。 前置き。ネタバレしてますので・・・ ふん、なかなかよかったねー。過去3作と違いちょっと重苦しい感じがビギンズらしく。 修行場のチベット(だったっけ?)の山奥。寒そ。でもキ [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 13:28

» バットマン・ビギンズ、観ました [OGK の BBB - beatbook blog - 買い物編]
      アメコミに一切の興味無し。 されど映画版バットマンの、暗い世界をこよなく愛した身としては、 「あの ‘メメント’の監督が、バットマンを撮るんだって ? やったー ! 」 と、情報が入ったとき一旦は、小おどり気分に。 それも束の間、脇... [続きを読む]

受信: 2005年7月 3日 (日) 18:58

» 映画・バットマン・ビギンズ(BATMAN・BEGINS) [B級カメラマンのLET IT BE!]
見てきました、見てきました!公開中の映画BATMAN・BEGINS(バットマンビギンズ)日本の俳優・渡辺謙さんが出演してるのでも話題ですが今回WB(ワーナーブラザース)の映画としては5作目なんですが、今回は今までの続きではなく、タイトルの通りBEGNS... [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 01:07

» バットマンビギンズ [Fly me to the moon...]
★★★★☆ ヤヴァーい! こういう映画ってかなーり好きかも。 今年久々に心から面白いと思えた映画です。 スパイダーマンなんて目じゃないです。 やはりバットマン。 トムの奥さんがヒロインの映画ですが、とってもキュートですね。 ニコールはゴージャスだけど ケイテ... [続きを読む]

受信: 2005年7月 4日 (月) 18:17

» バットマン ビギンズ [逃源郷]
 バットマンシリーズ、実に8年ぶりとなる最新作。監督は「メメント」、「フォロウィング」などのイギリスの新鋭クリストファー・ノーラン。 バットマン待望の新作をレイトショーで見てきたのだが、観客は10人いるかいないかで、「宇宙戦争」や「スターウォーズ」の影... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 01:35

» バットマン・ビギンズ [impression]
ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルー... [続きを読む]

受信: 2005年7月 5日 (火) 02:32

» バットマン ビギンズ [七月のうさぎ]
BATMAN BEGINS 2005年 アメリカ 監督: クリストファー・ノーラン 出演: クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン ・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、渡辺謙、ケイティ・ホームズ その男は[闇]から生まれた――。 ... [続きを読む]

受信: 2005年7月 6日 (水) 13:24

» バットマン ビギンズ [きまぐれ Live☆Like☆This]
(ネタばれ注意) 夜空にコウモリが映るとき どこからともなく黒い影があらわれ、世の悪をバッタバッタとやっつける そんな誰もがしってるヒーローはどのようにして生まれたか・・・ あれ、今回はちょっと趣がちがうぞ それもそのはず テーマは 人間バットマン.. [続きを読む]

受信: 2005年7月 7日 (木) 17:43

» 「バットマン ビギンズ」 [わたしの見た(モノ)]
「バットマン ビギンズ」   140分の上映時間、少々長め。 イメージしていたアメリカンヒーローモノとは趣の異なるタイプの作品。 アクションは控えめ、 ヒーローの内なる部分を垣間見ることの出来る、 人間ドラマの要素が多分にある。 過去のシリーズは、ひとつも... [続きを読む]

受信: 2005年7月 7日 (木) 20:26

» 映画『バットマン ビギンズ』 [Trace Am's Life to Success]
ネタバレはないはずです.バットマンシリーズで8年ぶりに公開された最新アクション大作.この作品ではバットマンとなった主演のブルース・ウェインの秘められた過去を描き,バットマンの誕生過程が明かされる.スターウォーズでいうエピソード1に当たるようなものかな.ク... [続きを読む]

受信: 2005年7月 9日 (土) 18:27

» 「バットマン・ビギンズ」 [the borderland]
生い立ちや苦悩を描くのは、面白いと思う。本来はそういう場面があることで共感を呼ぶんだけど、あまりにも、暗くて、一歩引いて見てしまう。それとゴッサムシティを救うという大義名分があったとしても、後半は金持ちの道楽にしか見えなくて、庶民の私は、スパイダーマン... [続きを読む]

受信: 2005年7月11日 (月) 00:31

» 「バットマン・ビギンズ」(試写会:東京厚生年金会館) [なつきの日記風(ぽいもの)]
身体を鍛え、自己矛盾に悩む、人間的に過ぎる程のバットマン誕生秘話 原題:「Batman Begins」 監督:クリストファー・ノーラン 脚本:クリストファー・ノーラン 、デヴィッド・S・ゴイヤー 出演:クリスチャン・ベイル、ケイティ・ホームズ、マイケル・ケイン、リ... [続きを読む]

受信: 2005年7月13日 (水) 04:34

» バットマン・ビギンズ [ももママの心のblog]
アメコミヒーロー・バットマン物語の最初から描く、いわば「エピソード1」{/hearts_pink/} 2005年 アメリカ アクション、サスペンス 2005年7月6日 川崎チネチッタ 監督 クリストファー・ノーラン(メメント) 出演 クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーア... [続きを読む]

受信: 2005年7月19日 (火) 20:54

» 渡辺謙のバットマンビギンズ [今日も千葉日和]
  かと思ったけど、バットマンはバットマンのモノでした。当たり前か・・・   ちい~さい頃、白黒のシリーズで見た記憶があるのですが(というと相当歳いってるのかと思われそうですが)、それ以来見たことのないバットマン・・・俳優さんも制作も何もかも違... [続きを読む]

受信: 2005年7月20日 (水) 00:19

» 洋画三昧その1バットマンビギンズに渡辺謙を期待してはいけない。 [jizo.net]
バットマン ビギンズ  アクション大好き!、爆発大好き!、アメコミ大好き!って人は観てもいいかもね。  僕は「もういいよ」って感じでしたが。  映画の出来云々というよりは、バットマンシリーズの舞台設定(ゴッサムシティーとか)や世界観が暗すぎて、僕の性に合わ... [続きを読む]

受信: 2005年7月20日 (水) 15:55

» バットマンビギンズ [私を月まで連れてって]
この手の映画って…あんまり期待していくと 後々 外れたときの落胆が大きくなるので…『さ? どっかな????』な?んて言いながら観る様にしているのだ。で…どうだったの?って…『まあ こんなもんじゃないの!?』…って感じかな…映像にして受けるアメリカン・コミッ... [続きを読む]

受信: 2005年7月28日 (木) 23:25

» バットマンビギンズ見たよ [わにわにしちょし]
地球育ちの宇宙人スーパーマンや、生まれながらのミュータントのX-MEN、蜘蛛に噛まれて特殊能力を身に付けたスパイダーマン、放射線を浴びて巨人に変身出来るようになってしまったハル [続きを読む]

受信: 2005年9月 3日 (土) 23:44

» 「バットマン・ビギンズ」を観る(From MM) [Cinema Satellite Neo]
◆ バットマンはかく生まれり  アメコミで最も有名なスーパーヒーローの一人、バットマン。    これまでにも様々な監督がバットマンワールドを  独自の感性で映像化してきましたね。    今までの映画版がコミックの延長線にあるとすると、  今回のバットマンは超... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 08:25

» バットマン・ビギンズ 今年の219本目 [猫姫じゃ]
バットマン・ビギンズ おもしろかった!! ブルース・ウエインがバットマンになるお話し。実はあたし、バットマンって、あまり好きじゃなかったのです。だから、今までの映画も、一応見てはいるものの、よく覚えていません、、、でも、これはおもしろかった。今までのも... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 17:28

» Back in U.S.A. [iN-phase,Horyの部屋]
成田を出発して、約13時間。やっとアメリカ東海岸に到着。中継点のシカゴはあいにくの雨で、”おいおいっ、雨かよっ”てな感じでしたが、ワシントン近郊は晴天でした。やっぱりアメリカは晴れていないとねー。さて、... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 22:01

» バットマン・ビギンズ [iN-phase,Horyの部屋]
今見たい映画、ずばり、バットマン・ビギンズ。というのもこの映画、多方面でかなり評判が良いのだ。俺は基本的にこのシリーズは好きじゃない。というのもいつも期待を下回る出来だった感が否めないから。だから今回... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 22:02

» バットマン・ビギンズ [思いつき覚え書き日記]
わたしには「バットマンシリーズ」への思い入れもないし、 これまで映画化された作品は1本も観ていない。 だからこの作品も、 監督が「メメント」のクリストファー・ノーランだと知らなかったら、 絶対観に行くことはなかっただろう。 ていうか、あやうくこの大傑作... [続きを読む]

受信: 2005年10月31日 (月) 23:09

» バットマン ビギンズ [八ちゃんの日常空間]
ロードショーと、目黒シネマでの上映をスケジュールが合わず見逃し。これが最後のチャンスか!映画館は古くちゃちいが、そんなのどうでもいい。映画館で観れる事が嬉しいのだよ。DVDも買うかも知れなかったけど、ようやく観れて大満足。 派手なストーリーではなく、じっ... [続きを読む]

受信: 2005年11月 6日 (日) 01:18

» 映画『バットマン・ビギンズ』2週連続レンタル1位! [萌えきすとらBLOG]
レンタルDVD(2005年10月24日から10月30日まで) 1位(初):『バットマン・ビギンズ』 レンタルDVD(2005年10月31日から11月6日まで) 1位(1):『バットマン・ビギンズ』 レンタルビデオ(2005年10月24日から10月30... [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 17:32

» バットマン ビギンズ [坂部千尋のsparrow diary]
 新生バットマンシリーズ第1弾とも言われるこのバットマン・ビギンズ{/kaminari/}観てから少し時間が経ってしまいましたが、とりあえずひと言で感想言うならやっぱりヒーロー大好き{/ee_3/}って感じです{/nezumi/}スパイダーマンなんてもう結婚したい位好きだし{/hiyo_e... [続きを読む]

受信: 2005年11月30日 (水) 03:41

» 【外国映画】バットマン ビギンズ  クリスチャン・ベール主演 [あるある人気アイテム紹介隊]
ブルース・ウェインの頭から片時も離れることがないのは、眼前で最愛の両親を射殺され [続きを読む]

受信: 2005年12月13日 (火) 00:21

» バットマン・ビギニンズ [Bon voyage!]
少年時代に両親を殺されたブルース・ウェインは復讐を誓って成長するが、犯人は殺害され、彼は行き場のない怒りに苦しむ。謎めいた「影の軍団」から戦闘技術を学んだブルースは、ゴッサム・シティで亡き父の大会社を受け継ぎながら、バットマンに変身して悪と戦うように... [続きを読む]

受信: 2005年12月16日 (金) 22:42

» バットマン ビギンズ [I Love Movie!【ホームシアター映画日記】]
バットマン ビギンズ 特別版クリスチャン・ベール クリストファー・ノーラン マイケル・ケイン ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-10-28売り上げランキング : 18Amazonで詳しく見る by G-Tools ★ストーリー★ ブルース・ウェインは少年時代に井戸でコウモリの大群と遭... [続きを読む]

受信: 2005年12月18日 (日) 21:45

» バットマン ビギンズ [WILD ROAD]
『バットマン ビギンズ』 2005年アメリカ(140分) 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル    マイケル・ケイン    リーアム・ニーソン    モーガン・フリーマン    ゲイリー・オールドマン ★ストーリー... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 22:06

» バットマン ビキンズ [ベルの映画レビューの部屋]
ワーナー・ホーム・ビデオ バットマン ビギンズ 特別版 (2005) 出演 クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)     マイケル・ケイン (アルフレッド)      リーアム・ニーソン (ヘンリー・デュガード     モーガン [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 23:03

» バットマン ビギンズ(Batman Begins) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2005年 アメリカ映画 140分 アクション 採点★★★ ティム・バートンの溢れる作家性とこだわりが炸裂しスタートしたシリーズも、ジョエル・シューマカーによって、新宿二丁目的ギラギラしたショーパプ状態とな... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 00:38

» 映画「バットマン・ビギンズ」(クリスチャン・ベイル主演)DVDを購入 [hirxx-blog]
昨年公開された「バットマン・ビギンズ」です。劇場で観て、バットモービルやバットマ... [続きを読む]

受信: 2006年4月22日 (土) 17:51

» バットマンビギンズ [映画、言いたい放題!]
ハリウッド映画に出ている渡辺謙氏を見たくて。 「ラストサムライ」は未見。 「ビギンズ」というのだから その生い立ちを説明しなければいけないのはわかるけど 長~~~い。 途中で飽きた。 そういえば他のバットマン映画、観てなかった。 つまり、私、バット... [続きを読む]

受信: 2006年6月12日 (月) 00:31

» [洋画 は行] コスプレ男の代表格ですよ。 [ひとりよがりなブログ 【マスカット・ブログ】]
なんでヒーローは、コスプレ好きなんですかね。 Read more... [続きを読む]

受信: 2006年7月14日 (金) 18:31

» 映画vol.85 『バットマン ビギンズ』 [Cold in Summer]
 『バットマン ビギンズ』*録画 監督: 出演:ゲイリー・オールドマン 渡辺 謙  HP 我らが「謙」さんが出演!やっと観賞です。 さらに以前から好きな俳優さん、「ゲイリー・オールドマン」も出演。 あまりに普通&良い人の役で、顔... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 11:05

» バットマン・ビギンズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『バットマン』シリーズは、イマイチ好きじゃない。でも、クリスチャン・ベールはカッコイイから観ようかなぁ?とも思っていた。念願叶い、WOWOWで鑑賞?【story】大富豪ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、幼い頃に目の前で両親を殺された。彼は、自分の恐怖心... [続きを読む]

受信: 2007年4月 1日 (日) 13:20

» バットマン ビギンズ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 18:15

» バットマン・ビギンズ [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ヒース・レジャーの遺作となったダークナイト。8月9日の公開を控えて,実はバットマン・シリーズを未見の私は,そもそも「バットマンとは何ぞや??」という問題を解決すべく,バットマン・ビギンズをレンタルしてみた。 あらすじ: 両親を殺害されたブルース・ウェイン... [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 20:29

» バットマン・ビギンズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 実を言うと「バットマン」シリーズは大好きなんです。特にティム・バートン監督の「バットマン」と「バットマン・リターンズ」が好きなんですが、この「バットマン・ビギンズ」でバットマンを務めるクリスチャン・ベイルが会見で「これまでのバットマンは観てません」... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 20:43

« 『大統領の理髪師』韓国の年代記にして心に沁みる人情劇。 | トップページ | 『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。 »