« 『007/慰めの報酬』哀愁のボンド、Dクレイグが魅せる! | トップページ | 『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 »

2009年2月 7日 (土)

『フェイク シティ』やっと役者・キアヌが戻ってきた!

fakecity01.jpg

 はい、みなさんこんばんわ。
 この頃手放しでオススメできない作品が多くてへきえきしておりましたが、久々にこの作品はもろ手を挙げてオススメいたします!
 たっぷりと脚本の妙味、登場人物の誰一人、信じられない疑惑だらけの世界を堪能していただけますよ。

 でもこのお話はネタバレしないために、今回のお話はいつもよりずっと少ない目ですよ。え?それは良かった、いつもクドくて長いから“へきえきしてた”?まあ、失礼な。

 ◆既出記事:一覧リストはこちら


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

 L.A.P.D…ロサンゼルス市警察の警官、トム・ラドロー(キアヌ・リーブス)は“ガンマン”の異名を取るほどの拳銃の名手であり、凶悪犯に対してはいかなる捜査手段も辞さずに遮二無二ターゲットとして“狩る”ハンターでもあった。
 彼の所属するのは“風紀班”と呼ばれる部署で、フォレスト・ウィテカー演じる部長のジャック・ワンダー以下、チームが一丸となってロスの暗部を徹底的にえぐり出すことに成功しては、署内での評価を高めていた。

 しかしどんな部署にもキナ臭さがあるのが常で、トムも以前相棒だったワシントンとの内部告発の件で因縁深い確執を抱えていた。ある日のこと、トムがたまたまコンビニエンスストアに侵入しようとした二人組のマシンガン強盗を目撃したことから、事態は急転直下することに───

fakecity02.jpg
 まず、『フェイク シティ』この邦題はよかった。オリジナルの『Street King』はある事柄を示唆してはいますが、魅力的じゃない。珍しく邦題の方が大正解でしたね。  ただ、メインコピーにある「最初に頼れるのは、魂か。弾丸か」というのは違う。これではまるでキアヌ=ラドローが真面目一本な正義の警官のよう。

 脚本が『L・Aコンフィデンシャル』のジェームズ・エルロイというだけで、すでに観客は全員を疑って観てしまうので、ある意味彼の旧作を知らない人の方がより楽しめるのではないでしょうか。
 でもね、出てくる警官たち、誰も誰も、悪い顔してるの。疑えばキリがないくらい、みんな悪い顔なのね。ある意味、ジェームズ・エルロイが原案・脚本ということで作る側も観客が「さあ、くるぞ、誰が犯人だ、誰が敵だ?」と構えた上で観に来るのが分かってるのね。

 逆に、スラム街の麻薬の売人たちとかの方がよっぽど憎めない可愛らしい顔をしてる。ここらのキャスティングも意識してそうしてるとしたら、プロデューサーも監督もかなり“ワル”ですね。

 ひねこびた見方をすれば、最初から怪しそうなヤツ、実はそうでないヤツが結構見て取れる。話が進むにつれて「ほうら、やっぱりね」と思うことも多いと思います。
 それでも、カラクリの糸をほどいてゆく楽しさは一級品。

fakecity03.jpg
 この作品のテーマの凄みは犯人捜しではなく、物語を見終えた時点で顔を上げて全体を見直して現実を思い出したときに、果たして自分の周りのことに考えが及んでゾーッとなることなんです。  ハマープロの怪奇映画じゃないですが、観てるときは「なにあれ、ちゃっちいメイクと陳腐な話で、全然恐くないわ」と思ってたのに、家に帰ってお風呂に入ろうと独りになったとき初めて小さな物音にさえビクつき、「ああ、あんなの観に行くんじゃなかった」と後悔している自分に気づくのですね。

 かつてクリント・イーストウッドの傑作シリーズ『ダーティハリー』は、悪に対してためらうことなく容赦のない鉄槌を下し、悪党に対してはこれくらいでないとイカンのだ、と単純に溜飲を下げたものでした。

『L・Aコンフィデンシャル』では、さまざまな生き様の警官がそれぞれ汚いことや勝手な事をやりつつも、観ているものに「正義ってなんだ、警官の魂ってなんだ」という疑問を投げかけましたね。

 でもあれから12年、「正義とは何か」というテーマは同じでも、切り口が全然違う。『L.A.~』はなんだかんだ言っても最終的にはストレートな表現でスカッと終わってますが、『フェイクシティ』はずいぶん屈折しています。 
 “警察の正義”とは、正義という“仕事”なのか、言い換えれば“しょせんは正義という名を振りかざした商売”なのか?と、いうなればタブーの領域。理屈では分かっていても、できることなら考えたくない事実を突きつけてくる。
 しかも見た目はアクション映画なので真っ向からではなく、背中からジワジワとテーマが突き刺さってくるのです。

 なんて怖い話でしょうか。これが、『L.A.~』以来12年、さらに磨きの掛かったジェームズ・エルロイの手腕なんですね。

fakecity04.jpg
 きっとこの作品をごらんになった方の多くがその結末に「お、おいおい!?」って突っ込まれることでしょう。  そこでこの映画とキアヌの演技の評価が分かれるかも知れませんが、そう思わせるところが実は作り手たちの思うつぼ。  そう言う意味では、サブタイトルの「ある男のルール」という補足が活きているのかも知れませんが、もちろん見たままの単純な意味ではありません。もっともっと深いところにこの映画の怖さがあります。

 ところでこの映画、銃撃戦もそうですし、かなりリアルな死体がバンバン登場するんですが、15禁とかじゃないんですね。いや、私は子供に残虐なシーンを見せるのは大賛成です。人が死ぬとこんな惨いことになるんだという事を知らないから、その恐ろしさが分からない。

 こんなインタビューを思い出しましたよ。
 どっかの冒険家に記者が訊ねました。「あなた、独りで山に籠もっていて狼やクマが恐くありませんか」
 冒険家は応えていわく。
「彼らは腹が空いてない限り襲っては来ない。私は人間の方がずっとオソロシイ」
 
 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

 最後まで読んでくださってありがとうございます。ちなみに私───
▼▼日本ブログ村のランキングに参加中です。まあ、そこそこできた記事やんか、と思われたらクリックして温かい一票をお授けくださいませ。


にほんブログ村 映画ブログへ  にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ  にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


-------------▲▲GoogleAdsense広告▲▲-------------

|

« 『007/慰めの報酬』哀愁のボンド、Dクレイグが魅せる! | トップページ | 『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 »

【アクション】」カテゴリの記事

【人間ドラマ】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんばんは。
私もフェイクシティ見てきました。本当に面白かったです。「キアヌが戻ってきた」まさにそんな感じですね!

投稿: lifeonmars | 2009年2月 7日 (土) 23:20

lifeonmarsさん、いらっしゃいませ!
キアヌ、還ってきたんですが今回も別な意味で悪魔に魅入られた男でしたよね。
つくづく、悪魔に縁のある男らしい…彼ならではの独特な無表情さがそれに拍車を掛けてますね。

さてさて玄人好みなこの作品、人気出ますかねえ…

投稿: よろ川長TOM | 2009年2月 8日 (日) 01:06

こんばんは、よろ川長TOMさま♪
久々大絶賛ですね~♪
ともやは時間が作れなくて、試写会観に行けなかった~(しくしく)!
ともやは劇場鑑賞をあんまりする子じゃないので、DVDまで我慢します(しくしく)。

ジェームズ・エルロイ脚本はかなり気になってるんですけどね~。

投稿: ともや | 2009年2月 8日 (日) 04:44

「L.Aコンフィデンシャル」も面白い映画でしたから、期待大ですね。レビュー読ませて頂いてますます楽しみになりました。
キアヌの制服姿は似合いますね。

投稿: samurai-kyousuke | 2009年2月 9日 (月) 07:19

ともやさん、まいどです!…って、あれれ?試写行き損ねたんですか。もったいね~~。
脚本もですが、撮影がなかなかがんばってます。やたらリアルなので、LAってこんな所!?コウェ~って思ってしまう。ヒットしたらしたで、観光に悪影響あるんとちゃうかしら…


samurai-kyousukeさん、毎度です!
期待度を上げることができたみたいで、これ以上の喜びはありません。そうそう、冒頭では私服なんですが、たしかにキアヌは制服の方が似合うんですよね。
顔立ちが上品というか端正だからかなあ。その分、物語の裏に秘められた彼の精神構造みたいなのを考えたとき、ぞーっとするのかも知れません。

投稿: よろ川長TOM | 2009年2月10日 (火) 09:52

ずいぶんと評価されてますね~!
あたしも楽しく観れたのですが、
あまり評判が良くないので、あれ?と思ったのですが、
安心しました( ´艸`)

投稿: miyu | 2009年2月14日 (土) 17:39

miyuさん、いらっしゃいませ!
うーん、褒めすぎましたかね?(-_-;)でも昨今の薄っぺらい作品のラインナップの中では、ひさびさに楽しめたもので…
特に前作『地球が…』はヒドすぎました。本家ブログでは「キアヌ、仕事選べよ」とまで揶揄しましたんで…それがこのタイトルに反映してるんですが。

投稿: よろ川長TOM | 2009年2月14日 (土) 22:11

こんにちは~。
邦題はなかなか気が効いてましたね(^^)
ただ、私もカラクリの糸を解きほぐす部分は楽しんだし、
最後まで飽きることなく見ていたのだけど
結論には「やっぱり?」で、
恐さというよりは諦めに似た感覚を持った感じでした。

ってことで、あまり共通点がないと思いながらも「必殺」を考えていたわけです(^^;

投稿: たいむ | 2009年2月17日 (火) 19:55

たいむさん、毎度です!
いやいや、私も『殺し』を商売と割り切るか、『悪人退治』ということで崇高な仕事として大義名分を考えるか…という切り口として、そっちも連想したんですよ。

予想通りウケの悪い映画のようですね~。
観客を選ぶタイプの作品だから当然といえば当然ですけど。

投稿: よろ川長TOM | 2009年2月19日 (木) 17:58

こんにちは{笑顔} いつも有難うございます
私も邦題の方が 内容に合っていて良かったと思います。
映画の初めに本タイトルが出て??と思いましたから
キアヌの作品で前回「地球が。。」を期待して観に行って
{落ち込み}なんだかなぁという感じでしたが
今回の作品の方が面白くて かなり{OK}良かったです

投稿: エビマヨ丼 | 2009年3月 8日 (日) 16:47

エビマヨ丼さん、いらっしゃいませ!
『地球が…』の方はあまりにもイタタタタでしたんで、ハブ・ブログの『ブツクサTheCINEMA』でこきおろしております。
(http://tomzone-s.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-215c.html)
よろしければまたご覧ください。

投稿: よろ川長TOM | 2009年3月 8日 (日) 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585163

この記事へのトラックバック一覧です: 『フェイク シティ』やっと役者・キアヌが戻ってきた!:

» フェイク シティ ある男のルール [象のロケット]
事件解決のためには手段を選ばないロス市警の刑事トム・ラドロー。 同僚からも面白く思われていないが、上司のワンダーだけは彼を理解しかばってくれていた。 かつてコンビを組んでいたワシントンが、ラドローを恨んで彼の強引な違法捜査を、署内の不正を取り締まる内部... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金) 22:49

» 「フェイクシティ ある男のルール」キアヌ、クールに熱血?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
 前作「地球が静止する日」に続いて、キアヌの主演作が公開!「フェイクシティ ある男のルール」(20世紀FOX)。スクリーンで、しばらく見ないと思ってたら、今度は連チャン。あ、でも今度は来日してのラーメン屋巡り…もとい!キャンペーンはないようですね(^^;。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 11:08

» フェイクシティ ある男のルール [めでぃあみっくす]
悪役になりきれていない人たちが集まったような映画でした。正直主人公のダーティーぶりもどこか物足りなく、黒幕も始めから臭さが漂ってばかり。映画としては決して面白くないものではないのですが、これが『L.A.コンフィデンシャル』の原作者が書き下ろした脚本と聞くと... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 15:31

» フェイク シティ ある男のルール [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『最期に頼れるのは、 魂か、弾丸か。』  コチラの「フェイク シティ ある男のルール」は、昨年末に「地球が静止する日」が公開されたばかりのキアヌ・リーヴスが極限に挑んだ2/14公開のPG-12指定のクライム・アクションなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ?♪ ... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 17:38

» フェイクシティ ある男のルール-(映画:2009年8本目)- [デコ親父はいつも減量中]
監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモンコーツ、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス 評価:79点 相変わらずかっこいいキアヌだけど、アップになると少し老け... [続きを読む]

受信: 2009年2月14日 (土) 23:28

» フェイクシティ ある男のルール [SUPER BLOG.JP]
舞台はロサンゼルス。キアヌ・リーブスが主演ですが。ボクはフォレスト・ウィッテカ... [続きを読む]

受信: 2009年2月15日 (日) 21:22

» フェイクシティ ある男のルール/Street Kings [いい加減社長の日記]
「地球が静止する日 」は、いまいちだったけど。 予告編では、かなり面白そうだったので、「フェイクシティ ある男のルール 」を鑑賞。 でも、「地球が静止する日 」も、予告編は面白そうだったけど^^; 「UCとしまえん 」は、人が少ない感じ。 「フェイク... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 06:10

» 「フェイク シティ ある男のルール」 [クマの巣]
「フェイク シティ ある男のルール」、観ました。 ロサンジェルスの刑事トム・ラドローは不幸な過去のために破滅的な捜査を繰り返しし□... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 15:29

» フェイクシティ ある男のルール [日本サッカーホールディングス]
久々に映画を見てきました。 なんだか最後は文句を言われるのが イヤなので誰もが納得するように まとめましたっ、という感じですかね。 決して生ぬるい勧善懲悪ぢゃぁないんだ!ゼ 的なトーンで最後までいくのかと思ったら やっぱり“正義は勝つ”なのでした。 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月16日 (月) 23:17

» フェイク シティ ある男のルール [LOVE Cinemas 調布]
主演は『地球が静止する日』のキアヌ・リーブス。共演には『バンテージ・ポイント』で大統領暗殺の目撃者の一人を演じたフォレスト・ウィッテカー。内部調査部の刑事として登場するビッグスは私の好きなTVドラマ『ドクター・ハウス』シリーズで主人公を演じているヒュー・... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 00:07

» 「フェイク シティ ある男のルール」みた。 [たいむのひとりごと]
自分の信じる正義の為には手段を選ばない男(刑事)をキアヌが熱演・・・なのかな?冒頭ではなかなかのダーティっぷりを見せてくれたキアヌ演じるラドロー刑事だったけれど、キアヌなだけに「黒」というよりは限りな [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 19:36

» 映画『フェイクシティ ある男のルール』 [闘争と逃走の道程]
 うーん。どうも最近、モチベーションが湧かない。何をするにも気が重い。いよいよ僕も、精神がダメになってきたか。  そんな感じなんで□... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 23:29

» Street Kings (2008) [アヤは観た。]
邦題:フェイク シティ ある男のルール 監督:デヴィッド・エアー 出演:キアヌ・リーヴス、フォレスト・ウィッテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス、コモン、ザ・ゲーム、マルタ・イガレータ、ナオミ・ハリス、ジェイ・モーア、ジョン・コーベット、アマウリ... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 13:03

» 『フェイク シティ ある男のルール』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
今回観たのはキアヌ・リーヴス主演のクライムサスペンス、『フェイク シティ ある男のルール』。 いやー、久しぶりにキアヌはかっこいい役をやってますねー。 ******************** “LA暗黒四部作”などで知られる犯罪小説の巨匠ジェームズ・エルロイが書き下... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 23:33

» 映画:フェイク シティ ある男のルール [よしなしごと]
 友人がこの映画の試写会にたくさん当たりすぎて、みんなに試写会の券を配っていました。すべて平日だったので試写会には行けませんでしたので、映画館でフェイク シティ ある男のルールを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年3月10日 (火) 03:09

» 『フェイク シティ ある男のルール』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじロス市警のラドロー刑事は、事件解決のためには手段を選ばず、強引なやり方を貫き通す男。上司のワンダー警部だけは彼を理解し、かばってくれていた。そんな時ラドローは、かつてコンビを組んでいたワシントン刑事が彼の違法捜査を密告していることを知る・・・。... [続きを読む]

受信: 2009年6月 4日 (木) 07:39

» フェイク シティ ある男のルール [あず沙の映画レビュー・ノート]
2008 アメリカ 洋画 アクション 刑事 作品のイメージ:カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ 出演:キアヌ・リーブス、フォレスト・ウィテカー、ヒュー・ローリー、クリス・エヴァンス ロス市警の刑事トム・ラドロー(キアヌ・リーヴス)は、正義のために自... [続きを読む]

受信: 2009年6月 9日 (火) 19:11

» フェイクシティ ある男のルール [Addict allcinema 映画レビュー]
最期に頼れるのは、魂か、弾丸か。 [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 03:00

« 『007/慰めの報酬』哀愁のボンド、Dクレイグが魅せる! | トップページ | 『バーン・アフター・リーディング』天動説型人間たちの不幸な交錯。 »