« 『U・ボート』戦争映画で伝えられること、伝えねばならないこと。 | トップページ | 『フライボーイズ(Flyboys)』何かを求めて異国の空に戦いを挑んだ若者たちの未来は…? »

2007年10月 8日 (月)

『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの

Panslabyrinth_01
 ひさびさにファンタジックなお話を観させてもらいましたが、こんなに哀しく、いろいろと考えさせられるお話も久しぶりです。

 『パンズ・ラビリンス』。パンズ、なんでしょうね。パンの複数形?まさかね。
 これね、パンっていうからいけないんです。パーン。またはパアン。そう書くと神話ファンならああ、牧神パーンのことか、ってパンと…いえ、ピンと来られるはず。
 ラビリンスは迷路とか迷宮という意味というのはご存じですよね。デビッド・ボウイ主演の映画もありましたね。

 それにしても配給会社、あいかわらず邦題の付け方がまずいですね。直訳して『牧神の迷宮』のほうがなんかカッコ良くないですか?ヘンな邦題はつけるくせに、なんで解りにくい原題ほど換えてくれないんでしょうね。せっかくいいお話なのに。
 さて、愚痴っていてもこのお話の良いところは伝わりませんので、さっそくネタバレなしでご紹介してゆきましょうね。

 この映画、スペイン・メキシコ・アメリカの合作映画で、オリジナル作の言語はスペイン語です。
 アメリカ以外の映画では毎回独特の緊張感を覚えます。というのも、ハリウッド映画でのスリルなシーンはたしかにハラハラしますが、エンターテイメントの要素が高い上に、端役でさえある程度出演する俳優のネームバリューを知っていますので、心のどこかでは「この人はあっけなく死ぬなあ、けどこの人は絶対助かるやろ」というのが判ってしまうことがありませんか。
 でも見知らぬ国の俳優さんではそうした予備知識がないので、危険なシーンは最後の最後まで「助かるんだろうか、死ぬんだろうか」という緊張感があるんですね。
 さらに主演のオフェリアを演じているイバナ・バクエロがとんでもなく巧い。子供ならではの、いろんな不安や恐怖で今にも折れてしまいそうな儚さは世間ずれした昨今の子役には見られないものですし、彼女の持っている上品さがそれをいやが上にも増幅しています。

Panslabyrinth_02

 お話はとんでもないところから始まります。
 哀しげな女性のハミング、薄闇の中で鼻孔から血を流して倒れ、苦しげな最期の息の下から何かを見つめている少女の視線。
 もう、この時点でこの作品がファンタジーなどではなく、たとえそうだとしても『はりぽた』や『指輪物語』などとは一線を画したものだということが判ります。
 少女の名はオフェリア。やがて時間が逆に流れ始め、「むかし、むかし…」と童話を読み上げるナレーションが入る───

 場面は変わり、軍人たちに伴われながら身重の母親と共に自動車でどこかへと向かうオフェリア。
 行き着く先は母親の再婚相手である軍人が治める軍事拠点なのですが、どうやら体調がおもわしくない母親は森の一本道で車を止めさせます。オフェリアは車を離れ、ひとりであたりを散策するうちに奇妙な石とそれが欠け落ちたらしきもとの石像を見つけ、はめ込んでみると、像から妖精が現れ、いざなわれた迷宮で出逢った牧神はオフェリアが地の底の国の王女の生まれ変わりだと告げる───
 こうしてお話は進んでゆきます…。

 『ナルニア国物語』も時代背景としては第二次大戦中という設定で、戦時下という“超現実”に対して物語の中核は間逆な“非現実的世界”という事にしたかったのかもしれませんが、現実として起きている戦争の表現はかなりお座なりで対岸の火事的な扱いでした。
 いや、むしろ『ナルニア国物語』ではおとぎ話の世界の中の方でこそ血なまぐさい戦いが延々と繰り広げられ、主人公たちも魔物を殺す殺す…生命の扱いのなんと軽かったことか。あれには呆れましたねえ。

 反対に『パンズ・ラビリンス』では、背景となるスペイン内戦後の社会事情こそが物語の中核をなしていて、これにかなりリアルで悲惨な戦闘シーンと、人々のあっけない死に様を濃く深くキチンと描くことで、逆にくっきりと浮き彫りになった生命の意味を問うてくるのです。

 いや、むしろ童話というものは本来がそうしたものなのかもしれません。

 この映画の最初に語られる『地上世界を夢見たけど、お日様の光を浴びて死んでしまう地底の王女様』の話もむごい。しかし『赤ずきん』『マッチ売りの少女』『人魚姫』『王子とつばめ』『白雪姫』などなど、どれも必ず誰か死ぬんですね。しかもほんとうに簡単に「誰それは、しんでしまいました」で片付けている。
 だけど、これもよくよく考えると、西洋のおとぎ話の多くは生命の尊さよりも、生命の儚さを語ったものなのでしょうね。
 そういう意味でこの『パンズ・ラビリンス』も同じスタンスではないかと思うのです。

 あいにく私は童話をほとんど読んだことのないヒネたガキでしたので、長じてから初めてイソップやグリムを知ったときには「まあ、なんてムゴたらしい話なんやろか」としか思わなかったんですね。おまけに外国製の絵本を見ると、ほとんどが色合いもタッチもおどろおどろしい。そういう意味ではこの作品はいかにも西洋おとぎ話らしい雰囲気を漂わせています。
 しかし最初に申し上げたように、この作品は太陽の国、スペインとメキシコの合作映画なんですね。まあアメリカは単に特撮部門だけの参加だと思うのですが。

 さて童話を知らない私なんかの童話論は置いといて、徹底したリアルさを追求してそこまで背景となる時代をキチンと描こうとしているこの『パンズ・ラビリンス』という作品、背景であり根底でもあるスペイン内戦のことを知ってから観ると、ずいぶん見え方・感じ方が変わってきます。

 私も無知だったので、見終わったあとに時代背景を少し調べてみました。というのも、冒頭に字幕で出る「1944年のスペイン」。これ、日本で言えば太平洋戦争末期の昭和19年。B29の絨毯爆撃が繰り返され、軍部は隠していたけど実はあちこちで日本軍が負けまくっていた頃です。

 今もスペインではバスク・カタルーニャ地方の独立運動に関係する哀しいニュースが流れたりしますが、実はこの問題、1914年~18年の第一次世界大戦の頃からずっと続いていることだったんですね。
 これにスペイン革命が絡んで1936年から内戦となり、歴史の必然ともいえる“内乱が起こると漁夫の利を求めて他国が政治介入”が起こって内戦は泥沼化しながら三年も続くことになるんですね。
 しかも、やっとこの戦いが反乱側の勝利で収まりかけた頃、こんどはヨーロッパがまるごと第二次世界大戦に突入。戦争は終わったものの、この映画の舞台となる1944年のスペインはもう、今のイラクみたいに無茶苦茶だったんでしょうね。

 我が国の“勝てば官軍”のことわざ通り、負けた元の政府軍(人民戦線)はもちろん、支持した人々や地方はそのまま弾圧される側になっていったわけで、その時多くの知識人などは人民戦線側を応援していたメキシコへ逃れたのだとか。
 つまり今もメキシコにはスペイン内戦の記録や当時を知る人もまだおられる可能性も高いわけです。もしかしたら今回の合作の理由のひとつになっているのかも知れません。

Panslabyrinth_03

 主人公オフェリアの義理の父となるビダル大尉はもと反乱軍、つまりこの物語の時点での政府軍の職業軍人。
 頭脳明晰だけれど残忍な性格で、敵である人民戦線の生き残りゲリラに対しての仕打ちや拷問では目を覆いたくなる行為の数々を披露します。それこそあまりに生々しいので18禁クラスの映像ですが、いわばこれこそが本当の戦争の現場、これが殺人の実際なんですね。
 日本はすぐに「子供には見せられない」等々の理由でそうした映像や画像にフタをして見せないようにし向けますが、見たことがない子供だからこそロクに考えもせずに残虐な手段で人を殺し、さらには親を殺す武器をショップで買うような神経になるのではないでしょうかねえ。

 そもそも自衛隊がアメリカから買っている戦闘機も武器も、人を殺すためだけに作られ、使われるものです。これが現実です。ナイフは他に使いようがあるけれど、銃は殺傷目的以外には使えない。どんなに綺麗事な映像に仕立てても、人が死ぬということ、殺し殺されるということがどんな意味を持つのかは昨今の従軍記者殺害事件でもご覧の通りです。

 余談ついでに、今も昔も「俗悪なマンガなんか読むな、新聞を読め読め」と文◯省や教師たちから言われ続け、最近の少年犯罪の手本はマンガだみたいないわれ方さえされてますが、私は新聞やニュースの方が余程残虐で非道なネタの宝庫だと思いますがどうですか。…というか、新聞って他人の不幸のカタログでしょう。読むと気が滅入りませんか。
 そもそもマンガはいくら残酷でも所詮フィクションですからねえ。本物にはかないません。

 閑話休題。

 そういう意味でも、西洋のおとぎ話が残酷なのは、現実の人間が持つむごさ・醜さを幼いうちから自然に学ばせるための生活の知恵だったのかも知れませんね。美味しいフライドチキンはまず鶏の首を切り落として血を絞るところから始めるのだぞ、ということをちゃんと知っておけ、ということですね。
 ですからこの作品、安物の教育評論家が言いそうな、大人向けとか子供向けとかで分けられるような薄っぺらいものではないんですね。もちろん、面白いとかつまらないとか、昨今のステレオタイプな映画評では片付けてはいけません。
 これはいろんな世代、いろんな体験をしてきた人ごとに見方が変わるはずの傑作です。だから誰かにとっては一生を左右する作品であり、誰かにとってはまったくのお金のムダになる、そんなタイプのすごい作品。

 酷たらしい死のシーンの数々は、主人公の運命である“死と再生、再生のための死”ともダブります。そう考えると、哀れな死に方をしてこの世を去ったものも、また新たな希望を持って生まれ変われるのだとも受け取れます。
 同時に、オトナの事情の極みである戦争のために今も世界中であっさりと失われてゆく様々な命の儚さに対する怒りであり、レクイエムとも受け取れて。
 ほんとうに色々なことを考えさせてくれますが、こんな風にうがった見方もできれば、単純な“可哀そうなお話”とも受け取れる、まさに童話らしい作りだとも言えます。

Panslabyrinth_04

 最後に、毎度のことですが日本版ポスターに選んだ画像と、添えられた短絡的な宣伝コピーには異議を唱えたい。
 どうやら配給会社は一種の夢オチだと思っているようですが、そんな安っぽい解釈はあまりにも想像力が乏しい。だったらチョークでやった瞬間移動は説明できないし、マンドラゴラも存在しなかったことになる…なんて書いても、ご覧になってなければワケわからんからネタバレにはならないし、むしろ気になるでしょう?

 いずれにせよ、ぜひご自身の目で確かめていただきたい作品です。

 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

|

« 『U・ボート』戦争映画で伝えられること、伝えねばならないこと。 | トップページ | 『フライボーイズ(Flyboys)』何かを求めて異国の空に戦いを挑んだ若者たちの未来は…? »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
とってもわかりやすくためになるレビューでした☆
どっちも現実という考え方も。。。ありですねー。そう考えるとラストはハッピーエンドですかね。私は悲しくてあのラストがなかなか受け入れられなかったのだけど。。。
タイトル、、、映画をみるまで「パンズ」ってどんな意味なんだろう?ってずっと不思議でした☆

投稿: きらら | 2007年10月13日 (土) 19:30

きららさん、いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。
日本でも室町や戦国時代の庶民みたいに「死んだ方がマシ」と考えたくなるような時代もあるように、『フランダースの犬』や『マッチ売りの少女』などは死ぬことでやっと救われたのだ、というとらえ方もできますから、あのラストが同時に物語の始まりでもある作り方はそういう意味だと思いたいですね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: よろ川長TOM | 2007年10月13日 (土) 20:41

TBありがとう。
重たい公式サイトはうんざりしますね。
配給会社が、なにか勘違いをしているんですね(笑)

投稿: kimion20002000 | 2007年10月16日 (火) 23:08

kimionさん、いらっしゃいませ!
配給会社がkimionさんほどに深く読み込むほど作品を愛していたら、間違ってもあの宮殿での写真をメインイメージに使うこともなかったでしょうねえ。
意図的にファンタジーっぽく見せたかったにしても、結局観客をだますことに何の意味があるのかなあ…って思うこと毎回です。
これからもよろしくお願いします!

投稿: よろ川長TOM | 2007年10月16日 (火) 23:30

いやぁ~、残酷な童話の世界を堪能いたしました。悲しみと安息が背中合わせに共存するラストも印象的でしたね。

投稿: samurai-kyousuke | 2008年5月22日 (木) 14:45

samuraiさん、すみません、コメ返しが遅くなりました。
そうなんですよ、安息を感じますよね。死ぬことで妖精の国へ帰れるんだ、というのはファンタジーではよくあることですが、生きることの方が辛いというのはたしかにある。
死=最悪の結末と考えるのは短絡的なんでしょうね。

投稿: よろ川長TOM | 2008年5月31日 (土) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585143

この記事へのトラックバック一覧です: 『パンズ・ラビリンス』本来童話とは現実の残酷さを教えるもの:

» Pan's Labyrinth 「パンズ・ラビリンス」 [表参道 high&low]
大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 19:09

» パンズ・ラビリンス [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
本年度ベスト1映画に決定か! [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 19:56

» パンズ・ラビリンス [描きたいアレコレ・やや甘口]
いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリアは、めったに笑顔を見せてくれない。 それ故、彼女の笑った顔は、心に残る. [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 20:15

» パンズ・ラビリンス [Diarydiary! ]
《パンズ・ラビリンス》 2006年 スペイン/メキシコ/アメリカ映画 - 原題 [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 20:33

» 「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 21:19

» パンズ・ラビリンス [悠雅的生活]
暗黒の森の迷宮が少女を手招きする… [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 23:47

» 「パンズ・ラビリンス」人生はおとぎ話じゃないけれど [再出発日記]
「人生はおとぎ話じゃないのよ。現実は残酷なものなの。」内戦終結後もフランコ軍への抵抗運動が続く1944年スペインの山岳地帯。少女オフェリアは、臨月の母と共に再婚相手のフランコ軍大尉の駐屯地にやってくる。大尉は非情で残酷、罪無き者を平気で殺し、母を子供を... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 23:47

» 「パンズ・ラビリンス」を観る [紫@試写会マニア]
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 00:18

» パンズ・ラビリンス [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 10:15

» パンズ・ラビリンス 90点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
王女だなんてパンパパン 信じはしないわパンパパン♪ 公式サイト 『ブレイド2』『ヘルボーイ』など、ダーク系アメコミ映画を手がけてきたギレルモ・デル・トロ監督の、戦時下のスペインを舞台とした最新作。 予告編やCMなどの印象では、戦乱の時代に少女が魔法の世... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 10:32

» パンズ・ラビリンス  称号:良作 [映画細胞~CinemaCell]
1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉 [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 13:10

» パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 23:09

» パンズ・ラビリンス [小部屋日記]
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 23:24

» mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 02:35

» 映画パンズ・ラビリンス [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 06:20

» 「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。 {/hiyo_en2/}迷宮、すな... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 22:10

» パンズ・ラビリンス(映画:2007年115本目) [デコ親父はいつも減量中]
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 評価:89点 公式サイト (ネタバレあります) 第79回アカデミー賞ではアカデミー撮影賞、アカデミー美術... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 22:16

» パンズ・ラビリンス [シネクリシェ]
 きわめて前評判の高い作品で、日本で紹介されることが未だにめずらしいスペイン映画ということもあって、かなりの期待をしていました。  しかし、自分の好みかといわれれば首をかしげざるを得ませんでした。   [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 06:02

» パンズ・ラビリンス [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ?♪  既にご覧になられた方の間では、か... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 22:37

» 『パンズ・ラビリンス』 [Sweet* Days**]
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 07:13

» パンズ・ラビリンス/イバナ・バケロ [カノンな日々]
10/5に公開された作品の中では文句なしの本命映画です。内容よくわかんなくてもあの予告編の印象、その映像美だけでドキドキさせられちゃうものがありましたね。各映画賞受賞うんぬんの肩書きなんてのはともかくとして、期待のダークファンタジーです。 出演はその他に... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 11:14

» パンズ・ラビリンス [Akira's VOICE]
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。 [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 15:35

» 『パンズ・ラビリンス』 [紫式子日記]
なんかまだAmazonにサントラしか出てないので 暫定的に貼っておきますね。 パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック ★公式サイト 「パンズ・ラビリンス」の映画詳細、映画館情報はこちら >> えへへ。 観にいった。 観にいっちゃった。 1944年の... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 21:31

» 「パンズ・ラビリンス」(2006・墨西・西・米) [MY HIDEOUT私の隠れ家]
全国ロードショー中です。"ELLABERINTODELFAUNO","PAN'SLABYRINTH"監督、脚本・・・ギレルモ・デル・トロ出演・・・イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ、エウセビオ・ラサロ、パコ・ビダル、... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 00:20

» パンズ・ラビリンス [I N T R O]
自由を求める魂の神話 / (ネタバレの可能性あり!)「ダーク・ファンタジー」という枕詞が目に付く本作だが、この作品の根底にあるどす黒さ・禍々しさは「ダーク」などという形容詞では到底表現しきれていないのではないだろうか。昨今の清く正しいファンタジーブームの影... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 20:15

» 【劇場映画】 パンズ・ラビリンス [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 21:35

» パンズ・ラビリンス 観てきました。 [よしなしごと]
 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。 [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 01:34

» パンズ・ラビリンス [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。 それを確かめ... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 22:33

» 『パンズ・ラビリンス』 [映像と音は言葉にできないけれど]
映画の中でビダル大尉は周囲からカピタン(Capitan)と呼ばれていましたね。彼の威厳を示すかのように何度も何度も...。これで思い出したのが行進曲「エル・カピタン」。 [続きを読む]

受信: 2007年10月21日 (日) 16:17

» パンズ・ラビリンス [空想俳人日記]
尾てい骨 頭蓋骨から 心臓へ   なんだか久しぶりです、ナメクジに尾てい骨をむじむじ齧られるような感触の映画を観たのは。しかも、ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」のときのような、頭蓋骨の内側から除夜の鐘をくわんくわん鳴らされた驚愕も味わいました。ち... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 14:27

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Pan's Labyrinth この映画での"PG-12"の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 14:15

» パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害 [気ままにランダムハート]
情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。 [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 18:47

» パンズ・ラビリンス [to Heart]
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 13:16

» 「パンズ・ラビリンス」 [或る日の出来事]
これから観ようと思っている方へ忠告。 少女が主役の可愛いファンタジーと思ってはいけません。圧倒的に残酷な戦争の現実を直視した、重い作品。 今年のアカデミー賞で、撮影・美術・メイクアップの各賞を受賞したことで、 [続きを読む]

受信: 2007年11月 2日 (金) 21:56

» ★「パンズ・ラビリンス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 03:03

» パンズ・ラビリンス [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ダークでビターな大人向けのファンタジーです。 舞台は、1944年、内戦終結後のスペイン。父をなくしたオフェリアは、母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地で、ビダル大尉の子どもを身ごもった母のカルメンと暮らしています。オフェリアは、体調の悪い母を心配し... [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 20:32

» パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚... [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 00:57

» パンズ・ラビリンス [映画、言いたい放題!]
ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、 あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで 気になって、気になって。。。 全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^; これから年末に向けてちょっと忙しくなりそうで これを逃すとビデオになって... [続きを読む]

受信: 2007年12月 5日 (水) 00:40

» 映画『パンズ・ラビリンス』 [健康への長い道]
水曜日、会社帰りに『パンズ・ラビリンス』を鑑賞。たびたび劇場で予告編を目にはしていたものの、いまひとつ興味は持てなかったのですが・・・。 あちこちのブログで結構評判が良いのと、少し映画を観ない日々が続いて何だか映画欠乏症になり、「ああ獵劇場... [続きを読む]

受信: 2007年12月 5日 (水) 23:33

» パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 [銅版画制作の日々]
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 00:00

» パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 [CARAMEL*PAPA]
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 17:35

» パンズ・ラビリンス [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ?♪  既にご覧になられた方の間では、か... [続きを読む]

受信: 2008年1月 7日 (月) 21:46

» 映画『PAN'S LABYRINTH』劇場鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
去年の10月に『スマステ』の「月イチゴロー」で吾郎ちゃんが、「コトイチ!(今年一番!)」と大絶賛していた映画『PAN'S LABYRINTH』をやっと観に行くことができました。 単館ロードーショー向けの作品なんですが、去年の10月に公開されたにも関わらず、口コミなどで話... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 15:58

» パンズ・ラビリンス [サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画]
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 01:32

» 「パンズ・ラビリンス」 [samuraiの気になる映画]
「ヘルボーイ2」大変待ち遠しいと言う事で、DVDで観賞したギレルモ・デル・トロ監督の「パンズ・ラビリンス」について少し。 「舞台は1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共に、母の再婚相手であるフランス軍のビダル大尉の駐屯... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 14:40

» 『パンズ・ラビリンス』 [・*・ etoile ・*・]
これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフェ... [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 02:22

» パンズ・ラビリンス [eclipse的な独り言 ]
 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて [続きを読む]

受信: 2008年5月31日 (土) 16:41

» 『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 11:10

» 『パンズ・ラビリンス』を観たぞ~! [おきらく楽天 映画生活]
『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです>>『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERINTODELFAUNO    PAN'SLABYRINTHジャンル: ファンタジー/ドラマ/... [続きを読む]

受信: 2009年8月 9日 (日) 22:44

« 『U・ボート』戦争映画で伝えられること、伝えねばならないこと。 | トップページ | 『フライボーイズ(Flyboys)』何かを求めて異国の空に戦いを挑んだ若者たちの未来は…? »