« 『デイ・ウォッチ/Day Watch(Дневной дозор)』こんな物凄いこの世の終末は観たことがない。 | トップページ | 『あさっての方向。』ふたりの女性の成長を描いたある夏の日の美しき詩。 »

2007年2月12日 (月)

『Gガール‐破壊的な彼女‐』あの命題に迫る!?画期的スーパーマンムービー!!

ggirlex01a.jpg

 はい、みなさんこんばんわ。
 スーパーマンとS◯Xしたらどうなんの?まあ、のっけからいやらしいですねえ。
 でも昔から気になるこのテーマに真っ向から挑んだ意欲作?がこの映画です、なんて書くと誤解を受けますが、とにかく楽しい楽しい、オトナのコメディの登場です。
 しかも無敵のスーパーガールはなんとあのユマ・サーマンなんですね。
 ユマ・サーマンでスーパーガールで◯E◯のお話。もお、むちゃくちゃです。

 さあ、どんなお話?ちょっとオコサマにはお話しできませんね。
 

 四半世紀ぶりに復活したスーパーマンを辛口のご意見で紹介したのはついこの前ですが、本家のスーパーマン続編よりも分家のスーパーガールよりも先に世界へ飛び出したのはなんとユマ・サーマン演じる『Gガール』。
 原題を『My Super Ex-Girlfriend』いうんですね。大文字、小文字はもとのままですが、頭だけ見るとしっかりSEXって単語がちりばめられてる。もう、いやらしい、いやらしいお話です。
 あら、そこのあなた、ニヤニヤと楽しそうですね。

ggirlex03.jpg

 主人公は建築設計の会社で若くして部長にまでなっている、マット・サンダースという男。これ、ルーク・ウィルソン(写真左)が演じてますが、とにかくそれほどブサイクでもないのにモテない。彼には無二の悪友のヴォーン(写真右)てのがいるんですが、寄るとさわると「おまえ、このまえいつ女と寝た?」みたいな話ばっかりで、まあ、男っていくつになってもこんなアホ話ばっかりしてるのか、って思われそうですね。
 この悪友、マットに「お前、こうしたほうがいいぞ、ああしたほうがモテるぞ」って余計なお節介ばかり焼くんですが、そういう本人の方がよっぽどブサイクでモテない。ちょっと可愛ければ誰でもおかまいなしに声をかけては「あたしに話しかけるな、永久に」ってフラれて。
 いますよね、こういう人。レイン・ウィルソンという人が演じているんですが、自分で劇団を率いているだけに、なんともいえない存在感といい味をしています。

 そんなふたりが地下鉄の中で見そめるのがユマ・サーマン演じる、ジェニーという“お堅そうな”女性。たまたまの災難をきっかけに急接近するマットとジェニーですが、彼女は実はGガールと呼ばれる、人々を危機から救うスーパーヒロインだったんですね。

 だけど、ものすごいパワーと能力を持った彼女は、力加減が難しいように、愛情の力加減も難しかったんですね。

 お話はもう、実際にご覧になってハラハラどきどき、アワワとウワワで楽しんでいただける方がよろしいでしょう。
 とにかくユマ・サーマンが楽しん演じてますね。恋と感情に振り回される役柄が実にうまく、とても可愛いです。いろんな意味で全面協力しているブルガリの衣装やアクセサリーも、女性の皆さんには見応えあるんじゃないでしょうか。

ggirlex02.jpg

 いわゆるオキマリのヒーロー衣装ではなく、毎回イメージだけを統一したスグレモノデザインという点でも、アメコミヒーローのダサさに対するアイロニーですね。
 もちろん、フツーの服です。弾丸なんて跳ね返せませんよ。

 また彼女、他の映画では見られないくらい、しゃべる、しゃべる。
 どういう経緯で彼女が主演に決まったのか知りませんが、37歳という年齢、『キル・ビル』などで知られるようにアクションもお手の物とはいえ、もともと知的美人というイメージからすれば、この作品の役柄は彼女だからかえって面白い。
 物語はマットの視点で描かれているので、彼の彼女に対する見方がどんどん変わって行くさま、そして普段は誰にも見せない自分をどんどん愛する人にさらけだしてゆくジェニーの変貌ぶりが見事です。
 またその過程で見せる、ジェニーのキレ具合がものすごいんですが、ひととのつきあい方が不器用で不器用で、愛したいけどどう愛せばいいのか、恋を楽しみたいけど楽しみ方の力加減がわからない…ということなんですね。これで悩んでいる人って多いんじゃないですか。

 実際、彼女の学生時代が描かれるシーンでは、かなりモテモテだったはずなのに、37歳になった今、なぜか独り身で愛情のはけ口に身をもてあましているという事実は、数々の失敗を物語っているんですね。しかもあまり学んでいない。
 愛情の洪水は時に相手にしてみれば迷惑千万なんですが、手前味噌ながら自分の恋愛の失敗ってこういうことなんだろうな、と身につまされることしかり。

 福田陽一郎氏 作・演出、細川俊之氏と木の実ナナ氏のふたり芝居『ショーガール』で、元カノのストーカー攻撃に悩む細川氏演じる男が「愛して欲しいよ。でも、愛しすぎるなよ!」って台詞があったんですが、まさにこの映画はこれ。


 面白い映画は間違いなくキャラクターが立っていますが、ご多分に漏れずこの作品も実に描き分けがうまい。

ggirlex04.jpg

 さきの悪友もそうですが、マットの同僚の女性でキュートな後輩ハンナを演じているのは『最強絶叫計画』でお馴染みのアンナ・ファリス(上段左)。最近は性格俳優としても演技力を披露してますね。
 そしてこうした荒唐無稽のお話になくてはならないキャラ、マッドサイエンティストも登場し、もちろん彼には間抜けな子分がいるというお約束は私のようなオールド映画ファンには嬉しいかぎり。
 ほかに、なにかというと「セクハラされてない?告訴する?」ってちょっかいを出してくる味のあるワンダ・シケス(Wanda Sykes)という黒人のおばちゃん(労働組合の人?)がいたんですが、どうやらソウル・シンガーらしく、有名な人のよう(上段右)。
 もしかしたら日本でいえば綾戸千絵さんみたいな人なのかも。

 あと、ユマ・サーマンの学生時代を演じたタラ・トンプソン(下段左)って女の子がなかなか魅力的で、メイクが巧いのか、ほんとにそれらしく見えたんですよ。

 ちなみに主演のルーク・ウィルソン(下段右)、あまりパッとしないし私は知らない俳優でしたが、『ウィキペディア(Wikipedia)』によると「女優のドリュー・バリモアや、2001年に「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」で共演したグウィネス・パルトロウと交際していたこともある。」というから実際はモテるおっさんだったんですねえ。


 そしてこの映画、すごくカメラが巧いですね。また特撮でもスーパーマン映画よりも活躍シーンが巧いんです。テレビの報道場面なんかをうまく組み合わせることでかえってリアルになってたり。
 たまにこういう作品ってありますね。アクション映画と銘打った作品よりも普通の作品のアクションシーンの方が上手かった、なんての。

 そうそう、最近は最後のエンドロールの後にサプライズがある、って作品がありますが、またそれを知らずに出て後悔した…って話も聞きます。
 そんなあわてんぼの方のためにでしょうか、黒バックのエンドロールではなく、面白いアニメで登場人物を紹介していますし、その後にちょこっとだけ後日談みたいなHで笑えるシーンが挟まってエピローグになっていますが、あなた『ヤング・フランケンシュタイン』はご覧になってますか?はい、ご存じですか、そしたらニヤリとされること間違いないですよ。一緒に行ったオトモダチが怪訝な顔をされたらこっそり、教えてあげてくださいね。「あれはね…」って。

 とにかく全編、楽しくて粋な映画でした。

 さて、最後にひとつ老婆心ながらご注意を。
 この作品、カップルでご覧になる場合は男性諸君、いろんな意味で自信を無くさないように。劇場を出るときはきっと彼女がうんと強そうに見えますからね。

 *イメージ画面は予告編ほかから拝借いたしました。

『My Super Ex-Girlfriend』米国トレイラーサイト

『My Super Ex-Girlfriend』米国サイト
 ▲音楽がなるので注意が要りますが、いろいろ仕掛けがあってかなり楽しい!

『Gガール‐破壊的な彼女‐』日本語公式サイト
 ▲デカい音がイキナリ鳴るのでご注意!日本語ですがネタバレの可能性があってあまりオススメしません


 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

 

|

« 『デイ・ウォッチ/Day Watch(Дневной дозор)』こんな物凄いこの世の終末は観たことがない。 | トップページ | 『あさっての方向。』ふたりの女性の成長を描いたある夏の日の美しき詩。 »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【コメディ】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、TBありがとうございます。
「Gガール」、私は駄目でした。
あまりにもバカバカしく着いて行けませんでした。
ご存知かもしれませんが、ルーク・ウィルソンは、オーエン・ウィルソンの弟です。
なんか弟の方が老けて見えるのは私だけ?
これからも「masalaの辛口映画館」を宜しくお願いします。

投稿: masala | 2007年2月12日 (月) 01:14

masalaさん、いらっしゃいませ!世界最速のトラバ返しとコメント、ありがとうございました!
それほどバカバカしいと思えないのは、この手の映画に慣れているからでしょう。
むしろスーパーマンシリーズよりもずっと登場人物のキャラクターの人間性が描けていて自然で良かったなあ、と。

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月12日 (月) 02:43

こんにちは!
TBありがとうございました^^・

思った以上に面白かった映画です。
ユマの表情が可愛いし怖いしで、
最後まで楽しく観れました。
でも仰るようにカップルにはちょっと辛いかも。。。
私も斜め後ろのカップルのシラケ具合が気になりました(笑)

投稿: 由香 | 2007年2月12日 (月) 09:01

由香さん、いらっしゃいませ!
そのカポー、若かったのではないですかねえ。こういう映画のHさって、結婚して10年近い夫婦の方が笑ったり苦笑いしたりできそうな内容ですもの。
『もしも昨日に…』もそうですが、最近またこうした“オトナの笑い”を備えたコメディ映画が生まれはじめているのはオールドファンには嬉しい限りです。

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月12日 (月) 11:00

この映画、去年末に海外出張する時に飛行機の中で観たのですけれど、まだ、日本で公開されてなかったんですね。
飛行機の中で観た時には、なんで、こんなニヤリとする映画が僕のアンテナに引っかからなかったんだろうって思ったのですけれど…

投稿: ロムルス | 2007年2月12日 (月) 21:24

よろ川長TOMさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

あ、ホントだ。頭文字見るとちゃんとS○Xになる・・(^▽^;)なんか無駄に細かいですね(汗
まあ自分もユマのお色気や、ベッドシーンに若干のお目当て込めて観に行ったんですけど、お色気ユマより嫉妬ユマの方が凄い面白かったです♪あと、金髪じゃないユマも新鮮でしたし、カタブツなメガネ掛けた姿も個人的に萌えですた(^▽^;)

投稿: メビウス | 2007年2月12日 (月) 21:51

ロムルスさん、いらっしゃいませ!
飛行機の中で!それはカッコイイですが、飛行機では臨席や前後席が近すぎて劇場ほど自分の世界に入れなかったのではないですか?
こーゆー作品は長年連れ添った夫婦で観る方がムフフでいい…ゑ?奥さんにも照れて気兼ねしますか?どっちかというと一人でコッソリ向けなんでしょうかね。
興行的には失敗ですねえ。(‾ロ‾lll)

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月12日 (月) 22:14

メビウスさん、毎度です。
タイトルになんでわざわざEXなんてあるのか、って思ったら。
私は黒マントで赤カットソーのGガールがいっちゃんカッコ良くて好きです。どの衣装もほとんど見えませんが。

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月12日 (月) 22:17

こんばんは。

私も思いました!
カップルで行ったら絶対に
男性は自信をなくしそうですね。
俺のキスはどうなんだろかってね。

ユマは年齢を感じさせないけど
どうして今更この仕事をしたのかな?
なんて少し思ってしまいました。

投稿: ALICE | 2007年2月14日 (水) 00:37

Aliceさん、いらっしゃいませ!
なぜ彼女がこの仕事を受けたのかはともかく、私は彼女ほど適役はない、よくぞ受けてくれた!と思いました。
小難しい作品でアカデミー賞をとるばかりが映画ではないってことですよね。
これからもよろしくお願いします!

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月14日 (水) 18:05

こんばんわ。コメントありがとうございます。
この類のパロディandコメディ映画が好きな人には、楽しめる映画かもしれませんね。
僕も興味はありますが、パロディとコメディが苦手で、でも、ユマ・サーマンが結構好きなので、レンタルで観ようかと思います。
個人的には「デイ・ウォッチ」「トワイライト・ウォッチ」に興味あり。
よろ川長TOMさんはご覧になったようで・・・
早くみたいです。

投稿: ふっきー@日曜以外でも洋画劇場 | 2007年2月14日 (水) 21:46

こんにちわ^^
TBさせて頂きました!
知的美人のユマ・サーマンが好きなんですけれど、こういう役も良いと思いました♪
コスチュームがまた可愛くて。
カップルで観に行くとこういう映画は、男性は引いてしまうんでしょうかね?
ジョークで笑えるかと思ったのですが。(笑)
クレジットロールも面白かったです。

投稿: tess | 2007年2月15日 (木) 07:00

ふっきーさん、毎度です!
あらら、パロディやコメディが苦手とは。でも最近のは50~60年代の昔に比べるとかなり笑いの程度も内容も低いのが否めませんから無理もありませんね。
やはり私の中でコメディはビリー・ワイルダー監督作品に尽きます。ふっきーさんも、そういうのならお好きだと思うんですけど。

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月15日 (木) 10:07

tessさん、いらっしゃいませ!トラ&コメ感謝です。
男性の場合は“引く”と言うよりも、こういう話はいくつになっても女性といっしょだと恥ずかしいんですね。

経験者ならむしろ女性の方が大らかなので、てらいなく自然に笑えるでしょうし、女性同伴なのに全く平気な男性はかなり“オッサン化粋素”中毒が進んでいるので平素からシモネタオヤジになっている可能性が高いのでは?

Hネタを冗句で笑えるセンスをもちつつも下品に墜ちないオッサンが理想ですけどね。

これからもよろしくお願いします!

投稿: よろ川長TOM | 2007年2月15日 (木) 10:17

こんばんは~♪
キャスティングの妙で楽しませてくれた作品ですねぇ^^
男子中学生なら一度は思うアノ疑問にも答えてくれてますしw

投稿: たお | 2007年2月24日 (土) 01:35

あはは~!コレうちはカップルで鑑賞しました。
初めてのデートには向かないでしょうけど、
下ネタもOKなカップルだったら一緒に笑えるかもしれませんね♪

投稿: miyu | 2007年10月16日 (火) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585137

この記事へのトラックバック一覧です: 『Gガール‐破壊的な彼女‐』あの命題に迫る!?画期的スーパーマンムービー!!:

» Gガール -破壊的な彼女- [そーれりぽーと]
どうしてユマ・サーマンがこんな役をしているのか。 理解出来なくて『Gガール -破壊的な彼女-』を観てきました。 ★★★★ うわぁ ついに壊れてしまわれました。ユマ・サーマン。 なんでこんな役をw 原作が有るのかどうかは知りませんが、彼女の能力はスーパーマンやス... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 01:42

» 映画のご紹介(243) Gガール 破壊的な彼女 [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(243) Gガール 破壊的な彼女-スーパーヒロインだって一人の女性だ。 スーパーヒーロー(ヒロイン)の素顔が嫉妬深く、切れやすく、しかも大のセックス好きだったとしたらどうなるの... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08:14

» Gガール 破壊的な彼女 [jamsession123goの主観的映画レビュー]
スーパーヒロインだって一人の女性だ。    スーパーヒーロー(ヒロイン)の素顔が嫉妬深く、切れやすく、しかも大のセックス好きだったとしたらどうなるのだろう。 こんな面白い命題を映像化した映画が公開された。 ヒロインのGガールを演じるのは「キル・ビ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08:14

» ☆ 『Gガール 破壊的な彼女 / MY SUPER EX-GIRLFRIEND 』 ☆ [honu☆のつぶやき 映画に恋して]
本作は題名からも予想できる通り、『スーパーマン』女性版&コメディ。 隕石に触れて超能力を得たジェニーは正義の人として大活躍してるんだけど、性格的にはかなり問題あり。 恋人に対しては、束縛、嫉妬、暴力のオンパレードだもの。それも超人パワー全開で!! カレ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08:35

» My Super Ex-Girlfriend 「Gガール 破壊的な彼女」 [表参道 high&low]
’He broke her heart, She broke his everything’というコピーが気に入ってた’My Super Ex-Girlfriend’「Gガール 破壊的な彼女」は野暮な男が袖にした女性が実は超人的な力を持つスーパーガールだったという話。 この設定だけで期待度大の映画でした。Uma Thurman... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08:42

» Gガール 破壊的な彼女 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
 ユマ・サーマンのGガール 公開日に早速鑑賞? 【story】きらめくブロンドヘアーをなびかせて超音速で空を飛び、セクシーボディで銃弾を跳ね返す。大火災が発生すれば体を高速回転させて鎮火する。正義と平和のために頑張るヒロインを、ニューヨーカーたちはGガール(ユ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 08:49

» Gガール 破壊的な彼女/試写会 [如意宝珠]
Gガール 破壊的な彼女 MY SUPER EX-GIRLFRIEND :http://movies.foxjapan.com/Ggirl/ 監督:アイヴァン・ライトマン 脚本:ダン・ペイン 製作:ギャヴィン・ポローン / アーノン・ミルチャン 製作総指揮:ビル・カラッロ 衣装デザイナー:ローラ・ジーン・シャノ ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 09:37

» Gガール 破壊的な彼女 My Super Ex-girlfriend [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ユマ・サーマン、ルーク・ウィルソン アンナ・ファリス、レイン・ウィルソン出演 ニューヨーク ブルガリ宝石店 強盗団が押し入りますが 物凄いスピードで飛んできた Gガールが強盗団を捕まえます ビルが火災になれば 風を起こし火事を消してしまいます 建築設計... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 21:27

» Gガール 破壊的な彼女(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】アイヴァン・ライトマン 【出演】ユマ・サーマン/ルーク・ウィルソン/アンナ・ファリス/レイン・ウィルソン/エディ・イザード 【公開日】2007/2.10 【製作】アメリカ 【ストーリー】 きらめくブロン [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 21:42

» Gガール 破壊的な彼女/ My Super Ex-Girlfriend [我想一個人映画美的女人blog]
もし、恋に落ちた彼女がスーパーヒーローだったらどうする?? そしてとてつもなく嫉妬深くキレやすかったら、、、、?? キャスティングが決定した去年からずーっと待ってたユマ・サーマンの最新作{/star/} 全米で夏に公開、日本では来年2月に公開が決定!! FOX試写... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 22:32

» 映画「Gガール 破壊的な彼女」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年10本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「6デイズ/7ナイツ」「エボリューション」のアイヴァン・ライトマン監督作品。ユマ・サーマンが嫉妬深いスーパー・ガールを演じたラブ・コメディ。アイヴァン・ライトマン監督のユーモア満載の内容でした。ユマ・サーマン... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 01:38

» Gガール 破壊的な彼女 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★        (★×10=満点)  監  督:アイヴァン・ライトマン キャスト:ユマ・サーマン       ルーク・ウィルソン       アンナ・ファリス       レイン・ウィルソン       エディ・イザード  ... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 07:30

» 【2007-21】Gガール 破壊的な彼女(MY SUPER EX-GIRLFRIEND) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
元カノはGREATで GLAMOURな 逆ギレGガール オシオキしてあげる! [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 20:54

» Gガール-破壊的な彼女- [Alice in Wonderland]
10日からいろいろ新作が上映され、映画観たい病を抑えきれずに眠い中映画館に行ってきました。 あの素敵なユマ・サーマンのコスプレ?映画で、すっごく楽しみにしていた1本です。 N.Y.で宝石強盗事件が発生。警察より早く強盗団を退治したのは、今ニューヨーカーに... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 00:34

» Gガール破壊的な彼女#2 [映画大好き!/Favorite Movies おすすめ映画・DVD]
「Gガール破壊的な彼女」観ました♪ これは、期待通りのおバカ級映画でした。(笑) 下ネタなんかも結構あってその辺が“エロかっこいい”んですが、 スーパーマン並みの力を持つGガール演じるユマ・サーマンが超ミ [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 05:35

» 映画:Gガール 破壊的な彼女 [駒吉の日記]
Gガール 破壊的な彼女 (シネマイクスピアリ) 「あなたが悔いて戻ってくると思ったの だから殺さなかったのよ」 NYの平和は彼女(の彼氏)にかかっている!?(原題:My Super Ex-girlfriend) まあお気楽B級映画かな。時間も短いし、キャラクター単純過ぎ... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 16:11

» Gガール 破壊的な彼女 [週末映画!]
期待値: 63%  「エロかわいい」スーパーヒロインコメディ。 ユマ・サーマン ルーク・ウィルソン出 [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 23:09

» Gガール 破壊的な彼女 [小部屋日記]
My Super Ex-Girlfriend (2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督: アイヴァン・ライトマン 出演: ユマ・サーマン/ルーク・ウィルソン/アンナ・ファリス/レイン・ウィルソン セクシーな正義の味方Gガール! 裏の顔はとんでも彼女でした・・・とほほ ●ストーリー... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 12:32

» 「 Gガール 破壊的な彼女/MY SUPER EX-GIRLFRIEND(2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : アイヴァン・ライトマン 出演 : ユマ・サーマン /ルーク・ウィルソン/ [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 17:11

» Gガール 破壊的な彼女(映画:2007年20本目) [デコ親父はいつも減量中]
監督:アイヴァン・ライトマン 出演:ユマ・サーマン、ルーク・ウィルソン、アンナ・ファリス、レイン・ウィルソン、エディ・イザード、ワンダ・サイクス 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) ユマ・サーマン暴れすぎ。 楽しかった。 NYの平和... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 00:58

» Gガール 破壊的な彼女 (My Super Ex-Girlfriend) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アイヴァン・ライトマン 主演 ルーク・ウィルソン 2006年 アメリカ映画 93分 コメディ 採点★★★★ 持ち前の惚れっぽさからか気移りの激しさからか、人生の大半を女の子を追っかけることに費やしているたおです。まぁ、その時々は真剣なんですけどね。そんな人生の... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 01:37

» No.014 「Gガール 破壊的な彼女 」 (2006年 米 93分 ... [MOVIE KINGDOM ]
監督 アイヴァン・ライトマン 出演 ユマ・サーマン     ルーク・ウィルソン     アンナ・ファリス 夕方この映画を見るために急いで家を出たけど、大阪市内の自宅から堺市の海辺りMOVIX堺まで道中渋滞などがあり、現地到着は本編上映までギリギリ間に合う... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 01:09

» Gガール/破壊的な彼女 [とんとん亭]
「Gガール/破壊的な彼女」 2007年 米 ★★★ スーパーマンの女性版?? NYの平和を守るため、普段は地味なスーツにひっつめた髪、眼鏡の ジェニー(サーマン)が、一度人々の危機をキャッチすると光線 並みの速さで空を飛び、鉄の塊でも何でも片手... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 07:42

» 『Gガール/破壊的な彼女』(2006) [【徒然なるままに・・・】]
平凡なサラリーマンのマットは、地下鉄で知り合ったジェニーという女性と恋に堕ちるが、実は彼女はスーパーパワーを持った正義の味方Gガールだった! 最初は驚き喜んでいたマットだったが、やがて性欲旺盛で嫉妬深いジェニーに恐れをなし、同僚のハンナへと気持ちが傾い... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 22:36

» Gガール 破壊的な彼女 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『オシオキしてアゲル♡』  コチラの「Gガール 破壊的な彼女」は、2/10公開になった正義の味方"Gガール"の恋の顛末を描いたラブ・コメディなのですが、公開初日早速観てきちゃいましたぁ?♪  そのGガールことジェニー(ユマ・サーマン)は、普段はクールでセ... [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 21:55

» 「Gガール 破壊的な彼女」 [ひらりん的映画ブログ]
ユマ・サーマン主演のヒーローもの??? 恋人役はひらりんお気に入りのオーウェン・ウィルソンの弟ルーク・ウィルソン。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 03:26

» Gガール 破壊的な彼女 [ブラトラ館(太田千晶応援blog seesaa支店)]
ジャンル : コメディ 製作年 : 2006年 製作国 : アメリカ 配給 : 20世紀フォックス映画 上映時間 : 98分 監督 : アイヴァン・ライトマン 脚本 : ダン・ペイン 出演 : ユマ・サーマン 、 ルーク・ウィルソン 、 アンナ・ファリス 、 エディ・イザード 、 レイ... [続きを読む]

受信: 2008年10月24日 (金) 00:15

« 『デイ・ウォッチ/Day Watch(Дневной дозор)』こんな物凄いこの世の終末は観たことがない。 | トップページ | 『あさっての方向。』ふたりの女性の成長を描いたある夏の日の美しき詩。 »