« 『X-MEN3ファイナルディシジョン』よくできたシリーズ。必ず三作通して観るべし! | トップページ | 『王の男』旅芸人の一世一代の賭けが宮廷を揺るがす!! »

2006年9月19日 (火)

『もしも昨日が選べたら』超オススメ!リモコンひとつで泣いて笑えるファンタジー!!

clickposter.jpg
 はい、みなさんこんばんわ!
 さて今回は楽しい楽しいスラップスティックコメディのご紹介です!!

 時間をコントロールできるリモコンがあったらどんなにスゴイでしょうね!? この使い古されたアイデアをいったいどんな風にアレンジするのかが見物ですが、今回はなんとなんと、ちょっぴりHで、とっても素敵なお話に仕上がりました。
 原題は『CLICK』。マウスとかのクリックと言うより、「カチッ!」っていう擬音、まあ「ポチっとな」のほうのニュアンスってとこでしょうか?

 さあさあ、ぜひ皆さんご覧になって、思いきり笑って、泣けるシーンでもまた笑ってくださいね。でもその前にお話のみどころとか、お話しさせてくださいね。

     
click01.jpg

 優秀な建築士である主人公マイケル・ニューマンはバリバリの仕事虫。美人の奥さんと可愛い一男一女ふたりの子供に恵まれているものの、彼の頭の中はいつも仕事のことでいっぱい。
 ある日数ばっかりあっても使い勝手の悪いリモコンに業を煮やした彼は、一台で何でも操れる万能リモコンを求めて夜中にもかかわらず車を飛ばします。
 やっと開いていた店を見つけて入ってみればそこは大きな寝具専門店。ほんとなら全然関係ない筈なんですが、ふと見つけたバックヤードへのドアにふらりと入ってみれば、怪しげなオッサンがカウンターに。彼にリモコンのことを訊ねると、連れて行かれたところは店の中よりも広大な倉庫。そこで渡された最新型のリモコンが…

 主演のマイケルに『50回目のファースト・キス』や自身が監督・脚本も手がけることで知られるアダム・サンドラー、人の妻ドナには『アンダーワールド』から『アビエイター』のエヴァ・ガードナー役まで幅広くこなす実力派のケイト・ベッキンセール。
 そしてやはり今作品でのキイマンである“怪しいオッサン”モーティ役には、『ディア・ハンター』や『アニー・ホール』で知られ、『スリーピー・ホロウ』ではなんと首なし騎士の役で映画ファンを驚かせたクリストファー・ウォーケン。

 奇妙な発明家のような風貌、最初に登場したときのけったいなメガネ、爆発したようなパーマ頭、そしてなによりもモーティという名前からビビッと来ませんか?
 そう、時間ネタの傑作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』!
 あいにく監督のコメントなど、手元の資料では裏ネタとかが判らないのであくまで筆者のいつもの勘ぐりなのですが、主人公の名前がマイケルってのもひっかかる。だって主人公はマーティ、演じるのはマイケル・J・フォックス。ね、ばりばりオマージュだって思いませんか!?

click02.jpg

 ひっかかるといえばマイケルの上司を演じているのがデビッド・ハッセルホフ(写真左上)というのがまた笑えます。え、ご存じない?あなた、だいぶお若いですね。
 彼を一躍スターダムに押し上げたのが1982年から放映されて、日本でも大ブームを起こしたテレビシリーズが『ナイトライダー』。
 意志を持ったコンピューター“K.I.T.”を搭載した黒いスーパーカー“Knight2000”を駆って悪と戦うストーリーで、その時彼が演じた主人公の名がまさにマイケル。“ナイトライダー”で検索すれば今も多くのファンサイトが見つかるほどファンの多い番組だったんですよ。

 さて、もうひとつの主役とも言えるのが超万能リモコン。これが流体デザインのなかなかカッコイイ代物で、ボタンの数もほぼ最低限という実に優れたインターフェイス。
 リモコンを求めてドタバタと言えば昨年の邦画の傑作SFコメディ『サマータイムマシン・ブルース』がありますが、あちらはタイムパラドックスものの定番、過去に干渉すると現在や未来が変わる、ということを徹底的に楽しんだ作品なのに対して、こちらはあくまで早送りと一旦停止のみで、過去は見ることができるだけ。
 だからこそこの作品はすごいと言えます。
 いわばタイムトラベルものの最大の武器を封じてしまった上でお話をこしらえているからです。加えて、最新のメイク技術を駆使した各キャラの段階別“老け”や年月を経た変わりようもまたみどころ。


 いやあ、それにしても笑った笑った、こんなに笑ったのは久しぶりという作品。「この秋、最初の涙になる」って宣伝コピーのように、たしかにウルっと来るシーンもいくつかあるんですが、涙が出る前にまた笑わせてくれるんですね。いいのかなあ、ここで笑って、っていうシーンでまでまた笑わせて。
 正直、お話を作る上で観客を泣かせるのは簡単なんですよ。しかも笑いのネタ自体は結構シモネタ揃いなんですが、それらが下品になりきってないし、ふざけてはいけないところでは真面目に笑わせているところはアダム・サンドラーの上品さなのでしょう。
 また、各所にちりばめられた小ネタが巧い。とにかくちょい役の人まで台詞がイカしてます。笑えます。

 ほかにもワケの分らんアラブ人の貴族、得体の知れない日本人企業、性欲むき出しのギトギトなハイミスなどなど、個性的なキャラも実にうまく絡んできますが、筆者がいっちゃん気に入っているのは隣の生意気なガキ。もお、最高です。

 あと、日本語字幕ではNHKの英語番組でも大活躍のパックンが翻訳にひと役買っていることは、教育テレビ『英語でしゃべらナイト』をご覧の方ならご存じですね。
 てなわけですから、彼らが苦心した訳と同時にもとの英語でのしゃれた言い回しも聞き取れる人には倍面白いはず。ただし、あの内容、13歳以下おことわりじゃないんでしょうかねえ。
 オコサマ連れでご家族でご覧になる方は、お父さんお母さん、ちょっと注意が必要かもしれませんよ。

 でわでわ、また。

 *イメージ画面は『もしも昨日が選べたら(原題:CLICK)』米国公式トレイラーほかから拝借いたしました。

『もしも昨日が選べたら』日本公式サイト
 

|

« 『X-MEN3ファイナルディシジョン』よくできたシリーズ。必ず三作通して観るべし! | トップページ | 『王の男』旅芸人の一世一代の賭けが宮廷を揺るがす!! »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【コメディ】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

TOMさん、こんばんは~。
アダム・サンドラーはドリュー・バリモアとの共演作でしか見てないんですけど、結構好きです。で、TOMさんご紹介のこの作品、ウォーケンは出てるしなんだかすごく面白そうですね~。見たいです!見たいリストに入れておこうっと。

それにしても「ナイトライダー」のハッセルホフには受けた!!うちの弟が好きで、昔よく見てましたよ~~。相変らず濃い顔ですね(^^;

投稿: 紅玉 | 2006年9月20日 (水) 00:16

紅玉さん、コメント感謝です!
いやほんま、この映画はイイっすよ!話としてもよくまとまってますし、こういう大人向けのコメディってけっこう久しぶりなんではないでしょうかね。
そらそーとデビッド・ハッセルホフ、えらくエラがはってしまって、めっちゃイヤラシイおじやんになってたのには驚きました。

ひとつ気になってるのは、ラスト近く、病院で出てくる小柄で色黒のオッチャンがどこか『チャリチョコ』のあのオッチャンに似ているんですが…息子さんなんてこと、あるのかしら。誰か確認してくれないっすかねえ。

投稿: よろ川長TOM | 2006年9月20日 (水) 02:29

TBありがとうございました!

とても素敵な記事!
この作品、さらに観たくなりました♪

「ナイトライダー」知ってます(汗)
あの車のフロントが光るときのチャラララという音楽がよみがえってきました(笑)

アダム・サンドラーだけじゃなく、周りを固めている役者さんたちを見ても面白そうですね!

投稿: D | 2006年9月20日 (水) 08:37

こんにちは☆
「パンチドランクラブ」の記事にTBありがとうございました。

初日に早速みましたが、こんなに泣けて笑えるとは予想以上でした♪是非お勧めしたくなる作品ですね☆

投稿: mig | 2006年9月24日 (日) 09:12

こんにちは、返TB&コメントありがとうございました!
笑えて泣けて――素敵な作品でしたね。
私もわりとジャンルを問わず観てるのでハズレもかなりありますが、今回は大当たり♪

あの『ナイトライダー』のマイケルが出ていたのには、驚きました~~\(◎o◎)/

投稿: honu | 2006年9月25日 (月) 06:56

TOMさん、こんばんわ~
いつもコメントありがとうございます~
いつもながらのアダム・サンドラーのハート・ウォーミングコメディ健在でしたね☆
下ネタも下品になりすぎない程度に笑わせてくれます。
ベタではありますが、人生においてなにが本当に大切なのか、気付かされる一本でした。

投稿: rikocchin | 2006年10月 1日 (日) 22:40

トラバ・コメントありがとうございます。
最後に出てきた万能リモコンはなんだったんでしょうかねぇ。
ひらりんは、単に洒落で置いてあって・・
でも、もう早送り人生なんて、いらないよーー・・・
ハイ、ポイ捨てっ・・・位にしか見ていませんでした。
ネバーエンディングでも夢でも・・・
主人公が家族愛に気づいてくれた・・のが、
感動ポイントなんでしょうね。

投稿: ひらりん | 2006年10月 5日 (木) 01:00

あの内容というのは
「犬」に関することですね。
ちょっとどぎつかったですよね。

投稿: えい | 2006年11月11日 (土) 21:22

はじめまして!
お名前はあちこちで拝見しておりました。

ナイトライダーを思い出すと笑ってしまいますが、
ご覧になったか?ベイ・ウオッチの彼を思い出すとさらに笑えます(日本で放送されたか分からないのですが・・・)

>だからこそこの作品はすごいと言えます。

うーむ。
この一行にうなりました。

特に映画ブロガーではないアホブロガーなのですが、よろしければ今後ともよろしくお願い致します(変な日本語でした)

投稿: ふる | 2007年4月 2日 (月) 02:16

ふるちんさん、いらっしゃいませ!
トラバ&コメントありがとうございました。

≫お名前はあちこちで拝見しておりました。

お恥ずかしい限りでございます。(;´~`;)
洋画を字幕なしでご覧になれるって、作り手の意志がダイレクトに伝わってくる分、より味わえて羨ましい限りです。
たま~に“超訳”されている翻訳家の字幕に「んん?それ、ちゃうやろ!?」って私でさえ突っ込みたくなるときがあるだけに、最近はどこまでが作り手の真意なのか疑うときさえあります。

あいにく『ベイ・ウォッチ』不勉強で…折を見て調べます。

≫この一行にうなりました。

(O.O;)ゑ~?なんでまた。
う、唸るよーなトコでしたか?(びくびく)

私こそ毎回勘違いと偏見だらけの紹介記事で映画ブログもないもんですが、こちらこそよろしくおねがいします。

投稿: よろ川長TOM | 2007年4月 2日 (月) 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585112

この記事へのトラックバック一覧です: 『もしも昨日が選べたら』超オススメ!リモコンひとつで泣いて笑えるファンタジー!!:

» 「前売り」もしも昨日が選べたら [2006 映画観てきました♪]
あんりゃ~~~ なんつー邦題つけちゃったんだよっっ 英題 「CLICK」 そのままで いいじゃん!! 今更 「クリック」の意味わからない人も居ないだろうに・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 13:12

» もしも昨日が選べたら [映画館で見たい映画]
笑いと涙がたっぷりと詰め込まれた、アメリカンホームコメディーです。主人公が手にしたのは時間も操る万能リモコン!過去や未来にタイムトラベルをして世界を変えようとする。そんな映画はたくさんありますが、この作品の独自性は、リモコンで時間を自由自在に操ってしま... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 19:49

» 気になる作品続々・・・ [映画を観よう]
秋の夜長・・・本、美術、音楽、もちろん映画!! 誘惑の多い季節になりました(苦笑) まだまだ夏色の沖縄ですが、気分はすっかり秋のDでございます♪ 観たい映画の作品リストは、どんどん増えるばかりで なかなかゆっくりと観て感想を書いている時間がないの... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 08:35

» もしも昨日が選べたら@試写会 [*~アスタリスク~]
久しぶりの記事ですね タイトルからして期待していて観たいと思っていた映画でした そんな時に友人が試写会当たって、観たいって言ってなかったっけと誘ってくれたので、試写会に行ってきました 最近テレビでも予告が流れている「もしも昨日が選べたら」という映画... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 11:09

» もしも昨日が選べたら/CLICK [我想一個人映画美的女人blog]
久々にオススメできる映画の登場?{/atten/} 6月に全米公開されて初登場1位{/kirakira/} 先に観ていたyueが面白かったというし、以前から楽しみにしていた1本♪ ニコールキッドマンの新作と悩んだけどこちらを選択{/star/} 一応、はじめに断っておくとわたし、アダムサ... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 09:09

» パンチドランク・ラブ/PUNCH-DRUNK LOVE [我想一個人映画美的女人blog]
日本ではいまいちウケが悪い、アダム・サンドラーが、 全米批評家ウケの良い、ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)監督作品に挑んだ、 2002年 カンヌ国際映画祭、監督賞受賞作品{/hikari_blue/}{/hikari_blue/}             いつ見てもあのタマゴ頭が安心出... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 09:09

» もしも昨日が選べたら [ネタバレ映画館]
なんと松井秀喜がハリウッドデビュー! [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 12:45

» アダム・サンドラー ☆ 『もしも昨日が選べたら / CLICK』 ☆... [honu☆のつぶやき 映画に恋して]
『ショービズ』で観た時もコメディっぽいシーンしか出てなかったし、主演がアダム・サンドラーだったので、てっきりコメディ一色なのかと思って油断していたら…ハララ、号泣しちゃいました(ToT) “家族の為に”仕事をしてるつもりが、いつの間にか家族を顧みないば... [続きを読む]

受信: 2006年9月24日 (日) 19:31

» 「もしも昨日が選べたら」  Click [俺の明日はどっちだ]
ガハハハハと笑わせながら最後はしっかりしんみりさせてくれるというハリウッド映画の定番スタイルながら少しも嫌味のない愛すべき作品。 主人公がほぼ同じくらいの年頃の建築家でかつ「時間」が絡んでくるという、昨日観てすっかり肩透かしを食らった「イルマーレ」同様... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 14:10

» 『もしも昨日が選べたら』 [ラムの大通り]
※ネタバレにつながる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも ----これっていかにも日本でつけたと言うタイトルだね。 「うん。原題は『Click』。日本語ではパソコン用語としておなじみだけど、 ここではリモコンのスイッチ... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 00:00

» 『XーMEN ファイナル ディシジョン』 [ラムの大通り]
----タイトルに“ファイナル”と付いている。 と言うことは、これで最後と言うこと? 「おっ、いきなり核心を突いてきたね。 この第3作では、 『これで終わりじゃないとすれば、 あとはスピンオフか過去に遡るかしかない』と、 断言したくなるほどの大胆な展開を見せる。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 00:01

» もしも昨日が選べたら [そーれりぽーと]
今日は『フラガール』、『イルマーレ』と泣けそうな予感のする映画を2本も観るので、大笑い出来そうなアダム・サンドラー主演の『もしも昨日が選べたら』を先に観てみました。 ★★★★★ 想像に反して今日観た三作の中で一番面白かったし、泣けた。 洋画コメディーは... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 02:23

» 「もしも昨日が選べたら」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「もしも昨日が選べたら」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセイル、ジョセフ・キャスタノン、テイタム・マッキャン、クリストファー・ウォーケン、ヘンリー・ウィンクラー、ジュリー・カヴナー、デヴィ... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 12:27

» もしも昨日が選べたら [Alice in Wonderland]
海外ではかなり人気があるんだけど日本ではまだあまり知名度がない私の大好きなコメディー俳優のアダム・サンドラーの新作ということですごく楽しみにしていた作品です。バンパイアでないケイト・ベッキンセールも楽しみの一つでした。 出世を夢見て多忙な日々を送る建... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 13:03

» もしも昨日が選べたら(クリック) CLICK [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール主演 邦題が「もしも昨日が選べたら」になったそうです マイケル・ニューマンは妻ドナそして子供ベンとサマンサで ニューヨーク郊外でごく普通の生活をしています 建築事務所に勤めるマイケルは傲慢な上司所長からの命令... [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 17:03

» 「もしも昨日が選べたら」意外と・・・。 [よしなしごと]
 ポスターが何となく気になる映画もしも昨日が選べたらを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 03:08

» 後悔は先には立ってくれない。『もしも昨日が選べたら』 [水曜日のシネマ日記]
人生を早送りできる不思議なリモコンを手に入れた、一人の男性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 12:01

» もしも昨日が選べたら [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
さえないパパ役のイメージがすっかり定着したアダム・サンドラーの最新作。『ロンゲスト・ヤード』『Mr.ディーズ』などに続き、本作も自らプロデューサーを兼ね、得意のちょっぴりお下品なハートウォーミングコメディを展開している。このリモコンは、煩わしい時間を... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 23:45

» アダム・サンドラー『もしも昨日が選べたら』 [映画天国No.6]
アダム・サンドラー主演『もしも昨日が選べたら』を観た。タイムトラベル物かと思ったら一味違う。過去にいけたり早送りできる便利なリモコン願ったところまで早送りできるので嫌なことはさっさと飛ばしちゃえる。仕事に邪魔なものもスキップできる本当に便利なリモコン。... [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 23:13

» 「もしも昨日が選べたら」 [-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-]
TOHOシネマズ川崎は3周年ということで、27~29日は料金1,000円でした。(・・・例によってストーリーは割愛。他のページにいくらでも書いてあるので・・・)まず思ったのが、「なんでこの邦題?」ってことでした。原題"Click"ですからね。宣伝を見るかぎり「感動」で売ろう... [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 02:08

» 映画「もしも昨日が選べたら」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:CLICK もしも昨日が選べたら、どんなにか素晴らしいだろう、もしも人生やり直せたら、いったいどんな人生を歩むのだろう、・・ゆるやかな感動の渦に巻き込まれる 建築士マイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)には、妻のドナ(ケイト・ベッキンセール)と可愛... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 02:38

» 【劇場映画】 もしも昨日が選べたら [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 建築士のマイケルは、家庭を顧みない仕事人間。美しい妻と二人の子供たちは、楽しみにしていたキャンプも行けず、寂しい思いをしていた。働きすぎのマイケルは、自宅でどれがテレビのリモコンかも分からない。全ての電化製品を操れるリモコンを買おうと、... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 05:53

» もしも昨日が選べたら [Diarydiary! ]
《もしも昨日が選べたら》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - CLICK [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 18:22

» 『もしも昨日が選べたら』 [きぶんしだい]
    TOHOシネマズ二条にて、アダム・サンドラー主演『もしも昨日が選べたら』を鑑賞 ●あらすじ● 家族より仕事優先の建築士マイケル(アダム・サンドラー)は、今週末も責任重大な仕事を任される。この契約を成功させると、昇進を約束されているが、今週末は... [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 22:31

» 「 もしも昨日が選べたら 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : フランク・コラチ 出演 : アダム・サンドラー  / ケイト・ベッキンセール  /  脚本 :  公式HP : http://www.sonypictures.jp/movies/click/    「 Click(原題) 」 邦題は全然賛成 [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 22:32

» もしも昨日が選べたら (Click) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 フランク・コラチ 主演 アダム・サンドラー 2006年 アメリカ映画 107分 コメディ 採点★★★★ 頭皮を根こそぎ持ってかれそうなタケコプターはさておき、ドラえもんの道具の数々はどれもこれも魅力的。子供の夢やら希望やら願望やら欲望やらを叶えてくれる道具に思... [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 01:28

» ★「もしも昨日が選べたら」 [ひらりん的映画ブログ]
新規オープンの109シネマズ川崎に行ったついでに、 もう1本見てきちゃいました。 1本目は「記憶の棘」。 それにしても、いつも行く「チネチッタ」と違って、 2本見ても、駐車場の2時間無料券は一枚しかくれませんでした。 ケチッ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 02:07

» もしも昨日が選べたら [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
「家族のため」と言いながら、家庭を顧みず仕事に励むサラリーマン、マイケル。ふとしたことから画期的なリモコンを手に入れ、そのために人生をバラ色にできるかに見えたのですが...。 何というか、「社会的に大きな成功をすることより身の丈にあった足元の小さな幸... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 00:26

» もしも昨日が選べたら(映画:2006年125本目) [デコ親父はいつも減量中]
監督:フランク・コラチ 出演:アダム・サンドラー、ケイト・ベッキンセール、クリストファー・ウォーケン、ヘンリー・ウィンクラー、ジュリー・ガウナー、デヴィッド・ハッセルホフ、ジョーン・アスティン 評価:86点 公式サイト (ネタバレあ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 9日 (月) 23:36

» 「もしも昨日が選べたら」 減点パパ [『パパ、だいスキ』と言われたパパの映画日記]
こういう「お父さんモノ」映画って、見ててホント安心できるなぁ?。 「ほら?、私がやってる育児に間違いないでしょ」って気にさせてくれるもん。 こんな接し方でいいのだろうかと道に迷うことが多いから、いろいろ再確認させてくれます。 「経済的豊かさを追求するばっか... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 17:58

» もしも昨日が選べたら [カフェ☆小悪魔]
失くしたハッピーを、探しに行こうもしも昨日が選べたら(あらすじ)自宅のテレビのリモコンすらわからない仕事人間・マイケル。ある夜、全ての電化製品を操れるリモコンを買うべく外出。深夜営業のホームセンターで変わった部屋を見つけて入ると中には怪しげな従業員(モ... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 21:36

» 『もしも昨日が選べたら』 [京の昼寝♪]
失くしたハッピーを、探しに行こう。     ■監督 フランク・コラチ■脚本 スティーヴ・コーレン、マーク・オキーフ■キャスト アダム・サンドラー、ケイト・べッキンセール、クリストファー・ウォーケン □オフィシャルサイト  『もしも昨日が選べたら... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 01:27

» もしも昨日が選べたら [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
もしも昨日が選べたら 原題: Click (2006) 2006年9月23日 日本初公開 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/click/ 飯田橋ギンレイ・ホール F-10 2006年12月26日(火) 20時5分の回 ゴウ先生総合評価: B-/C+   画質(ビスタ): A- ... [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 16:50

» 映画 「Click」 (「もしも昨日が選べたら」) [ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」]
渡米のシンガポール航空機内で見た映画レビュー第一弾。 映画の中の写真満載の面白レビュー&俺のレビューよりよっぽど読み安くお役立ちなレビューは: migたんの我想一個人映画美的女人blog きららっちのきららのきらきら生活、 kazuponさんのIt's a Wonderful Life kos... [続きを読む]

受信: 2007年4月 2日 (月) 01:44

» 『もしも昨日が選べたら』'06・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじいつも時間に追われている建築士のマイケル・ニューマン(アダム・サンドラー)。彼には、美しい妻のドナ(ケイト・ベッキンセイル)とベンとサマンサという可愛い子供たちがいる。しかし、仕事優先のマイケルは家族を顧みない生活を送っていた。そして、働き詰め... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 22:31

» 『もしも昨日が選べたら』を観たぞ~! [おきらく楽天 映画生活]
『もしも昨日が選べたら』を観ました。ひょんなことから人生を自在にコントロールできるリモコンを手に入れた主人公が、次第にその [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 22:47

» もしも昨日が選べたら [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『失くしたハッピーを、探しに行こう。 人生なんて、自由に操れる。と、信じていた。』  コチラの「もしも昨日が選べたら」は、9/23公開のハートウォーミングなファンタジー・コメディなんですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ?♪  アダム・サンドラー主演、フ... [続きを読む]

受信: 2008年5月15日 (木) 21:24

» もしも昨日が選べたら [映画、言いたい放題!]
何の前情報もなく、 ネットの評判が良いので観てみました。 仕事優先で家族を顧みない建築士のマイケルは 自宅でどれがどのリモコンかも分からない。 全ての電化製品を操れるリモコンを買おうと、 深夜も営業しているホームセンターに出かけた。 その店で、モーテ... [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 17:36

« 『X-MEN3ファイナルディシジョン』よくできたシリーズ。必ず三作通して観るべし! | トップページ | 『王の男』旅芸人の一世一代の賭けが宮廷を揺るがす!! »