« 『妖怪大戦争』痛快、映画で楽しむお化け屋敷! | トップページ | 『素晴らしきヒコーキ野郎』さあ腕をワキワキ動かして空を飛ぼう! »

2006年8月 4日 (金)

『スーパーマン・リターンズ』疲れ果てて戻ったヒーローに見いだすもの。

supermanrt_01.jpg


 はい、みなさんこんばんわ。
 またまたリメイクものか…と思いながらもどんな風に作り替えているのかしら、と好奇心からとっついた作品でしたが、驚きました。なんと、25年前のクリストファー・リーブ版『スーパーマン2 冒険編』の続編なんですね。
 まさに、『帰ってきたスーパーマン』。
 でも帰ってきた永遠のヒーローは、筆者が観る限り身も心も、とてもとても疲れているように見えました。

 筆者的オススメ作品をご紹介するのがテーマなので、今回ここでご紹介するつもりではなかったのですが、『スーパーマン・リターンズ』からとても哀しいメッセージを感じてしまったので、お話しさせていただくことにしました。
 もちろん、このブログのポリシーであるネタバレは極力抑えていますけど、いつもみたいに長い目ですからごめんくださいね。
 

 1961年生まれの筆者の世代こそは多分最初の“テレビっ子”だと思います。
 さすがに街頭テレビは話しか知りませんが、物心がつくと思われる2歳で最初のテレビアニメ『鉄腕アトム』が始まり、最初の社会生活である幼稚園(当時三年保育なんてのは珍しかったので)でウルトラマンが始まったわけで、同じような頃にモノクロでテレビシリーズの『スーパーマン』『バットマン』が大人気だったんですよ。
 ウルトラマンは今も昔も一応子供向け扱いだったのに対して、海外ドラマでもあった『スーパーマン』などは老若男女関係なく人気があったようです。

 そのテレビシリーズ、Wikipediaによればなんと最高視聴率74%だったとか。ものすごい人気だったんですねえ。
 事実再放送もさんざんあったとみえて、筆者の記憶でもスーパーマンといえばこのジョージ・リーブスという俳優さん。「弾丸よりも早く!…」という冒頭の名物ナレーションもDNAに刻まれているほど。
 とにかく上着を脱ぎ捨てメガネを放り出し、デイリープラネット社の高層ビルから飛び出してゆくときの勢いとかっこよさは『リターンズ』に至るまでも誰もかないません。

supermanrt_02.jpg

 で、1978年に当時の特撮技術の粋を駆使し映画版としてクリストファー・リーブ版で大々的に復活したことは映画ファンなら常識ですね。
 あいにくアメコミに馴染みがないので原作ではどうか知りませんが、ご覧のようにテレビシリーズでのクラーク・ケントは50年代ファッションを反映した小粋な着崩しをしていたんですね。
 ビリー・ワイルダー監督の『フロント・ページ』をご覧になると当時の新聞記者のスタイルがよく分かりますが、同じようにカンカン帽を斜めにかぶりポケットに手を突っ込んでなんともやくざな独特の雰囲気を出しています。
 実際けっこうな色男ぶりで、カメラ目線でウインクしたり、キャアキャア悲鳴を上げるだけのおさわぎキャラだったロイス・レインや“うっかり八兵衛”的なジミー・オルセンに対しても素状態でかなり頼れてイケてるビジネスマンという印象だったように記憶しています。

 一方、78年版でのクラーク・ケントは一転してとにかく頼りないヘタレでダサダサのキャラになり、スーパーマンの時も誠実な好青年といった感じに。なによりの変更点は時代を反映して女性記者ロイス・レインはピュリッツァー賞を狙えるバリバリのキャリア・ウーマン(そしてオールド・ミス)に変わったのが印象的。
 一応テレビシリーズでの彼女は美人という扱いだったとおもうのですが、この作品からはむしろ逆という描き方。
 こちらは78年の第一作のあと81年『~2冒険編』83年『~3電子の要塞』84年の『~4最強の敵』と作られましたが、もしかしたら原作に近いのでしょうか、『3』『4』はジャパニメーションの凝った設定や脚本に慣れた筆者たちにはチャチ以外の何ものでもありませんでした。

 実はそういうこともあってリメイクだろうが続編だろうが『~リターンズ』にはかなり懐疑的だったんですが…。

     

 実際ふたをあけてみると、22年ぶりの新作でありながらもあえてジョン・ウイリアムズの名テーマ音楽はそのまんま、オープニングの文字がシュバ~~ッって尾を引いて流れるCGも変わらず、設定そして物語のつながり方もこの『~2冒険編』の続きというカタチを採っているんですね。(平成ゴジラの場合のように横道へそれてしまった『3』『4』はなかったことに…というノリですね。)
 彼の生い立ちやこれまでの事は誰もが知っているとしてほとんど語られることはなく、おまけに78年版でも実の父親役を演じて話題となり、主役より先にテロップに登場したマーロン・ブランドが映像だけとはいえ今回もちゃんと登場しているのです。

 まさに、リターンズ。たぶん続編ということで考えてあるためでしょう、明言していないものの、細かな設定なども極端に言えば78年頃の時代背景に合わせてあるようなのです。
 とはいえ冒頭に新型スペースシャトルの発射実験や携帯電話など25年前には登場してなかったものが出てきますが、いずれも今ではいつからあったのかサダカでないほど一般的になっているためにこれらに関しては違和感はありません。実際、紙媒体の新聞なんて時代遅れもいいところですしね。

 が、なんとも空しい感じがするのです。特撮技術がどんなに進歩しても、スーパーマンそのものの能力は目新しいものではなく、あえて旧シリーズに合わせてあるためか飛び方にも変化はありません。
 だけど華やかさがないのはそれだけが原因ではないんですね。
 先代のC・リーブ氏のプライベートでのその後のこと、ましてテレビシリーズのJ・リーブス氏のその後を知らなかったとしても、今回のスーパーマン=クラーク・ケントのたたずまいのなんと寂しそうなこと。

supermanrt_03.jpg 劇中シーンにも、ポスターにも衛星軌道上から足もとに地球を見下ろすスーパーマンの姿があります。劇中にも“人類の守護神”という表現が出てきますが、本来ならばその象徴として演出したはずのそのカットで、宇宙から地球を見下ろすスーパーマンの息が詰まりそうなほどの不安感と無力感の中、逆に彼の非力さがすごく強調されて見えるのです。

 これまでのように昇る太陽を背に衛星軌道を飛ぶおなじみのエンディングシーンも、むしろ『3』『4』で中途半端な終わり方になっていた旧シリーズを締めくくるためのお別れのエピローグに見えてしまうのです。

 彼こそは純然たる『正義の味方』として描かれ、その強靱な意志と鋼鉄の肉体は同時にアメリカの強さの象徴でもあることは彼がよく星条旗をバックに写っていることからも強く意識させられます。
 そんなスーパーマンの誕生は1938年。
 20年代に第一次世界大戦の軍需景気で一気に世界への大国へとのしあがり、その勢いをかってさらなる飛躍をもくろみ巨大な軍備を整えていた頃。そして40年代、第二次大戦勝利を通じてついに世界を二分する勢力の一翼を担うようになり、50年の朝鮮戦争を経て60年代のベトナム戦争こそ失敗したものの、蓄えた巨万の富と国力はついに月面へアメリカ人を送り込むことに成功します。
 このように20世紀後半を通じて軍事産業で膨れあがった世界最強の軍事国家は“勝てば官軍”の理屈にのっとってなにかというと国際的にも『正義』を奉じてきました。
 しかしベトナム戦争の実質上の敗戦はアメリカが無敵ではないことを、『9.11』は真の黒幕が誰であったにせよ、核兵器も巨大な軍隊も無力なことを証明したのです。

 登場以来、無敵に思えたスーパーヒーローが窮地に立ち、不敗神話が崩れるのはストーリーテリングのお約束ですが、それでもくじけない鉄の意志に根ざした絶対の正義として復活してくるからこそヒーローはヒーローでいられるのです。

 ところが、彼が象徴してきたアメリカの今には、どこにも正義がないのです。
 いや、もともとアメリカという国は最初からスペインやイギリスによる侵略に始まって、原住民を蹂躙・放逐して成り立った“悪”の国だったのに、やることなすこと正義だと信じ込もうと努力してきたものの、ここにきてようやく事実に目を向け始めたのではないでしょうか。
 ベトナム戦争における意義。朝鮮戦争介入の真の理由。
 特に78年版スーパーマン以降の25年間最大の変化として、アメリカが中東世界に対して採ってきた攻撃的で利己的な正義の押し売りがどれほど嘘くさく、じつは単なる侵略と内政干渉であることは口に出さなくても誰の目にも明らかになっています。

 絶対正義だと信じてきた自分の国こそが実はこの世の悪そのものだったのではないか、というあってはならない現実。
 それを忘れ、見ないふりをするために次々と作られてきた絶対正義を描いた映画の数々。

 だけど哀しいことにスーパーマンに限らずアメリカンコミックスが産み出してきた派手なヒーローたちが立ち向かうのは常に個人の犯罪者。巨大な組織や国家相手にはなんの力もないのです。ことに、戦争という国家が行う最悪中の悪に対して無力であるばかりか、世界最大の軍事力を誇る母国相手に戦争をやめさせようなどと働きかけたことさえありません。

 正義という嘘くさい言葉は、脚本力に優れ高度に練り上げられて自由化したジャパニメーションにおいて20年以上前すでに死語となりましたが、政治的指導のたまものか、はたまた本当に無敵アメリカの幻を追っているのか、ハリウッドの一部では今も空々しい勧善懲悪神話の量産を続けています。
 当然、彼らの正義はアメリカを守るためだけのエセ正義ですが、ジャパニメーションの進出によって若者たちなど底辺の意識は確実に変わってきているはずです。
 その結果が名優ケヴィン・スペイシーを悪役に迎えながらも「正義とは何か」「たったひとりで何ができるのか、すべきなのか」という問題定義になり、今回のスーパーマンの哀しさにも影を落としているのではないでしょうか。

supermanrt_04.jpg

 もちろん、今回の『スーパーマン・リターンズ』劇中ではそんな事は一切言及されていず、すべては筆者のうがちすぎた見方かも知れません。
 だけど人間クラーク・ケントとして心に残る深い傷に塩を擦り込むような事件が淡々と描かれているものの、やはりそれ以前に“ひとりきりしかいない孤高の超人”という、スーパーヒーローの限界に直面せざるを得ないのです。
 78年版と81年『冒険編』で起こった事件は全てご都合的にひとりで解決してしまえましたが、アメリカが巨大な軍事力を持ってしても現実の同時多発テロに対して全く手も足も出なかった現実は、たとえ奇跡の超人といえどもたった一人しかいない彼の限界と、無力感のほうが伝わってきてしまいます。

 そのことを暗示するかのように劇中で登場するのがロイス・レインが書いた『世界がスーパーマンを必要としない理由』という論文。
 内容に関しては全く言及されていませんが、そのタイトルだけでもこの映画が作られた理由と、その製作における作り手たちのジレンマが見えるような気がします。
 彼───スーパーマンがこれまでやってきたこと、そしてこれからの自分の存在意義に疑問を持っていることを描いているという点でも、劇中も、実際も、帰ってきたスーパーマンは身も心も疲れ果てているように見えるのです。
 だからこそ、筆者が若き日に大枚2万円弱をはたいて最初のレーザーディスク・ソフトを買うほど大好きだったスーパーヒーローの半世紀以上に及ぶ伝説は、これで幕を下ろして欲しいと願うのです。

 おかえり、スーパーマン。そして、さようなら。

 *イメージ画面は海外資料サイトほかから拝借いたしました。

『スーパーマン・リターンズ』公式サイト

 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

|

« 『妖怪大戦争』痛快、映画で楽しむお化け屋敷! | トップページ | 『素晴らしきヒコーキ野郎』さあ腕をワキワキ動かして空を飛ぼう! »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【洋画:'01年以降】」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、よろ川TOMさん♪
帰ってきましたね、スーパーマン。
良くも悪くも王道なアメコミ映画でした。
今回はあくまで映画の流れを汲む作品でしたけど、93年のTVシリーズや、現在放送中の『ヤングスーパーマン』のように、もっと独自の要素を取り入れたモノにしてもよかったかな…とも思っています。
でもリアルタイムでクリストファー・リーブの『スーパーマン』を観ていた世代にとっては、あのオープニングは感動モノでした。

日本でヒットするかは分からないですけど、アメリカでは『M:i:III』を軽く抜くくらいの興行成績を収めているので、続編作られるんじゃないでしょうか?
『バットマンvsスーパーマン』は確実みたいですし。

投稿: ともや | 2006年8月 4日 (金) 23:03

彼は人間ではないんですが、
父を亡くし、星をなくし帰ってきた地球でもって
人々に迎えられる、
”あんたはもう地球のひとだ”と。
・・そのへんが救急車で運ばれるシーンや
ロイスのぶっとんだカミングアウトによって復活しちゃうあたりに
出ていたような気がします。
地球を導く立場やなんて見下ろしてたのが
実はその人間たちに助けられるシーンを
はさむことで
えらくヒューマンラブストーリーになった気がします。

コレだけ似てると続編を作りたい気持ちは
わかるんですが、
「ほとぼりがさめたころに」しないと
大概2ってがっかりするんですよね。
しかもVSバットマンでしたっけ?
フレディとジェイソンみたいな
B級はやめてほしいんだけどな・・・。

投稿: Ageha | 2006年8月 8日 (火) 08:53

TBありがとうございました。
いやー、よかったです!!
私はクリストファー・リーブ版も、ビジュアルでしか知らず、
今回が初スーパーマンだったのですが、
ヒーローの王道を行く彼がとっても素敵でした。
そう、すごく寂しげで切ないヒーローでしたね。
地球を見下ろしながら 耳を澄ますシーン、
涙が出てしまいました。

投稿: kino | 2006年8月14日 (月) 01:51

TOMさん、こんばんは♪
直前試写会で観てきましたよ~。
私の場合、思い入れが全くなかったことが功を奏したのか、予想してた以上に楽しめました。
かなり面白かったです。

これを機に、C.リーヴ版「スーパーマン」にもチャレンジしてみようと思います。
って、なんと今日の日曜洋画劇場でオンエアされるじゃないですかっ!
これは観なくちゃ!

投稿: 小夏 | 2006年8月19日 (土) 23:57

TBありがとうございました。
詳細な解説、素敵ですね!読んでて楽しかったです。そう、新作のスーパーマンはちょっと暗かったですね…私はもっとお気楽極楽な設定でもいいと思ったんですけど、時代がそれを許さないってことでしょうか。だって前作でも、「地球の歴史に干渉してはならない」ってことで、戦争や紛争についてはエクスキューズだったですから。でもけっこう面白かったです!

投稿: ぴむ | 2006年8月21日 (月) 20:17

こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。

スーパーマンに関する詳細な考察を興味深く読ませて頂きました。
この作品は、特に結末に続編を意図したと考えられる中途半端な印象がありましたが、主演であるスーパーマン役を演じたブランドン・ラウスさん、ロイス・レイン役を演じたケイト・ボスワースさんの新鮮な存在感に魅力を感じた映画でした。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

投稿: たろ | 2006年8月22日 (火) 23:37

よろ川長TOMさんこんにちは~
スーパーマンを通してアメリカの時代や世間の状態への作者の思いが入っている気がしますね。
私は今回のスーパーマンはカッコ良く綺麗だなって感じました。
昔のもあの時代にあったスーパーマンだったと思います。
深夜テレビでヤングスーパーマンも楽しんでま~す。

投稿: メリーママ♪ | 2006年8月25日 (金) 09:57

TBありがとうございました。
よく昔の画像を集めましたね。
すごく懐かしいです。

投稿: ケント | 2006年8月30日 (水) 21:34

私が感じた違和感をすっきりさせてもらいました。
ありがとうございます。

投稿: body&soulIV | 2006年8月30日 (水) 23:57

コメントとトラックバックありがとうございました。

私の方のコメントに書かせていただきましたが、よろ長さんの記事は非常に「目からうろこ」でした。

これからもよろしくお願いします。

投稿: クラム | 2006年9月28日 (木) 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33585109

この記事へのトラックバック一覧です: 『スーパーマン・リターンズ』疲れ果てて戻ったヒーローに見いだすもの。:

» スーパーマン リターンズ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:SUPERMAN RETURNS) 【2006年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★★) 1938年にジェリー・シーゲルとジョー・シャスターによって生み出されたアメコミ初のスーパーヒーロー。 過去にTVドラマ、アニメ、映画化されてきた作品。 今回は1981年に公開された「ス?パ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 22:33

» 『スーパーマン リターンズ』 [ラムの大通り]
----ふうん、スーパーマンかあ? あれっ、この人クリストファー・リーブに似ていない? 「いいところついてきたね。 監督のブライアン・シンガーは語る。 『スーパーマンを演じる役者は<映画スター>という看板を すでに背負っていてはいけなかった。 スーパーマンに対し... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 23:30

» スーパーマン リターンズ SUPERMAN RETURNS [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワース、ケヴィン・スペイシー主演 スーパーマンは5年間地球上から姿を消していました 彼は惑星クリプトンへ行き 自分の出生の秘密を探り そしてクリプトン最後の生存者であるのか 探りに行っていたのです 宿敵レックス・ルーサー... [続きを読む]

受信: 2006年8月 4日 (金) 23:56

» スーパーマン リターンズ/SUPERMAN RETURNS [我想一個人映画美的女人blog]
もう週末です。平日なのに3日連続で映画観てるmigです {/face_tehe/} アメリカのヒーローもの、好き{/3hearts/} でも「スーパーマン」<「スパイダーマン」<「バットマン」 「スーパーマン」観たのってかなーり昔。。。。だから 主人公はクラークケントで、 普段は新... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 01:10

» 帰還はシリーズ最高傑作!「スーパーマン リターンズ」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
今年の夏の映画界は話題が多く 観客動員数も増えてますね。 今年の特徴はシリーズ物が多いですね 洋画も 「MIP」(ミッションインポッシブル) 「POC」(パイレーツオブカリビアン)と そして8月いよいよ 「SPR」(スーパーマンリターンズ)が 公開となりますが 一足早... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 14:57

» またもや、アメコミヒーロー来日! [Excite エキサイトシネマ:映画をめぐる旅 憧れのカンヌ道中記]
みなさん、こんにちはチエです。 さてさて、『X-MEN』来日ネツもそろそろ落ち着いてきたこのごろですが、なんとなんと、またもやアメコミのヒーローが来日しましたね~。 そうです!『X-MEN』よりも一足先に今月公開する『スーパーマン リターンズ』の面々。 ヒュー様... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 15:01

» 「スーパーマン リターンズ」 [It's a wonderful cinema]
 2006年/アメリカ  監督/ブライアン・シンガー  出演/ブランドン・ラウス      ケイト・ボスワース      ケビン・スペイシー  おかえりなさい、スーパーマン!  スーパーマンが大好きな私にとって、シリーズ復活は本当に嬉しいこと。スーパーマ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 00:27

» 王の帰還・「スーパーマン・リターンズ」 Superman Returns [「USAのんびり亭」映画情報 ]
帰って来たスーパーマンは堂々たる風格の古典的正統派“王道”超大作娯楽映画でした。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 12:41

» スーパーマンリターンズ [シネマ日記]
ずっと、チェックしてくれていた方ありがとう。(ワタクシはアドバンスではないので、アクセス解析はできないけど、来てくださったのに更新されていないという結果になってしまった200名以上の方々ありがとう。)やっと「スーパーマン」します。ネタバレあり!!!注意してく... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 14:03

» 『スーパーマン リターンズ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某雑誌で当選した 『スーパーマン リターンズ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★ [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 16:44

» 感想/スーパーマン リターンズ(試写) [APRIL FOOLS]
あのスーパーマンです。誰でも知ってるキャラなのに、作品て観たこと無いや。でもイメージ通りでしたわ。8月19日公開『スーパーマン リターンズ』。いいと思うが好みじゃナッシン。 5年前突如姿を消したスーパーマンが帰ってきたつー続編的プロローグ。したら恋人ロイ... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 09:29

» スーパーマン リターンズ [映画鑑賞★日記・・・]
『SUPERMAN RETURNS』公開:2006/08/19(08/12先行)監督:ブライアン・シンガー出演:ブランドン・ラウス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、サム・ハンティントン、エヴァ・マリー・セイント、パーカー・ポージ... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 00:31

» スーパーマン リターンズ [映画とはずがたり]
あれは何だ?鳥だ!飛行機だ! いや・・・スーパーマンだ!! 世界の平和を守る、あの英雄がスクリーンに帰って来た!! STORY:5年間の自分探しの旅を終え、スーパーマン ことクラーク・ケント(ブランドン・ラウス)が地球に帰って来た。 以前務めていた新聞社... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 01:37

» 『スーパーマン リターンズ』 [*Sweet Days*  ~movie,music etc...~]
CAST:ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワース、ケヴィン・スペイシー 他 宇宙に旅立っていたスーパーマン(ブランドン・ラウス)が、5年ぶりに地球に戻ってくる。と同時期に、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサー(ケヴィン・スペイシー)が、またもや恐るべ... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 07:21

» スーパーマン リターンズ [映画館で見たい映画]
世界中の誰もが知っている、胸に"S"マークの刻まれた男が帰ってきます。 弾丸よりも速く飛び、飛行機すらも持ち上げ、あらゆる武器をはじき返す 鋼の肉体。遠くの叫び声を聞き取る耳に、鉛以外を透視することができる目。 そんなスーパーマンも、普段は新聞記者クラーク.. [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 17:14

» スーパーマン・リターンズ [八ちゃんの日常空間]
ついに、待ちに待った日がやってきた。アメリカ最強のヒーローが帰ってきた。宇宙人だから、めちゃくちゃ強い。空を飛んでしまう。空気のない宇宙空間だって平気。背中のうえに機関車が走っても傷一つつかない。 息を吹けば天気だって変えられる。 [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 19:51

» スーパーマン リターンズ(先行上映) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
1938年のコミック誕生以来、何度も映像化されてきたスーパーマン。しかしその名を世界に広めたのは、リチャード・ドナー監督、クリストファー・リーブ主演の映画『スーパーマン』に他ならない。今回18年ぶりに製作された最新作も、その78年公開作と続編『スーパーマンI... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 00:41

» 「スーパーマン リターンズ」 そのジオラマ、誰が作ったん?! [目の中のリンゴ]
先行上映で観てきました。 「スーパーマン リターンズ」 (Superman Returns 2006年 アメリカ) いやー、なんといっても新スーパーマンのブランドン・ラウスでしょう! 私は今までのスーパーマンを観たことがないのですが、 ”あれは何だ?鳥か?飛行機か?” とか、... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 01:49

» 映画vol.79『スーパーマン リターンズ』*試写会 [Cold in Summer]
 『スーパーマン リターンズ』*試写会  監督: 出演: ケビン・スペイシー HP 今回はまた試写会。 アメリカのヒーロー物、楽しくて好きです。 スーパーマンって前作どんなだっけ??時間経ちすぎ。 登場人物の背景、全く忘れ... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 13:03

» 「スーパーマン リターンズ」 [しんのすけの イッツマイライフ]
スーパーマンがスーパーマンたる所以(ゆえん)の、 ダイナミックなアクションを堪能いたしましょう(^o^)/ [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 20:14

» 映画「スーパーマン リターンズ」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年44本目の劇場鑑賞です。先行上映劇場で観ました。「X-メン」「X-MEN2」のブライアン・シンガー監督作品。「アメコミヒーローの原点“スーパーマン”がスタッフ、キャストを一新してついに復活。前シリーズの2作目「スーパーマン II/冒険篇」の後を引き継ぎ、5年ぶ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 22:35

» スーパーマン リターンズ [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年8月19日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:ブライアン・シンガー 出演:ブランドン・ラウス,ケイト・ボスワース,ケビン・スペイシー 鑑賞日:2006年7月27日(試写会) 朝日ホール(座席数776) 【ストーリー】 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 16:21

» スーパーマン リターンズ [Akira's VOICE]
五年ぶりに帰ってきたスーパーマンの, 八面六臂の大活躍に拍手喝采! [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 17:35

» スーパーマン リターンズ [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  SF&アクション&アドベンチャー  監督:ブライアン・シンガー  出演:ブランドン・ラウス      ケヴィン・スペイシー      ケイト・ボスワース      ジェームズ・マースデン クリプトン星の3悪人との戦いに勝利したクラー... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 18:42

» 『スーパンマン・リターンズ』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
サントラ/スーパーマン・リターンズ・オリジナル・スコア&予告編 劇場で観ようとは考えないであろう作品。 続編なのだがあまりにも時間が経ちすぎている...。 そういう意味で試写会で鑑賞できてよかった。秊 全く期待していませんでしたので...。 さすが... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 23:43

» スーパーマン リターンズ (2006年、米) [七月のうさぎ]
原題: SUPERMAN RETURNS 監督: ブライアン・シンガー 出演: ブランドン・ラウス     ケヴィン・スペイシー     ケイト・ボスワース     ジェームズ・マースデン     フランク・ランジェラ     サム・ハンティントン    ... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 00:03

» スーパーマン リターンズ SUPERMAN RETURNS [バイヤーKENの全力疾走「商売日記」]
1年に一本ぐらい、前評判も含めてそんなに期待していなかった映画が、実際に見たらメチャメチャ面白かったというのがあります。今年はまだそんな映画に出会っていなかったのだけれども。。。 ↑スゴ... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 04:22

» スーパーマン リターンズ [Diarydiary! ]
《スーパーマン リターンズ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - SUPE [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 15:42

» 映画 『スーパーマン リターンズ』2006米国 [本中毒、映画中毒、仕事中毒、そして...恋愛中毒]
注意!!! 以下、思い切りネタバレあります。 観る予\定の人で、まだ観ていない人はスルーする事!! [:hide:] ある母子家庭がある。 未婚の母親。 子供の父親は五年前から行方不明。 で、母親はキャリアウーマンとして頑張って、そ [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 16:04

» スーパーマン リターンズ [「C列車で行こう!」]
製作=2006年 アメリカ 154分監督=ブライアン・シンガー脚本=マイケル・ドハティ ダン・ハリス出演=ブランドン・ラウス ケヴィン・スペイシー ケイト・ボスワース ジェームズ・マースデン パーカー・ポージー マーロン・ブランド(特別出演?)公式HP=htt... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 21:32

» 映画vol.79『スーパーマン リターンズ』*試写会 [Cold in Summer]
 『スーパーマン リターンズ』*試写会  監督: 出演: ケビン・スペイシー HP 今回はまた試写会。 アメリカのヒーロー物、楽しくて好きです。 スーパーマンって前作どんなだっけ??時間経ちすぎ。 登場人物の背景、全く忘れ... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 10:28

» スーパーマンリターンズ 映画「スーパーマン」シリーズ18年ぶり... [話題のナレッジベース]
スーパーマンリターンズは、「スーパーマン」シリーズの約18年ぶりとなる最新作で21世紀の新スーパーマンが遂に世界初公開された。人気シリーズ映画の最新作「スーパーマン リターンズ」(ブライアン・シンガー監督、来夏公開)はオーストラリアで撮影が進行中で、主役... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 12:39

» スーパーマン対ニキータ!? [海外ドラマ&映画 大スキ!]
スーパーマン リターンズ 見て来ました。最初のタイトルやクレジットの出方が昔のスーパーマンと同じで、字がニョーンとなるやつなのが、懐かしくて嬉しかったです。もちろん、ジョン・ウィリアムスのテーマ曲も! ストーリーはクリストファー・リーブ版 スーパーマンII ... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 13:59

» 真・映画日記(2)『スーパーマン・リターンズ』 [CHEAP THRILL]
(1から) 日比谷駅から日比谷線で霞ヶ関に行き、 丸の内線に乗り換え新宿へ。 すぐさま新宿ミラノ座に。 この日が初日の『スーパーマン・リターンズ』だが、オールナイトなら混んでないはず。 案の定、ガラガラ。 ど真ん中の席で見る。 うーーん、良くも... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 19:39

» スーパーマンの日/スーパーマン(78・米) [毎日が映画記念日]
6月1日は「スーパーマンの日」! [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 20:11

» 「スーパーマン」アメリカ同様そこそこの出足? [映画コンサルタント日記]
「スーパーマン・リターンズ」オープニング興収は2.6億円。「X-MEN2」(最 [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 21:52

» スーパーマン リターンズ [そーれりぽーと]
遂に復活したスーパーマン。 アメコミ映画の中ではバックに政府が付いていそうなくらいアメリカ国民支持の高いヒーローなだけに凄い映画に仕上がっているに違いないと大期待して『スーパーマン リターンズ』を観て来ました。 ★★★★★ あの人が帰ってきた! ファンな... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 22:12

» 「 スーパーマン・リターンズ 」 [MoonDreamWorks]
監督・製作・原案 : ブライアン・シンガー 出演 : ブランドン・ラウス /ケヴィン・スペイシー /ケイト・ボスワース      公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/ 「 スーパーマン 」シリーズが、主演のクリストファー・リーヴの事故によ... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 00:20

» スーパーマン リターンズ [CLII -やっぱり映画は面白い-]
公開日 2006年8月19日 2006年製作 アメリカ 154分 ■ジャンル SF/アクション 総合評価 3000円 感動 ★★★★★ 笑う ★★★★☆ 泣く ★★★★☆ 脚本 ★★★★★ 映像 ★★★★★ 音楽 ★★★★★ 出演 ★★★★★ カッコイイ ★★★★★ [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 00:22

» 「スーパーマン リターンズ」を観ました。 [GOOD☆NEWS]
8月19日(土)から公開されている「スーパーマン リターンズ」を観ました。シリーズ2作目の「スーパーマンII/冒険篇」(1981年)の続編です。 ■ストーリー抜粋≫ 公式サイトはこちらです。(上映時間:2時間34分) 【 故郷であるクリプトン星を探しに、地... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 10:53

» 試写会鑑賞 九段会館にて ? ブライアン・シンガー 「 スーパー... [** Paradise Garage **]
こんにちは。 良く晴れた木曜日です。 今日は、昨日 一足先に 九段会館にて行なわれた試写会で観させて頂いた、人気キャラクターが復活したブライアン・シンガー氏の新作映画について。 『 スーパーマン リターンズ ( SUPERMAN RETURNS ) 』 ( ‘06年... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 23:38

» 『スーパーマン リターンズ』 [京の昼寝♪]
永遠のスーパーヒーローが帰ってきた!   ■監督 ブライアン・シンガー■脚本 マイケル・ドアティー、ダン・ハリス■キャスト ブランドン・ラウス、ケイト・ボスワース、ケビン・スペイシー、ジェイムズ・マーズデン□オフィシャルサイト  『スーパーマン リ... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 08:40

» 応援したくなるヒーロー。『スーパーマン リターンズ』 [水曜日のシネマ日記]
スーパーマンが活躍する人気アクションのシリーズ最新作です。 [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 14:01

» スーパーマン・リターンズ [UkiUkiれいんぼーデイ]
シリーズ最終作から19年を経て、スーパーマンが帰還しました! 数千人の中から選ばれたという新星スーパーマンにはブランドン・ラウス。 良いですねぇ?彼! クリストファー・リーヴを彷彿させる容姿ですが、リーヴよりもマイルドなルックスが気に入りまし... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 15:49

» スーパーマン リターンズ見てきました♪ [ヘロ主婦の HERO体験談 ノノ★]
ブランドン・ラウス(スーパーマン)が とってもぴったりな配役でした。 ストーリーも良く出来ていました。 あきないテンポで進んで目が離せませんでした。 スーパーマンの片思い?になっちゃった?でもでも復活は?あり? ここのとこが恋愛ものにもなってたり[:ラブ... [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 10:05

» 還ってきた「スーパーマン」 [つねさんの人生奮闘記]
昨日、野球が終わってから、オイラは一人で、みなとみらい界隈をブラブラして、時間 [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 17:02

» 『スーパーマン リターンズ』2006・8・20に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『スーパーマン リターンズ』?  公式HPはこちら ●あらすじ (『スーパーマン II/冒険篇』でクリプトン星の3悪人との戦いに勝利したスーパーマン。その後、彼は謎の失踪を遂げる)不在となった地球では宿敵・レックス・ルーサーは、仮釈放が認められ彼への復讐を [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 14:03

» スーパーマン リターンズ [ちわわぱらだいす]
久々に綺麗な男を見ましたね~ これは瑠璃さんに報告しなければっ! うさぎには初めてのスーパーマンでした。 何にも予習していなかったけど。。。楽しめました。 (以下 ネタバレあり) この映画ひとつにポセイドン、日本沈没、ユナイテッド93 おまけにパイレーツ... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 00:41

» No.084 「スーパーマン リターンズ」 (2006年 米 15... [キングの映画の窓(劇場鑑賞版)]
監督 ブライアン・シンガー 出演 ブランドン・ラウス     ケイト・ボスワース     ケヴィン・スペイシー 久々に公開される「スーパーマン」の映画ですが、思えばクリストファー・リーブが演じたスーパーマンからかなりの年月が経ちますが、たしか「君も空... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 02:17

» 「スーパーマン リターンズ」86点。 [mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ]
「スーパーマン リターンズ」hp ポスター。 正統派のヒーロー、復帰。 ←クリックして秋の準備。 [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 09:32

» スーパーマン・リターンズ [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  ついにあのスーパーマンが帰って来た!それも前シリーズの2作目からの続編だという。偶然この映画の予告編を観て、もしや?・・・何だなんだ・・本当に。マジかよ。おお!!やっぱり。すごい!凄いぞ!バンザーイ!お帰り。ウォーツ!お帰りなさいスーパーマン [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 13:26

» スーパーマン・リターンズ・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
何とロマンチックな映画だろうか。 ほぼ20年ぶりに蘇った元祖アメリカンヒーロー「スーパーマン・リターンズ」は、正しくファンが待ち望んでいた形で帰って来た。 ’78年に発表された「スーパーマン」は、リチャード・ [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 16:50

» スーパーマン リターンズ [気になるフィギュア & ホビー]
スーパーマン リターンズ リアルアクションヒーローズ-278 スーパーマン(予約) 価格 15,540円 (税込) のところ 特価 12,226円 (税込) スーパーマン PVC製塗装済み完成品フィギュア コトブキヤ版(予約) 価格 8,190円 (税込) のところ 特価 6,442円 (税込) ... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 20:29

» ★「スーパーマン リターンズ」 [ひらりん的映画ブログ]
2006年8/12の先行上映(ナイト・ショウ)で見てきました。 0:50からの開始だったけど、半数以上埋まってました・・・これってスーパー? アメリカには超有名なスーパー・ヒーローがいっぱいいます。 しかし、そのヒーローの細かい情報は、あまり知らないひ... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 01:01

» スーパーマン・リターンズ [映画を観たよ]
実は初スーパーマンだったり。 元々アメコミ映画好きじゃないから見ていませんでした。 宇宙人だってことも最近知りました(笑)ということで思いいれも何もありません。 感想としては・・・スーパーマンって何でも出来るんだね!!ってこと。 後は普通(笑 ストーリーも... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 12:03

» スーパーマン リターンズ(映画:2006年106本目) [デコ親父はいつも減量中]
監督:ブライアン・シンガー 出演:ブランドン・ラウス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジェームズ・マースデン 評価:84点 公式サイト (ネタバレあります) オープニングのテーマ曲だけで、見る人をこれだけひきつける映画もそ... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 23:48

» 映画: スーパーマン・リターンズ [ex-青いblog]
スーパーマン・リターンズ か、 か、 かっこよかったぁあああ~~~~~~~ブランドン・ラウス!!! (≧∇≦) キャーーーー あー… 8/1にジャパンプレミア来てたんだ。 行... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 14:03

» 【劇場鑑賞87】スーパーマン リターンズ(SUPERMAN RETURNS) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
クリストファー・ リーブ夫妻へ捧ぐ [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 23:07

» 「スーパーマン・リターンズ」冒頭シーンは画面に釘付け [soramove]
「スーパーマン・リターンズ」★★★☆ ブランドン・ラウス 、 ケイト・ボスワース 、 ケビン・スペイシー 主演 ブライアン・シンガー 監督、2006年アメリカ バットマンにスーパーマンも帰って来て、 ざっと作品のラインナップを見ると 「××× Ⅱ」や「なん... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 22:15

» 『スーパーマン・リターンズ』(2006)★★★★★ [ポップコーンを食べながら]
『スーパーマン・リターンズ』を映画館で観た。 帰ってきたウルトラマンじゃないけど、帰ってきて感動! 前スーパーマン役のクリストファー・リーヴの ソックリさんが帰ってきた感じw ストーリーは、予想が出 [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 10:47

» スーパーマン リターンズ [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
映画、スーパーマン リターンズを見てきました。かなりキャラクターをいかせてない。 せっかくヒーローがいるのに人助けばっかりで、対決するシーン少なかったのが残念でした。 悪役も結構普通の人間で、特に特殊能力を持っているわけでは、ないのでスーパーマンと力の 対... [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 16:25

» 「スーパーマン リターンズ」 人間「スーパーマン」を描いた良作 [はらやんの映画徒然草]
ブライアン・シンガー監督の「スーパーマン」へのオマージュがあらゆるところで感じら [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 23:25

» スーパーマン リターンズ [勝弘ブログ]
http://wwws.warnerbros.co.jp/supermanreturns/スーパーマン2の続編で5年後という設定らしい。実は録画してあったスーパーマン2を半分ぐらい見た途中で映画館でリターンズを見て今2を見終わりました。スーパーマンもテレビ [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 00:12

» スーパーマン リターンズ [タクシードライバー耕作のDVD映画日誌]
製作年度:2006年 製作国:アメリカ 上映時間:154分 監督:ブライアン・シンガー 製作総指揮:クリス・リー 、トーマス・タル 、スコット・メドニック 脚本:マイケル・ドハティ 、ダン・ハリス 音楽:ジョン・オットマン 出演:ブランドン・ラウス ... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 12:15

» 映画「スーパーマン リターンズ」 [ちょっとひとことええでっかぁ♪]
私はレックス・ルーサーが大好きです…と言っても若い頃ですが…。 スーパーマンはTVの「ヤング・スーパーマン」のシーズン1しか知りません。 [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 17:12

» 「スーパーマンリターンズ」 [-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-]
78年クリストファーリーブ版の「スーパーマン」は、ぼくが映画を観るようになって2作目の作品。特に、映画音楽から映画への興味を膨らませていったこともあり、あのJ.ウィリアムスのメインテーマは、細かな旋律まで今でもよく憶えています。 そんな背景を持つ身と... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 13:36

» スーパーマン リターンズ [『じゃあ映画を見に行こう』]
「スーパーマン リターンズ」(2006) 本当に久しぶりにシネコンへ行った。ミニシアターを巡っていると、つい大手配給の作品を忘れがちになる。旧作にとんと暗いぼくは、「スーパーマン」シリーズは今回が初めて。本作デビューのブランドン・ラウスの堂々たる存在感に注目... [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 02:01

» 「スーパーマン リターンズ」 フォンテヌ [『パパ、だいスキ』と言われたパパの映画日記]
当時、ジョン・ウイリアムスの「スーパーマン」のテーマ曲は、「STAR WARS」のパッチもんというのが私の評価でした。 だって「探偵ナイトスクープ」で「蛍の光」を唄った後「仰げば尊し」を唄う事ができないと検証されたように、「スーパーマン」の曲聞いた後は、「STAR W... [続きを読む]

受信: 2006年10月18日 (水) 22:41

» 「スパーマン リターンズ」 [Tokyo Sea Side]
リターンする前を知らないで観たので、最初は人間関係はよく分からないし、あまりの超人ぶりにただただビックリでした。しかもオープニングがやたら長い。。しかしやはりヒーロの元祖だけあってとても強いんですね。ストーリーも王道で分かりやすくて良かったです。あのカ... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 21:10

» スーパーマン リターンズ [PLANET OF THE BLUE]
・・・。面白くない^^; 監督  ブライアン・シンガー 出演  ブランドン・ラウス  ケイト・ボスワース  ジェイムズ・マーズ      ケビン・スペイシー 他 長いですね^^;もうちょいどうにかなったかな? と思わざるを得ません。 お勧め... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 10:57

» スーパーマン リターンズ (Superman Returns) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ブライアン・シンガー 主演 ブランドン・ラウス 2006年 アメリカ映画 154分 SF 採点★★★ 人間の女性ではスーパーマンのスーパー射精の勢いに身体がもたず、スーパーマンのスーパーセックスのお相手はもっぱらワンダーウーマンだとか。しかしながら、なんでも早... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 13:49

» スーパーマン リターンズ [映画、言いたい放題!]
このシリーズ、全く観てないのですが この作品、評判いいですね。 映画館で観たかったけれど、やっとDVDで鑑賞。 地球から忽然と姿を消したスーパーマンことクラーク・ケントは、 自分の居場所を求めて宇宙の果てまで旅をしていた。 しかしクリプトン星の消滅をし... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 17:35

» 『スーパーマン・リターンズ』(2006) [【徒然なるままに・・・】]
個人的には今夏一番の期待作だったんですが、やっと観に行くことが出来ました。前作『スーパーマン4/最強の敵』から19年ぶりの最新作となりますが、スーパーマン復活のニュースはこれまで何度も出ていて、ティム・バートン監督がニコラス・ケイジ主演で撮るとか、バッ... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 21:17

» スーパーマン リターンズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「スーパーマン リターンズ」は、8/19公開になった世界中で愛されるアメコミ・ヒーロー物の真打とも原点とも言える存在だと思うのですが、いよいよ帰ってきましたねぇ?♪大人気シリーズが19年ぶりに復活なんだそうです。  あくまで復活で、「バットマン・ビ... [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 19:32

« 『妖怪大戦争』痛快、映画で楽しむお化け屋敷! | トップページ | 『素晴らしきヒコーキ野郎』さあ腕をワキワキ動かして空を飛ぼう! »