« 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 | トップページ | 『クラッシュ』運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ傑作群像劇。 »

2006年2月 6日 (月)

『THE PROMISE-無極-』韓中日スター集結のスペクタクル寓話。

the-promise06.jpg

 はい、みなさんこんにちわ。

 今回はあの『さらば、わが愛/覇王別姫』のチェン・カイコー監督の新作なんですが、なんと主演が韓国のチャン・ドンゴンとわれらが真田広之、ヒロインにセシリア・チャン、そして製作が中国のチャイナフィルムと韓国のショーイースト、アメリカのムーンストーンエンターテインメントの合作という、なんともインターナショナルな作品。

 2005年5月に噂を聞いてこのブログに期待作としてご紹介してからはや9ヶ月。
 ようやく待ちに待ったスペクタクル映画が観られました。幸い筆者の期待にはずれなかったオススメ作品でしたので、旧記事に加筆・改筆してお送りいたしますね。
 


 この作品『THE PROMISE-無極-(ウージ)』、舞台は“未来における三千年前…”いつとも知れぬ戦国時代の中国大陸、チャン・ドンゴン演じる奴隷だけれど韋駄天のごとき俊足と猛牛のようなパワーを持った無敵の漢(おとこ)昆侖(クンルン)と、国のどの男たちもがひざまづかんばかりに敬慕するセシリア・チャン演じる皇妃・傾城(ハイツェン)、真田広之演じる無敵の大将軍・公明(クヮンミン)、そしてニコラス・ツェー演じる冷酷な公爵・無歓(ウーハイ)が運命に翻弄されながら織りなす、情念の物語───
なお、名前の読みのカタカナ表記は筆者のミミで聴いたものなので、空耳の可能性があります

 はい、まず最初に正直に申しましょう。これは大人のための寓話です。

 他の方のお話を伺うと今回の作品はあまり彼らしくないところもあるのだそうですが、あいにく筆者は巨匠・チェン・カイコーの作品を実は一度も観たことがなかったのでまったく先入観なく観られました。

 寓話スタイルですから、お話も実に簡潔かつサクサクっと進みます。
 内容も複雑なものではありません。しかしそれだけにその含むものは多いのではないでしょうか。
 そもそも導入部分からして、むしろ毒々しいまでに鮮やかな色彩と絵のようにも見える画面構成にまず驚かされます。
 下の写真のように某ゲームメーカーの傑作ソフトのようなシーンも多数出てまいりますが、地獄の亡者をなぎ倒す、肺を冒されたやさぐれ悪魔払いではありません。

the-promise02.jpg

 哀しいかな、テレビ映像先進国に住む私たちはイメージを与えられることに慣れすぎてしまって、逆に見せられたモノが経験した既製のイメージに合わない時はどうしても本題とは関係のない妙な“ツッコミどころ”にばかり目が行ってしまいがちになりますね。
 かつてチャン・イーモウ監督の『英雄』でもそういったご意見が多く目につきました。

 しかしこれは大変なソンなのです。
 ものを見聞きするための感性レーダーが錆びついているのです。

 ところが小劇団の舞台劇を見慣れた方なら、たとえ題材が時代劇、はてはシェイクスピアであったとしてもTシャツとジーンズで、しかも一人の役者が同じ格好で何役もこなすというシチュエーションには慣れっこなんですね。
 筆者もはじめて小劇団の芝居を観たとき、最初は「あれ?この人、さっき主人公をしてた人やのに、なんで?」って混乱したものです。
 しかも「階段を転げ落ちる」シーンなのに、舞台には階段などない平面のみ。
 もちろん役者の演技力も必要ではありますが、まず観客側に“彼はいまは登場人物Bであり、今彼は階段の上にいるのだ”という“事実”をすんなり受け入れる柔軟な頭脳とイマジネーション構築能力が求められるのです。

 チャン・イーモウといい、チェン・カイコーといい、中国は京劇に代表される大衆演劇の伝統文化の発達した国に生まれ育ったこともあるのでしょう。
 彼らの世代はヨーロッパの映画に強く影響されていると聞いてはいますが、とんでもない映像美を創り出す一方で、観客側の想像力を刺激するところなどはやはり中国の映像クリエーターなんですね。

the-promise04.jpg

 だからあり得ない速度で突っ走るチャン・ドンゴンの姿やこの世のモノとも思えない巨大な城、時空を超える移動方法などはすべて隠されたいくつもの象徴的な意味があるのだと思いを巡らせるとこの作品はより深く、より楽しむことができると思うのです。

 とはいえ、監督ご当人が何とおっしゃっているのかは存じませんが、筆者にはこの作品がかの黒澤明監督の影響を受けている、もしくはかなり意識しているように見受けられました。
 真田広之氏演じる大将軍のきらびやかな衣装だけならともかくも、彼の率いる三千の軍隊がまるまる真紅の統一された衣装を身にまとっていること、おなじく蛮族が黒、対して悪玉・無歓(ウーハイ)公爵は常に無機的な色で徹底統一されたカラーリングは『乱』、そしてなによりも幻想的と言うよりはときに夢想の中にいるかのような美術の数々は『夢』をほうふつとさせます。
 また唖然とするほど極端な表現の美術を駆使していながらも、戦闘シーンにおける屍の描写や人の生き死にをシビアに描くところなども晩年の黒澤明作品に多く見られたもの。


 また、物語の核とも言える運命を司る天女“満神”…いちおうガイドなどでは神様という説明ですが…は美しいとはいえ、『蜘蛛の巣城』に出てきた浪花千恵子さん演じる物の怪を思わせます。


 さて、キャストの方へ目を向けてみましょうね。

the-promise03.jpg

 昨今、韓国人俳優の中国映画進出も多くなってきましたが、今回この映画のためにチャン・ドンゴン氏、そして真田広之氏は中国語を猛勉強したとか。

 しかも語学の中でも最高難度といわれる発音もカンペキに近く、ネイティブの中国人に声だけ聴かせてのブラインドテストもクリアしたというから驚きです。
 このあたりの内輪ネタに関してはMistyさん主催の真田広之ファンサイトHiroyuki Sanada Enthusiast海外情報コーナーにどこよりも詳しく載っています。

 また、真田広之氏主演『亡国のイージス』公式ブログでイザヤ・パンダサンさん記述の“”こんなにしゃべってイージスBLOGに中国ロケでのこぼれ話も(2009年1月現在、いまならまだ公開中)。

 しかしそれにしても感心するのは真田氏のアクションが若き日を彷彿させるほどにカッコ良かったこと。
 これは彼と同い年の筆者としても嬉しい限り。やはり『亡国のイージス』の時の重そうな体躯は役作りもあったようですね。
 またこうした物語だけに彼がかつて蜷川ハムレットで培ったものがすごく光っていて、やはりその存在感と見応えのある演技が素晴らしく感じられましたね。
 テロップの名前順ではチャン・ドンゴンが先でしたが、演技と存在感は絶対彼の勝ち。

the-promise05.jpg
   さらに今回、前宣伝では主役の三人しか知らなかったのですが、実際観てみると悪役のニコラス・ツェー(写真左下)が実にキマっています。  なんといいますか、とくにマンガ・アニメ世代の日本人にはたまらん美しき悪のキャラクターに仕上がっていますので、もしかしたら女性ファンには彼がイチバン印象に残るかも。  マニアックな筆者には、シェ国(漢字表記では雪国)出身の暗殺者(写真右下)がお気に入りとなりました。  最初『仮面ライダー響』で童子役を演じている人かと思っておどろきましたが…  トラバ先を探してたとき見つけた“中国映画のチャイナベ-シネマ”さんによりますと、彼はリウ・イエ氏とおっしゃるそうな。  しかもなんと!そのサイトによりますと、彼はあの名作『山の郵便配達』の息子役の青年だったのです!これには驚きました。チャイナベ-シネマ店長さん、情報ありがとうございます。  筆者同様、彼に興味がわいたら他にも“中国映画のチャイナベ-シネマ”さんにやたら詳しく載っているのでご参考になされませ。

 ついでの余談。チェン・カイコーって漢字で“陳凱歌”って書くんですねえ。なんか、ものすごい名前ですね。

 チャン・ドンゴン氏、仲村トオル氏と共演の『2009ロストメモリーズ』ではたどたどしいながらも日本語をがんばってましたし、一方の真田広之氏はすでに英語ぺらぺらだし、ほんとに多国語俳優こそが世界を制す!って感じになってきました。
 サッカー選手もそうですが、世界で活躍する日本人の姿にはいつも勇気づけられます。
 いや~~~っ、ほんとうに人間、運命は自分の力で変えてゆけるんですね。
 それでは、また。

◆『PROMISE』公式サイト
 
 
 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

|

« 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 | トップページ | 『クラッシュ』運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ傑作群像劇。 »

【SSF…Science, Space & Fantasy】」カテゴリの記事

【スペクタクル】」カテゴリの記事

【韓国・アジア映画】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。真田サイト管理人のMistyです。ご紹介いただき、ありがとうございました。

こちらから我が家にお越しいただいている方がかなりいらっしゃるので、元をたどって拝見させていただきました。面白いブログですね!また時々寄らせていただきたく思います。

因みに、映画と並行して、ゲームやテーマパークまで企画されているようで、この大将軍が「隕石ハンマー」を振り回している写真はホントにゲームの場面になるかもしれません。ご参考までに・・・(「無極」遊園地、行ってみたいです)

投稿: Misty | 2005年5月17日 (火) 14:50

初めまして、はると申します。

昨日、映画の予告編で『PROMISE-無極-』の映像をみて、気になって情報を探していました。

オフィシャルサイトより、こちらで紹介している内容の方が判りやすかったので、足跡をのこさせて戴きました。

あと、もし、よろしければ、リンクを張らせていただきたいのですが、よろしいでしょうか。
問題があれば、リンクを削除致しますので、ご連絡を頂ければと思います。


それではw

投稿: はる | 2005年10月31日 (月) 12:07

无#26497;很漂亮的#30005;影,很期待奥!!

投稿: 嘉 | 2005年12月 5日 (月) 05:30

こんばんは!初めまして
cremamaと申します。TB有難うございました。
やはりニコラス君が良かったですよね~・・・
この映画
でも私は永遠に真田ファンなんです。
あれ?テロップはドンゴン氏が先でしたっけ?
真田さんが先に出た気がしてました(勘違いですね!?)
また遊びに寄らせて頂きます。
今後共宜しくお願い致します!

投稿: cremama | 2006年2月 6日 (月) 03:07

初めまして。
この度は、TB、コメント有難うございます。

色々な国の映画を見られている方の解説は、とても面白く参考になります。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: チャイナベシネマ | 2006年2月 6日 (月) 19:35

こんにちは! ご無沙汰しています。
よろ川長TOMさんの感想を読んで、感性レーダーが錆びてきているかも!? と耳が痛かったです。
凄く綺麗なシーンや印象的な場面も多かったです。
好きだったシーンの写真画像を沢山載せられていて嬉しかったです!
私も森の場面とか「蜘蛛の巣城」を連想しました。
元老院とか王の護衛の赤い人とか黒衣には「スター・ウォーズ」をつい思い浮かべてしまいました。
この映画から、色んな映画への興味へと広がりが生まれそうなので、そういう意味でもとても有意義な鑑賞になりました。

投稿: bakabros | 2006年2月10日 (金) 07:13

こんにちは
TBありがとうございます。
黒澤監督作品・・・並べられて、あ、そーなんだっと
今更思い出してしまいました^^;
ニコラス・ツェーはビジュアル的にも、ほんっと
かつての哀愁ただよう美形悪役キャラなので
印象強いですね(笑)
でも、心に闇を負う暗殺者も、ビジュアル地味ながら
目立ってましたね~
ある意味、かつての美形悪役キャラ登場し始めた頃の
アニメ思い出したりしながら、鑑賞しちゃってた気がします。

投稿: にゃんこ | 2006年2月10日 (金) 10:22

こんにちは。TBありがとうございました。
2回目の試写会当選でまた新たに感想を書きましたので、こちらからもTBさせていただきます。

ようやく公開前になって、テレビCMでもニコラスの名前もよんでもらえているみたいです。少しでも多くの人に彼のことを知っていただけたらいいなと思っています。

投稿: meiry | 2006年2月11日 (土) 07:35

こんばんは
この手の映画はあまり見たことがなかったので、正直ちょっと戸惑いました。見る角度を変えてみようと努力してみたのですが・・・
でも色づかいは綺麗でしたね。赤・黒・白の甲冑、真田広之の着る花柄の着物などは印象に残っています。
個人的には、チャン・ドンゴンの表情、目つきが非常に良かったと思います。

投稿: 朱雀門 | 2006年2月12日 (日) 00:21

こんにちは。
勝手にTBさせていただきましたが、
コメントまでいただいてしまい、ありがとうございました。
この作品、普通の感覚で観ていたら突っ込まないと
観ていられない所もあるのでしょうが、それだけではもったいない!
笑ってしまうのはそれでそれで楽しみ方のひとつなので構いませんが、
他にも見るべきところたくさんあるのになぁ。

“満神”…私も神というより“運命”という蜘蛛の巣をはりめぐらす
怪物的な存在に思えました。

投稿: ひらで~ | 2006年3月 6日 (月) 15:22

コメ&TBありがとう。
おっしゃるとうりでね、まず、想像力をかきたてることが重要で、VFXの出来は二の次だと思いますね。で、京劇なんかも、はったりですね。で、孫悟空的な世界となる。チェン・カイコーは、スケール感を出したかったんだろうと思います。

投稿: kimion20002000 | 2006年7月 4日 (火) 02:28

こんにちは、よろ川長TOMさん♪
>某ゲームメーカーの傑作ソフトのようなシーンも多数出てまいりますが…
この間、聞いたんですが、あの甲冑のデザインに、その某ゲームメーカーの傑作ソフトを作った方も参加していたらしいです。
それを聞いて『なるほどねぇ~』って思いました。

ニコラス・ツェーもかなり人気ある俳優さんだと思うのに、この映画の宣伝では扱い悪いですよね(笑)。

投稿: ともや | 2006年10月26日 (木) 14:55

こんばんは
このたびリウ・イエの演技の確認のため
この作品を最後までDVDでじっくりと再見し
記事をアップしたのでTBさせていただきますね~
そうか~,大人の寓話なのですね。これはやっぱり。
私はどうしてもそれまでのカイコー監督作品の影響をひきずっていて
つっこみながらも楽しく観てしまいました。
リウ君の演技は流石だな~とやっぱり感心。
ドンゴンッシも切ない役でしたね。
そしてニコラスの美しいこと,意地悪パワー炸裂してましたが
あそこまで美しいと赦してしまいたくなりますね。

投稿: なな | 2009年1月15日 (木) 00:53

ななさん、トラ&コメありがとうございました!
記事にもあるように、幸い(?)覇王別姫を観ていない私はこれがチェン・カイコー初体験。
逆にそちらを観ていたとしたら、また全然違った目線になったかも知れません。

やはりこの作品を楽しめるかどうかは、この異様ともいえる世界観にどっぷり“浸かれるか”、“疲れるか”でしょうねえ。
でも私にしてみれば、宝塚の舞台や四季のミュージカルもこれに近い敷居の高さという気もしないでもありませんが。

投稿: よろ川長TOM | 2009年1月15日 (木) 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33584781

この記事へのトラックバック一覧です: 『THE PROMISE-無極-』韓中日スター集結のスペクタクル寓話。:

» 『無極』世界へ向けて発進! [かなさ日々あれこれ♪]
映画「無極」が全世界への配給網を確定した。 北米・ヨーロッパ・アジアの有力映画 [続きを読む]

受信: 2005年6月10日 (金) 12:43

» ついに真田広之さんの時代が来るか!? [森についてもっと知りたい]
今、私が一番気になっている映画、といえば。 日本の生んだ偉大なアクションスターの一人、 真田広之さんが出演する 「PROMISE 無極」。 今年中国で製作されたファンタジー叙事詩です。 監督は「さらばわが愛、覇王別姫」のチェン・カイコー。 (ああ、これも... [続きを読む]

受信: 2005年10月25日 (火) 21:35

» 真田広之主演「無極 PROMISE」 中国での評価は両極端 [じゃんす的北京好日子]
チェン・カイコー(陳凱歌)、真田広之、チャンドンゴン主演の「無極」が高倉健の「千里走単騎」とともに中国で話題になっています。中国最大のインターネットメディア「Sina」にも毎日たくさんの感想コメントが寄せられています。チェン・カイコーは『さらば、わが愛/覇... [続きを読む]

受信: 2006年1月20日 (金) 19:08

» 中国映画「PROMISE 無極」 試写会にて [渋谷でママ気mama徒然日記]
2005年/日本・中国・韓国/128min 提供:ギャガ・コミュニケーションズ 配給:ワーナー・ブラザース 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー 、 リィウ・イェ 、チェン・ホン 公式サイト ママの評価☆☆★... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 05:57

» PROMISE [Rohi-ta_site.com]
試写会で、出演:真田広之/チャン・ドンゴン/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/リウ・イェ/監督・脚本:チェン・カイコー/作品『PROMISE』を観ました。 ●ストーリー 戦乱の世で両親を失った幼い傾城(セシリア・チャン)は、死体が無数に転がる戦場で食べ物を... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 05:26

» 「PROMISE」 [試写会帰りに]
「PROMISE」プロミス(原題「無極」)試写会。 あまり期待していなかったのですが、チェン・カイコー監督で、真田広之出演という事だけでも、見ておかないといけない気になります。 ワイヤーアクションやCGを多用したアクション大作という事で、「グリーン・デスティニー... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 06:46

» PROMISE プロミス/-無極- [我想一個人映画美的女人blog]
日韓香港を代表するキャストの共演!チェンカイコー監督作品 セシリアチャンの新作として、出演が決まった時点から ずーっと楽しみにしていた作品{/hearts_pink/} 豪華絢爛、煌びやかなアクションファンタジーの誕生{/kirakira/} いきなり王妃を愛してしまう大将軍、日... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 09:43

» PROMISE/無極☆独り言 [黒猫のうたた寝]
予告で観ていて映像の美しさには目を奪われるものがあった『PROMISE/無極』を 一足お先に鑑賞できちゃいました。 映像もそうだけど、物語的にも惹かれるものがあったのよね(笑) 運命の女神とかわした約束=運命  一人の女は真実の愛よりも、豊かさの中... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 10:09

» PROMISE 無極 THE PROMISE [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、真田広之主演 傾城は幼い時に女神に「欲しいものは手に入れる事ができるが 本当の愛は手に入れることが出来ない」と約束させられる これが THE PROMISE 主題です 古代中国を背景にしているのでしょうか 大将軍光明は絶大な力を... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 10:51

» 《PROMISE(無極)》試写(2回目)の感想 [宝箱のカギ]
実は友達が《PROMISE(プロミス)》の試写会招待券を当ててくれたので、また行って来ました。念願の2度目の鑑賞です。 開場1時間前に行ったのに、既に数十人の人が並んでいました。客層は老若男女、年代様々。一番多いのは20~40代にかけての女性ですが、勤め帰... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 07:24

» PROMISE プロミス 無極  [エンタメ!ブレイク?]
壮大なるスケールで描かれた、アジアン ラブロマンス歴史アクション・ファンタジー とんでもないパワーを持った怪作なのだった。 「恥ずかしがっちゃダメ!」の王道映画だから めちゃすごいんです。 [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 11:13

» 「 無極/PROMISE 」 [MoonDreamWorks]
監督 : チェン・カイコー 主演 : 真田広之 / セシリア・チャン / チャン・ドンゴン      公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/promisemovie/ 監督は 「 さらば、わが愛/覇王別姫 」でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したチェン・カイコー。... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 12:31

» PROMISE [Akira's VOICE]
映像とアクションは満喫したものの, 中身のドラマは薄くて印象に残らない・・・ [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 15:58

» 「PROMISE」 [●○ゆるゆるシネマ感想文○●]
「PROMISE」  公式サイト 試写会鑑賞 ゆづの好き度  ★★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年2月11日公開予定??  上映時間124分 連日、試写会に行ってきました。 小さいころから、真田広之に憧れているので、 この作品にも興味が... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 20:51

» PROMISE 無極 [Saturday In The Park]
中国 監督:チェン・カイコー 出演:真田広之     チャン・ドンゴン     セシリア・チャン     ニコラス・ツェー 戦乱の世で親を亡くし行き倒れ寸前だった少女・傾城は女神から真実の愛と引き 換えにすべての男からの寵愛と何不自由ない暮らしを約束... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 22:57

» PROMISE:力強さを感じるチャン・ドンゴンの瞳 [「朱雀門」という方法・第2章]
★原題:無極 ★監督:チェン・カイコー(2005年 中国作品) MOVIX京都に... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 23:48

» 「PROMISE・無極」神話世界を大胆に描く野心作 [soramove]
「PROMISE・無極」★★★ 真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン主演 チェン・カイコー監督2005年中国 無国籍な神話の時代の話、 現実的な人間と 神秘的な女神の出会いに 一気に幻想的な映画に入り込む。 猛牛の群れが人間を飲み込む 前半のハイライ... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 23:50

» PROMISE 評価額・300円 [Blog・キネマ文化論]
●PROMISEを鑑賞。 何不自由ない暮らしを手に入れながらも、真実の愛を探し求 [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 10:37

» チェン・カイコー監督 『PROMISE / 無極』 ☆今年11本目☆ [honu☆のつぶやき 映画に恋して]
『PROMISE』 公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/promisemovie/原題:THE PROMISE/無極製作:2005年中国/日本/韓国監督:チェン・カイコー出演:真田広之/チャン・ドンゴン/セシリア・チャン/ニコラス・ツェー/リィウ・イエ/チェン・ホン 《公開時コピー... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 17:50

» 映画館「PROMISE/無極」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
真田広之、チャン・ドンゴン出演ということで話題になっていますが、私が一番楽しみにしていたのは、ニコラス・ツェー様~~!武侠作品でありながらファンタジー!結構好きです、この手の作品♪ すべてを手に入れる代わりに真実の愛を得られないという運命を背負った女... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 21:24

» PROMISE 無極 [シニカル・ヒストリー・タワー]
素晴らしい映像美のファンタジー映画でした。 中国人監督による日本韓国中国の合作映画「PROMISE 無極」。 PROMISE 無極 「有頂天ホテル」もいいかなと思ってたのですが、映画館で見るならこちらの方が迫力があるかなと思って真田広之 、チャン・ドン... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 22:39

» PROMISE [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  過剰なほどの美しさ・何か足りない物語 [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 00:20

» 神と人がいる景色・武侠風ファンタジー/『PROMISE』無極 其の一 [活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世]
●PROMISE/無極● 監督:チェン・カイコー  主演:真田広之/セシリア・チャン/チャン・ドンゴン    ニコラス・ツェー/リウ・イエ 日(真田広之)・韓(チャン・ドンゴン)・香(ニコラス・ツェー)の新旧2枚目対決の話題作だ。 チェン・カイコー監督... [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 20:02

» 堪能な中国語 [犬も歩けばBohにあたる!]
真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー。 日本、韓国、香港の人気俳優夢の共 [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 11:23

» PROMISE―無極― [遠い海から来た・・]
‘ それは、アジアのどこか “未来における3000年前”から  現代へ届けられた [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 14:51

» 『PROMISE』2006・2・12に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『PROMISE』  公式HPはこちら ●あらすじ 戦乱の世の孤児である少女・傾城(セシリア・チャン)は、女神満神(チェン・カイコー監督の奥さんらしい)から究極の幸せを手に入れる事と引き換えに、真実の愛が一生、手に入らないリスクを約束した。 時がたち [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 19:49

» PROMISEプロミス/無極・・・・・1200円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「さらば、我が愛覇王別姫」のチェン・カイコー監督が、真田広之、チャン・ドンゴン、ニコラス・ツェー、セシリア・チャンといったアジアのスター大集合で作ったファンタジー大作。 [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 19:55

» PROMISE [俺の話を聴け!]
壮大なロケーション撮影、豪華キャスト、最新のデジタル技術を駆使した歴史スペクタクルメロドラマ・・・ってことで、中国映画大好きなオレとしてはワクワクしながら劇場へ!おおおお?、なんと雄大で美しい映像、真田広之も渋いぞぉー!ん、なんだなんだ、チャン・ドンゴ... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 02:02

» PROMISE-無極- [けおるん日和]
PROMISE公式ページ 今日見てきました。見る人によっては、「トンデモ映画」 [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 22:18

» PROMISE(映画:今年23本目) [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:チェン・カイコー 出演:セシリア・チャン、チャン・ドンゴン、真田広之、リィウ・イエ、ニコラス・ツェー、チェン・ホン 評価:70点(100点満点) やりすぎ。 美しい映像、豪華な衣装、確かな演技力、壮大で幻想的なストーリー。 よく... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 01:27

» PROMISE-無極- [Alice in Wonderland]
はっきり言って予告編を見て少々馬鹿にしながら観に行ったのですが・・・やられました。とにかく独創的な発想に素晴らしいカメラワーク、衣装や建物の色彩やデザインも美しくって圧倒されました。極めつけは主人公四人がそれぞれに魅力的で芸術品のように美しかった事、我... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 15:29

» 映画「PROMISE」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:無極/THE PROMISE 日本、韓国、香港のスターを競演させて、運命に導かれながらも運命を打ち破り、本当の愛を追い求める、時代感覚を無視したファンタジーな物語・・・。 「この世のすべての男からの寵愛と、不自由ない生活を約束しましょう。その代わり、お... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 01:12

» PROMISE / 無極 [空想俳人日記]
お約束 守れない子は 誰ですか   よくできた作品だと思います。ここんとこの中国映画で「2046」「HERO」に並ぶ快作ではないでしょうか。ただ惜しむらくは、CGではなく、題名。これは日本人だけでしょうが。主人公の少女は返済の当てのないお金を借りて... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 05:40

» PUROMISE無極 [ネコノワッチ研究所]
レイトショーで「PUROMISE?無極?」を見てきました。個人的には面白かったと思います。でも見終わってロビーで他の人が話しているのを聞くと評価は両極端に分かれているようでした。 基本的には「グリーンデスティニー」や「LOVERS」「英雄」などと似たよ... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日) 07:35

» Promise 無極 [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
いい意味で期待を裏切られた。中国映画といえばなんだか回りくどい感じで、なかなか世界感を 理解しづらいところがあるが、この映画は単純、アクションとロマンス。神さまや雪国人とちょっと 現実離れしているところもあるが中途半端じゃなくて良かった。キャストもうまい... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 09:41

» PROMISE [わかりやすさとストーリー]
●古今東西の歴史・民話・物語等の一部を取り入れ、サービス精神満載の漫画ちっくな映像と哲学的な深いテーマの融合で独特の作品世界を構築している● [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 11:09

» 【劇場鑑賞15】PROMISE(無極 THE PROMISE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
●契約内容をご確認ください。 ●収支と支出のバランスを大切に。 ●無理のない返済計画を。 井上和香は出てません。ヾ(ーー )ォィプロミス違いだって・・・ 運命、それは誰も破ることのできない約束(プロミス)。 ある日、何もかも失った少女の... [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 00:12

» 『PROMISE』その1 [ストーリーの潤い(うるおい)]
まず、正直に告白すると、真田広之さん目当てで劇場に行った部分が大きいです。 スクリーンの外でも武術が強い、そんな俳優はたくさんいるでしょう。 しかーし! 武術を含むアクションを、演技のレベルにまで昇華させた人として、「真田広之、世界一、いや、地球一だぜ... [続きを読む]

受信: 2006年2月21日 (火) 06:03

» THE PROMISE -無極- [toe@cinematiclife]
『さらば、わが愛/覇王別姫』、『北京ヴァイオリン』の監督、チェン・カイコー最新作。 出演は、日本の真田広之、韓国のチャン・ドンゴン、香港のニコラス・ツェー、セシリア・チャン共演のファンタジー。 スケールは大きいけれど、真田広之とチャン・ドンゴンを出演させ... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 01:02

» PROMISE プロミス  [ケントのたそがれ劇場]
★★★  中国映画だが、主演の4人は日本、中国、韓国からそれぞれ出演し、日本からは真田広之が大将軍光明役で熱演していた。エンディングクレジットにおいても、彼がトップだったし、役柄もだいぶ気を遣ってもらった感があった。  内容は伝説を基にしたような、ラブファ [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土) 21:16

» PROMISE・・・[愛]で運命-プロミス-を超えろ [☆お気楽♪電影生活☆]
昨日の映画サービス・デイに観ました♪2本目です! [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 17:16

» 無極 - プロミス [Naitoo!JAPAN]
韓・華・日の大物役者が出ているということで見てみました。... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 22:46

» ★PROMISE@川崎チネチッタ:日曜日午前 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
見るまで、どんな内容のどういう映画なのかわからなかった。 だから、たいして期待してもいなかった。 でも、見始まったら10分足らずで、これは見て良かったと思った。 映画鑑賞歴半年の私には、新しい映画の世界。 もう、ひたすらきれい…烈 まるで2時間が... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 22:48

» これはスーパーマンか?「プロミス」 [つねさんの人生奮闘記]
先週の木曜日に、早く仕事を切り上げて、109シネマズMM YOKOHAMAに足 [続きを読む]

受信: 2006年3月 7日 (火) 22:48

» 『PROMISE』その3(今度こそラスト!) [ストーリーの潤い(うるおい)]
『PROMISE』、何かと『HERO 英雄』と比較されがちですね。 で、私から観た両作品の特色、ちょこっと書いてみます(もちろん私のことですから、「ちょこっと」とはいっても、長くなりそうです)。 ご意見などいただけると、楽しいやり取りになるかも(?) [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 19:45

» 『PROMISE』その2 [ストーリーの潤い(うるおい)]
「『PROMISE』その1」で、サナー(真田広之)の解説、暴走しちゃいました。 やっと作品自体の感想に。 観る人ごとに色々な解釈ができそうな、神話的なストーリーでした。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 20:18

» PROMISE プロミス [シネクリシェ]
 よくもまあ、これだけ徹底的に様式美にこだわったものと感心することしきり。  初めに撮りたいテーマや素材があって、それに則って画を創っていく [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 11:23

» 「プロミス」(試写会:よみうりホール) [なつきの日記風(ぽいもの)]
凄い映像  凄いストーリー   豪華な配役    巨匠の作り出した大作     あぁ、エライもん観ちゃったな 原題:「無極」 英題:「The Promise」 製作国:中国/日本/韓国 監督:チェン・カイコー 脚本:チャーリー・カウフマン 出演:真田広之、チャ... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 21:51

» NO.157「PROMISE無極」(中国/チェン・カイコー監督) [サーカスな日々]
日本神話の荒ぶる神々の世界を、 チェン・カイコーのように我儘に映像化して欲しい。 チェン・カイコーの前作「北京ヴァイオリン」が制作されたのは、2002年。母の形見のヴァイオリンを弾く少年をコンクールに出そうと、貧しい父親はすべてを息子につぎこむ。混雑する駅... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 06:16

» 『PROMISE-無極-』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日はFLET’S光で当選した『PROMISE』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆ [続きを読む]

受信: 2006年8月 8日 (火) 16:50

» PROMISE<無極> [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
評価:★2点(満点10点)   監督:チェン・カイコー 主演:真田広之 チャン・ドンゴン セシリア・チャン ニコラス・ツェー 2005年 124min 愛で運命(プロミス)を超えろ 中国の巨匠、チェン・カイコーを監督に迎え、圧倒的なスケールで ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 9日 (水) 20:13

» 時をかけるアラレチャンドンゴン?!~「無極ーPROMISE」~ [ペパーミントの魔術師]
キャ~~ゴメンナサイゴメンナサイ。 でもね。 あのキィィィーーンってアラレちゃん走りをする(笑) チャン・ドンゴンにドン引きしてしまって しかも凧揚げ救出大作戦でドッシェ~と笑ってしまい、 よー引き受けたよな~こんなんと思いつつ、 そのせいで、スクリーンで見る... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 10:14

» PROMISE 06年162本目 [猫姫じゃ]
無極 The Promise 2005年   チェン・カイコー 監督・脚本真田広之 、チャン・ドンゴン 、セシリア・チャン 、ニコラス・ツェー 、リィウ・イエ かなり微妙、、、てか、冒頭の戦闘シーン、ギャグでしょ??その後もほとんどギャグのようなVFX、、、 いやぁ... [続きを読む]

受信: 2006年10月 4日 (水) 11:45

» PROMISE -無極- [ともやの映画大好きっ!]
(英題:無極/THE PROMISE) 【2005年・中国/日本/韓国】DVDで鑑賞(★★★☆☆) アジアの架空の時代と場所を舞台に、悲愴な運命に翻弄される3人の男女の姿を空前のスケールで描く歴史絵巻ファンタジー。 戦乱の世で親を亡くし、行き倒れ寸前だった少女・傾城は、... [続きを読む]

受信: 2006年10月26日 (木) 14:23

» PROMISE [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラは2/11公開される日本、韓国、香港のスターを集めて、中国の巨匠チェン・カイコー監督が世界に向けて放ったラブ・アクション映画です。チラシや予告の通りに色鮮やかな映像は、素敵だと思いました。  (○‾ ? ‾○;)ウーン・・・でもね、正直に言わせて貰うと... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 20:37

» THE PROMISE/無極 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
これは,公開当時に劇場で鑑賞したけど,あまりにも予想していた作風と違うことにがっかりして,セシリア・チャンの人間凧のシーンで,それ以上我慢できなくなって,劇場を途中で出た記念すべき作品である。(口直しに観たのが「フライト・プラン」。こっちもイマイチだっ... [続きを読む]

受信: 2009年1月15日 (木) 00:55

« 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 | トップページ | 『クラッシュ』運命を横糸に、人生を縦糸に紡ぐ傑作群像劇。 »