« 『ARIA』読む・観る・浸れるリラクゼーション、ハケーン。 | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 »

2006年1月 2日 (月)

『レジェンド・オブ・ゾロ』あのゾロが帰ってきた!!

zorro_01.jpg


 はい、みなさんこんにちわ!  なんと、あのバンデラス&キャサリン・ゼタ=ジョーンズ版の“ゾロ”が帰ってきました!!  1998年にキャサリン・ゼタ=ジョーンズのスクリーンデビュー作としても脚光を浴びた前作の『ゾロ』ですが、あれから6年の歳月を経て、さらにさらにアクション色豊かになって、しかもお子さん連れで!  西洋版チャンバラの元祖中の元祖!さあ、活劇とはこれですね。

 なお、この記事は昨年6月に期待作ということで書かせていただいたものですが、このたびようやく拝見させていただいて大変満足いたしましたので改めて加筆・改稿の上で再度オススメするものです。
 

zorro_02.jpg
 
 はじめてこの作品でキャサリン・ゼタ=ジョーンズを観たときに、その美しさ・妖艶さに見惚れてしまいましたが、今回もほとんど変わらずにその魅力を見せつけてくれました。
 それにしても予告編を初めて観た時には驚きましたね。
 前回ではアンソニー・ホプキンス演じる、初代ゾロとの師弟関係とか、その娘とのロマンス、さらにはラストでゆりかごを見せて“マイホーム・ゾロ”になるなど、これまでの“ゾロ”像を打破してくれただけでも大拍手ものだったのですが、まさかあの終わり方でさらに続編をこしらえるとは思いませんでした。

 タイトルは『レジェンド・オブ・ゾロ』、原題も『THE LEGEND OF ZORRO』。邦題決定前に最悪の予想だった『ゾロ2』なんてダサイのにならなくて本当に良かったですね。
 まずはトレイラーをご覧ください。
 まさに活劇とはこれだ!という造り方をしています。嬉しいですね。

 今ではアクション映画、なんて言い方をしますが、昔は活劇。そもそもゾロこそは、スクリーンでの活劇の元祖中の元祖。
 サイレント時代はダグラス・フェアバンクスが演じ、戦前のアメリカにチャンバラ(厳密にはフェンシングですが)ブームを起こし、アチラの男の子たちはみんなゾロのまねをして遊んだそうですね。
 劇場版『トワイライト・ゾーン』でもオリジナルでも、年寄りたちがある月夜の晩に幼い子供に戻ってしまうというお話があるのですが、ひとりの少年がシーツをマントにして枝を片手に構えて「ダグラス・フェアバンクスだ!」ってベッドを跳び回るシーンがあります。
 まあ、厳密にはフェンシング、サーベル、ソードと太さに応じて呼び名や戦い方は変わるみたいですがこの際細かいことはおいといて。
 
zorros.jpg
 
 (左から)ダグラス・フェアバンクスそしてタイロン・パワー、ガイ・ウィリアムズ、アラン・ドロン、ジョージ・ハミルトンなど一級の男前たちが演じてきた、まさにメキシコの鞍馬天狗ですね。え、鞍馬天狗をご存じない…、ま、そのお話はまたいずれ。
 J・ハミルトンのゾロは“双子でしかもひとりはオカマ”なんてコメディ仕立てだったのと、バンデラスはオトコマエですが美形とはチト違うので別格ですが、タイロン・パワーのなんと綺麗なこと。こんな綺麗な顔をあえて隠すんですからニクイ設定ではありませんか。
 
zorro_03.jpg
 
 考えてみれば『バットマン』だろうが『スパイダーマン』だろうが『赤影』から『タキシード仮面さま』に至るまで、とにかく覆面のヒーローの元祖はやはりこのゾロなんですね。しかもマスクの下は美形。
 え、ワタシはバンデラスは美形とは思わない、ですって?そりゃまあ、人の好みですからとやかくいいませんが、一応ハンサムということで納めてくださいな。

 とまれ、生身の身体を張って弱者のために戦う。どんなにピンチでも余裕の笑みを浮かべ、ときにユーモアを持って悪者をけちょんけちょんにやっつける。でも実は泣き所もあれば、生身ならではの弱さもあって。
 このゾロという元祖のヒーローは、まさにそういう要素、魅力を全て持っているんですね。

 前回、アンソニー・ホプキンス演じる先代のゾロから“ゾロ”の称号を受け継いで10年の歳月が流れています。
 先代のゾロの娘であるエレナ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)との間に生まれた息子・ホアキンも10歳のやんちゃざかり。
 彼は心のヒーローであるゾロに憧れ、やんちゃではあるけれど弱きを助け強きをくじく正義感の強い少年に育っていましたが、母親のエレナの育児方針からそのゾロがまさか自分の父親だとは知りませんでした。
 彼らの暮らすカリフォルニアは当時まだスペインの支配下にあり、まだ合衆国の州にはなっていない時代で、そのため独立と自由を勝ち取るための選挙が行われているまさにその時。

 利権を狙って暗躍する勢力に操られるままに選挙を邪魔する悪漢登場、そして窮地に落とされた市民たちのまえに颯爽と現れる黒い影こそ!
 ………という、活劇の定番、オヤクソクではあるのですが、まさにそのオヤクソクに拍手喝采していただきたい爽快感をくれる作品に仕上がっています。
 
zorro_05.jpg
 
 なんといっても制作上も前作から8年もの歳月が流れたとはとても思えない、バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの若々しさにはビックリ。
 しかも前作を遙かにしのぐ3D的なアクションの数々、あまりにもかっこよくてアクロバティックなシーンが次々と、しかも瞬時に出てくるものだから感心している間はもちろん、息を飲み込んだまま吐きだすヒマもないほどです。
 まさに元祖ゾロであるダグラス・フェアバンクスが演じた無声映画時代のような身体を張ったアクションまたアクションにはホレボレすることウケアイです。

 また、今回のキイマンでもあるのが息子ホアキン。彼を演じるアドリアン・アロンソ君がとにかく可愛いのですが、父親や母親とのかけあいが素晴らしい。
 そして『レジェンド・オブ・ゾロ』のテーマは家族のありかた。
 夫婦、父親と息子、母親と息子、さらにはホアキンをめぐるまわりの大人たち、そしてゾロ=アレハンドロとその友人たちを含めた“ファミリー”の姿をも描いている今回のゾロは、物語としても前作をはるかに凌駕したと言えます。



 もうひとつ、ゾロの魅力はどんな悪漢相手でもできるかぎり殺さないという姿勢。
 昨今の活劇のように敵だからとあっさりバンバン殺してしまえば後顧の憂いもないのに、あえて戦力を削ぐだけにとどめるやりかたを貫くからこそ、民衆も観客も彼に心からの拍手を贈るのではないでしょうか。
 でもだからこそ、彼は毎回ひどいピンチに追い込まれてばかりなんですけどね。

 さてさて、お父ちゃんになり、お母ちゃんになった夫婦ゾロ、どんな活劇を見せてくれるのでしょうか。
 そしてやんちゃ坊主ホアキン君の活躍や、いかに!

 あっ、いけない。
 スペイン語しか通じないゾロの愛馬、トルネードの活躍も見逃せませんよ!


画像は映画の公式トレイラーから拝借しました。

*この記事は2005年6月15日の“『THE LEGEND OF ZORRO』あのゾロが帰ってくる!!”に加筆したものです。


 *イメージ画面は『レジェンド・オブ・ゾロ』本編またはトレイラーから拝借いたしました。

『レジェンド・オブ・ゾロ』公式トレイラー

 
 
 では、また、お逢いしましょうね。

 ------------------------------------------------------------

|

« 『ARIA』読む・観る・浸れるリラクゼーション、ハケーン。 | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 »

★★オススメCINEMA」カテゴリの記事

【時代劇】」カテゴリの記事

【洋画:'70〜'01年】」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!!
ゾロ大好きなんです~!!!
トレイラーありがとうございました!!
かなり堪能しました!!なんだか曲が
『パイレーツ・オブ・カリビアン』とそっくりだったので、
また同じ人が曲をやるのかなと思いました。

ブログをライブドアに変えたのでよろしくお願いします☆

投稿: ユミ | 2005年6月19日 (日) 13:50

わは、ユミさんもゾロファンでしたか!(^o^)/
キャサリン・ゼタ=ジョーンズがお母ちゃんなんて、実際にもそうなんですが、なんかピンと来ませんよね~。
ぼくちゃんが可愛い!彼も戦うのかなあ?
トレイラーのラストカット、EとZのイニシャルが粋!
『パイレーツ・オブ・カリビアン』実はまだなんですよ。デップもオリーも好きなのに。
デップの新作『チャーリーとチョコレート工場』も楽しみですね!…あれ?ゾロの話やったのに?
(-▽-;)
引っ越し先もさっそくブックマークさせていただきましたからね。
では、また!

投稿: よろ川長TOM | 2005年6月19日 (日) 15:51

TBありがとうございました。
トルネードすごすぎですよね。
ゾロに限らず、映画の記事は巨匠を髣髴とさせる熱い内容ですね。

投稿: TINO | 2006年1月 2日 (月) 18:37

こんにちは! ゾロ映画を初めて観たのですが、面白くて楽しめました! そして、今までの歴代ゾロにも興味津々。二枚目だから隠してもいい男だし、隠す事で更に魅力が増すんですね~♪ アントニオ・バンデラスのマスク顔にはいまいち魅力を感じませんでしたけど。
ホアキンとトルネードは最高でしたね!
久し振りに、王道の冒険活劇映画を堪能しました。

投稿: bakabros | 2006年1月16日 (月) 05:41

ご無沙汰しております m(__)m
久しぶりにTB頂きました
ゾロ、カッコいいですね♪
小さい頃見たゾロはたぶんアラン・ドロンだと思いましたが、惚れてましたもの(照)

投稿: ココ | 2006年1月27日 (金) 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340266/33584778

この記事へのトラックバック一覧です: 『レジェンド・オブ・ゾロ』あのゾロが帰ってきた!!:

» レジェンド・オブ・ゾロ [MATONOWEBLOG]
レジェンド・オブ・ゾロ(原題:LEGEND OF ZORRO) 2005年 アメリカ 評価6点:★★★★★★☆☆☆☆ 悪を絶やすために身を捨てて戦う男、怪傑ゾロの今回の舞台は1850年、カリフォルニアの合衆国参加の時。ヨーロッパから渡ってきた「500年の予言」の教えを守り... [続きを読む]

受信: 2005年11月 3日 (木) 04:38

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」The Legend of Zorro(レビュー) [「USAのんびり亭」映画情報 ]
8月にご紹介しましたが、やっと見てきました、「レジェンド・オブ・ゾロ」The L [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 12:16

» レジェンド・オブ・ゾロ [ITニュース、ほか何でもあり。]
昨日の覆面試写会は、 レジェンド・オブ・ゾロ だった。 予想の中のひとつでした。 2006/1/21からかな、公開は。 主催者(松竹)との約束で、ストーリーは公開できませんが、 ご承知の通り、 アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズの共演。 ... [続きを読む]

受信: 2005年11月19日 (土) 23:46

» レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO [travelyuu とらべるゆうめも MEMO]
アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演 カルフォルニアが連邦国家アメリカの31番目の州になるちょっと前 前作マスク・オブ・ゾロ THE MASK OF ZORRO の続編です アレハンドロと妻エレーナの関係は前作でお判りだと思いますが 亡き兄の名前を付け... [続きを読む]

受信: 2005年12月14日 (水) 11:29

» レジェンド・オブ・ゾロ [Rohi-ta_site.com]
試写会で、出演:アントニオ・バンデラス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ルーファス・シーウェル/ニック・チンランド/アドリアン・アロンソ/脚本:アレックス・カーツマン/ロベルト・オーチー/監督:マーティン・キャンベル/作品『レジェンド・オブ・ゾロ』を観ました。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 15:32

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」ぴあ試写会 [TINO的日記]
ぴあの試写会で「レジェンド・オブ・ゾロ」を見ました。 →レジェンド・オブ・ゾロ [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 18:36

» レジェンド・オブ・ゾロ [エンタメ!ブレイク?]
■最新作レビュー: 夫&パパ失格のゾロが、 名誉挽回に向けて戦い、再出発する! 中年オヤジはげまし映画でござりまする [続きを読む]

受信: 2006年1月 4日 (水) 02:27

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」 [試写会帰りに]
東商ホール「レジェンド・オブ・ゾロ」試写会。 「マスク・オブ・ゾロ」の続編で、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演、マーティン・キャンベル監督も一緒。「続編」という字を見かけないので、全然別の映画なのか何か問題でもあるのかと思ってし... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 05:05

» レジェンド・オブ・ゾロ [色即是空日記+α]
アントニオ・バンデラスのゾロ第2作!! 痛快娯楽活劇!! 面白かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(´∇`)  前作は見たけれどうろ覚え。。 でも知らなくても十分楽しめますっ!!   アメリカの31番目の州になろうとするカリフォルニア。 だが合衆国併合を前に、... [続きを読む]

受信: 2006年1月16日 (月) 16:27

» レジェンド・オブ・ゾロ [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★ 伝書鳩:紀元前約5000年から使用されていたと思われる古典的通信手段。人に良く馴れて飼いやすく、飛翔能力、帰巣本能に優れるカワラバトが使われるようになっ [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 01:37

» 【映画】 レジェンド・オブ・ゾロ [映画・ドラマ情報]
アントニオ・バンデラス主演の大ヒット冒険活劇「マスク・オブ・ゾロ」の公開から7年。 妻子持ちで、ゾロが帰ってきた。 [ PR ] 【秋のヨーロッパ映画特集】映画観るならCinem [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 00:13

» 映画「レジェンド・オブ・ゾロ」 試写会の満足度は高し! [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
アントニオ・バンデラス&キャサリン・セダ=ジョーンズの スーパー・アクション・エンタテインメント・ムービー 「レジェンド・オブ・ゾロ」の試写会に行ってきました。 「マスク・オブ・ゾロ」に続く リメイク新シリーズ第2弾です。 さすがにスピルバーグプロデュー... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 11:59

» 「 レジェンド・オブ・ゾロ 」 [MoonDreamWorks]
監督 : マーティン・キャンベル 主演 : アントニオ・バンデラス / キャサリン・ゼタ=ジョーンズ      公式HP:http://www.zorro-movie.com/ 「 マスク・オブ・ゾロ 」の続編「 レジェンド・オブ・ゾロ / THELEGENDOFZORRO」です。 ゾロと言えば、19... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 13:07

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」試写会 [ミチミチ]
「レジェンド・オブ・ゾロ」 監督 マーティン・キャンベル CAST アントニオ・バンデラス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ・・・ story カリフォルニアがアメリカの31番目の州になるかどうかの選挙戦。それを妨害しようとするものたちと戦うゾロ。その一方ゾロである... [続きを読む]

受信: 2006年1月18日 (水) 16:33

» レジェンド・オブ・ゾロ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE LEGEND OF ZORRO) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) 1998年に公開された冒険活劇アクション映画「マスク・オブ・ゾロ」の続編。 物語の舞台は1850年のアメリカ。カルフォルニアはアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた。... [続きを読む]

受信: 2006年1月20日 (金) 04:25

» レジェンド・オブ・ゾロ [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ゾロファミリーが大暴れじゃ! [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 00:05

» 『レジェンド・オブ・ゾロ』 [フミセイロのなんちゅうことない日々。]
不思議な映画『マスク・オブ・ゾロ』の続編『レジェンド・オブ・ゾロ』の試写会へ行ってきました。 何が不思議って、街にアントニオ・バンデラスぐらい顔長い(主に鼻から下)&声低い男は二人とおるまいに、正体がばれないっちゅうとこです。黒い布に目玉のとこだけ穴開... [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 11:26

» 映画「レジェンド・オブ・ゾロ」 [しょうちゃんの映画観賞日記]
2006年2作品目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「マスク・オブ・ゾロ」の7年ぶりの続編。今頃になって続編が出るとは思ってもみませんでした。これは娯楽映画として楽しめると思います。息子のホアキン演じるアドリアン・アロンソが可愛かったです。愛馬... [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 20:11

» 映画館「レジェンド・オブ・ゾロ」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
1998年「マスク・オブ・ゾロ」の続編。 前作では先代ゾロのアンソニー・ホプキンスがメッチャカッコいくて、2代目ゾロのアントニオ・バンデラスがズッコケ系って感じだった。その続編ということもあって、オープニングのカッコいいゾロを観て「8年の間にこんなに成長した... [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 06:16

» レジェンド・オブ・ゾロ [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
とにかくアクションが派手。爆発が派手。キャサリン・ゼタ=ジョーンズがキレイ! 昔の雰囲気を感じさせながら、新しい感じがする作品でした。アントニオ・バンデラスは、ずっとワイヤーで 宙吊りだったんでしょうね。華麗なアクションの裏には大変な苦労があるんですね。... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 22:19

» The Legend of Zorro(2005,U.S.) at PREVIEW [The Final Frontier]
真っ黒クロスケだと、かっこよくみえてしまうものなんだろうか。ゾロも古畑さんも。 レジェンド・オブ・ゾロ カリフォルニアがアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた1850年。それは民衆に自由と平和をもたらすことを意味していた。しかし、その是非を問う重要な住... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火) 22:20

» レジェンド・オブ・ゾロ映画を見たで(今年11本目) [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:マーティン・キャンベル 出演:アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ルーファス・シーウェル、アドリアン・アロンソ 評価:84点(100点満点) 公式サイト 正体を隠して悪と闘うヒーロー、「ゾロ」の勧善懲悪物語。 ... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 09:16

» 『レジェンド・オブ・ゾロ』2006・1・22に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『レジェンド・オブ・ゾロ』  公式HPはこちら ●あらすじ カリフォルニアがアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた1850年。家族のため、危険が伴う“ゾロ”引退を考えるアレハンドロ。しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・。 ●コラム 古典的人気ヒーロ [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 13:39

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」観ました。 [GOOD☆NEWS]
映画「レジェンド・オブ・ゾロ」を観てきました。スティーブン・スピルバーグ監督が制作総指揮をとったアクション大作です。主演女優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズさんがこの映画のプロモーションの為に初来日していましたよね。”初来日”とは驚きましたが・・・その割... [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水) 16:13

» ★レジェンド・オブ・ゾロ@丸の内ピカデリー:レディースデー午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
映画らしい映画。面白かった獵秊 前作を見ていないので話についていけるかどうか少し不安だったが、まったく心配のない作品でした [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 02:56

» レジェンド・オブ・ゾロ/ THE LEGEND OF ZORRO [我想一個人映画美的女人blog]
「スティーブンスピルバーグが、 アクション映画の原点に帰った!」 と謳われている今回の続編。ちょっと原点に戻り過ぎじゃないの?。 戻り過ぎたのか、全く新鮮味はナイ、、、{/face_ase1/} 前作「マスク・オブ・ゾロ」から10年後の話のはずが、 ストーリーに限って言... [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 10:03

» 「レジェンド・オブ・ゾロ」神話なんて大げさすぎる [soramove]
「レジェンド・オブ・ゾロ」★★★☆ アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演 マーティン・キャンベル監督、2005年アメリカ 実は大好きな キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、 長い黒髪、派手な顔、 そして女優っぽい名前までパーフェクト。 そ... [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 20:58

» レジェンド・オブ・ゾロ [future world]
「怪傑ゾロ」には馴染みが無く、一作目の「マスク・オブ・ゾロ」さえ観ていない・・・こんなんで大丈夫か・・?と思っていたが、いやいや、十分楽しめた! 初っ端からテンポよく突っ走るアクションシーン、とにかく痛快!全てがゾロの‘好都合’にモノが飛ぶ、人がぶっ... [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 23:46

» レジェンド・オブ・ゾロ [Movie lover 映画大好き♪]
レジェンド・オブ・ゾロ スコット シエンシン, 富永 和子 監督:マーティン・キャンベル 出演:アントニオ・バンデラス/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/ルーファス・シーウェル === ストーリー === 1850年、カリフォルニアはアメリカ合衆国の31番... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 01:04

» レジェンド・オブ・ゾロ [Alice in Wonderland]
ゾロ見てきました。今回はホアキン(チビゾロ)が大活躍で満足の出来る作品でした。頭を空っぽにしてただ楽しむことを目的にしたらとっても楽しい映画ですよ。 カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 14:46

» レジェンド・オブ・ゾロ [Aloha Days]
アントニオ・バンデラスが演じるキャラの中でも、「デスペラード」のエル・マリアッチに次いで好きなのがゾロ 黒装束に剣の達人、しかも悪を罰し弱きを守るヒーローなんてカッチョよすぎ♪ ここだけの話、実は私は馬を乗りこなせる男に弱い・・・めっぽう弱い いろんなこ... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 22:14

» ★「レジェンド・オブ・ゾロ」 [ひらりん的映画ブログ]
アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演。 「マスク・オブ・ゾロ」(1998)の続編。 [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 03:30

» 【劇場映画】 レジェンド・オブ・ゾロ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、家族を愛する男=アレハンドロに戻ることを決意した正義の男・ゾロ(アントニオ・バンデラス)の前に現れたのは、アメリカ滅亡を企む秘密結社だった。... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 22:01

» レジェンド・オブ・ゾロ [壺のある生活]
レジェンド・オブ・ゾロ The Legend of Zorro (2005/アメリカ) 同窓会ムービー 監督 マーティン・キャンベル Martin Campbell 脚本 アレックス・カーツマン Alex Kurtzman ロベルト・オーチ [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 22:00

» レジェンド・オブ・ゾロ [まぁず、なにやってんだか]
初めの予定では、レディースディは「フライトプラン」だけを観るつもりだったんですが、当日の朝になって「フライトプラン」が期待はずれだったときの保険として「レジェンド・オブ・ゾロ」を観ようと思い立ち、さっそく座席予約。 シネコンの中でも小さい部屋で、しか... [続きを読む]

受信: 2006年2月11日 (土) 01:35

» 『レジェンド・オブ・ゾロ』 [Simply Wonderful Diary & Hobby etc...]
ゼット!! ゼッ?ト!!! Zzzz!!! 刻まれる鮮やかな、“Z”の文字がマブタの奥に焼き付きます。 少々の暴走失礼。m(_ _)m 不滅のヒーロー、快傑ゾロ、現代に甦る。 『レジェンド・オブ・ゾロ』 黒いマントを翻す、その華麗な姿を、目に止めて参りました。 火... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 21:07

» 『レジェンド・オブ・ゾロ』観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『レジェンド・オブ・ゾロ』観て来ました! 画像クリックで更にBIGサイズ?! ▼ ▼▼ ▼ 原題 The Legend of Zorro 2005年/アメリカ 配給 松竹 ブエナビスタインターナショナル 巨大な闇の組織が守り続けた "500年の予言"に今 最強の... [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 00:32

» レジェンド・オブ・ゾロ [wassail!!]
気分はカルメン♪ 行こう行こうと思っていて、なかなか見に行けなかった 『レジェンド・オブ・ゾロ』を遂に見てきました~。 平日で興行成績も下の方(←失礼っ)だし、人少ないかなぁ思ってたら 結構多かった。一人で見に来ている人も結構多かった。 ふふふ。みんな... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 22:59

» レジェンド・オブ・ゾロ [まつさんの映画伝道師]
第345回  24日、クリス・ペンが遺体で発見されたというニュースを聞きました。「フットルース」(1984)や「レザボア・ドッグス」(1992)などで兄のショーンとは別の道を堅実に歩んでいただけに惜しまれます。 ★★☆(劇場) (核心に触れる文... [続きを読む]

受信: 2006年3月 4日 (土) 12:10

» レジェンド・オブ・ゾロ [toe@cinematiclife]
前作、『マスク・オブ・ゾロ』から10年経って、Mr.and Mrs.ゾロに倦怠期がやってくる・・・。 見るつもりはあまり無かったんだけど、地元の映画館では今日最終日だったし、無料チケットも持っていたし、バンデラス好きだし(それが、一番の理由だったりもするけど(^^... [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 00:56

» レジェンド・オブ・ゾロ [タクシードライバー耕作のDVD映画日誌]
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 126分 監督 マーティン・キャンベル 製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ 、ゲイリー・バーバー 、ロジャー・バーンバウム 脚本 アレックス・カーツマン 、ロベルト・オーチー 音楽 ジェームズ・ホーナー ... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 11:41

» レジェンド・オブ・ゾロ [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
評価:★8点(満点10点) 監督:マーティン・キャンベル 主演:アントニオ・バンデラス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ    ルーファス・シーウェル 2005年 126min カリフォルニアがアメリカ合衆国への仲間入りをしようとしていた 1850... [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 16:20

» アラン・ドロンのゾロ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:ZORRO) 【1974年・イタリア/フランス】TVで鑑賞(★★★★☆) ジョンストン・マッカレイ原作の「カピストラノの呪い」を映画化したアクション活劇。 「奇傑ゾロ」(1920年)ダグラス・フェアバンクス、「快傑ゾロ/ゾロ・ライズ・アゲイン」(1937年)ジョ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 20:29

» レジェンド・オブ・ゾロ [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE LEGEND OF ZORRO) 【2005年・アメリカ】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) 1998年に公開された冒険活劇アクション映画「マスク・オブ・ゾロ」の続編。 物語の舞台は1850年のアメリカ。カルフォルニアはアメリカ合衆国31番目の州になろうとしていた。... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 20:31

» レジェンド・オブ・ゾロ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 今年初の試写会です!1/21にいよいよ公開されるコチラの映画は、ど?しても観たくって、試写会の応募は殆どネットのあたしも、2枚ハガキを書いちゃいましたぁ♪  その甲斐あってか、コチラは計3つ別口で当選しちゃいましたぁ。って当たりすぎ(^-^;) だったら、別の映... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 20:17

« 『ARIA』読む・観る・浸れるリラクゼーション、ハケーン。 | トップページ | 『Mr.&Mrs.スミス』文句なく面白い!! アクションコメディの決定版。 »